人物

DHC会長の吉田嘉明氏の家族や資産や浦安の自宅、経歴、出身大学は?

DHCといえば化粧品や健康食品などの通販会社として有名ですね。

創業者の吉田嘉明会長についてどういう人物なのか知りたいですね。

最近では公表した文書が炎上したりして、注目を集めていたりもします。

吉田会長には家族はいるのでしょうか?資産はどのくらい?

浦安の自宅の広さは?など気になることが一杯です。

またどのような経歴を持っていて大金持ちになったのか、出身大学も気になります。

今回は、DHC会長の吉田嘉明氏について色々とご紹介していきます。

DHC会長の吉田嘉明氏の家族はいる?嫁や子供について

まずはDHC会長の吉田嘉明氏の家族についてご紹介していきましょう。

家族 不明

ということでした。

DHC会長の吉田嘉明氏の家族についてまったく情報が見つかりませんでした。

結婚していて、子供さんもいそうですが、公開していないってことですね。

ご高齢なので、孫などもいそうですが、まったく情報がありませんでした。

今後、新しい情報が見つかりましたら、加筆していきます。

DHC会長の吉田嘉明氏の資産はどのくらい?お金持ち?億万長者?

DHC会長の吉田嘉明氏といえば、国税庁が毎年公表していた高額納税者(長者番付)で毎年10位以内に入っていましたね。

高額納税者の発表は現在ではしていませんが、同じように今でも高額納税者であることには変わりありません。

それでは、DHC会長の吉田嘉明氏の年収はいくらくらいなのでしょうか?

推定年収 20億円

と言われています。

なんと、20憶とかって庶民には想像がつかなすぎて、ヤバイです。

さらにテレビ東京の株を5%弱持っている大株主でもあるそうです。

5%弱というと約35億円ということで、資産も使いきれないほど持っているようです。

DHC会長の吉田嘉明氏の浦安にある自宅の広さは?

吉田嘉明氏の自宅はどこにあるのでしょうか?

自宅 千葉県浦安市今川

という場所にあるそうです。

大きな家が多い今川の中でも、近所の中で目を引く豪邸に住んでいるそうです。

まさに白亜の豪邸!

これだけ広いと手入れも大変なので、お手伝いさんも数名はいらっしゃると思います。

ご自宅の価格は7、8億あるのでは?という予想です。広い区画の中に広い中庭まである大豪邸に住んでいます。

DHC会長の吉田嘉明氏の経歴

DHC会長の吉田嘉明氏の経歴って気になりますね。いったいどんな経歴を持っているのでしょうか?

まずはDHCをはじめてからの経歴をご紹介します。

1972年:「DHC」を創業。(当初は洋書の翻訳が主な事業)
1975年:株式会社化。
1980年:基礎化粧品の販売を開始。
1983年:基礎化粧品の通信販売を開始。
1992年:出版事業および教育事業を開始。
1999年:全国のコンビニで化粧品の販売を開始。
2001年:「赤沢温泉ホテル」を設立。
2002年:食品事業を開始。
同年:「DHC KOREA INC.」を設立し、DHCオンラインショップを開設。
2005年:医薬品の製造および販売を開始。
2006年:アパレルの製造販売を開始。
2014年:「DHC酒造」の営業を開始。
2015年:「DHCテレビジョン(CS放送)」の運営を開始。
2016年:「CROSS FM(福岡県)」の会長に就任
2020年現在:テレビ東京の大株主へ(第2位)

ということです。

もともとは翻訳会社をしていたそうです。

翻訳会社をしていたという名残が実は社名にあります!

DHC DAIGAKU HONYAKU CENTER(だいがくほんやくセンター)

なんだか、そのままなんですが、だいがくほんやくセンターの頭文字をとったものがDHCなんですね。

 

翻訳をしているうちにオリーブオイルの美容効果に注目しだし、オリーブヴァージンオイルを使った化粧品会社を設立します。

当時日本では良質なオリーブオイルが手に入りませんでした。

またヴァージンオイルなんて貴重すぎて手に入りませんでしたから、とても画期的で化粧業界に革命を起こした商品です。

 

さてそんな吉田嘉明氏はDHCを立ち上げる前の情報は全く公開されていません。

それまではどのような仕事をされていたのかすごく謎の多い人物です。

DHC会長の吉田嘉明氏の出身地、出身大学、生年月日など

次にHC会長の吉田嘉明氏の出身地や卒業した大学、生年月日なども知りたいですね。

出身 佐賀県唐津市

ということで九州の出身なんだそうです。

出身大学 同志社大学 文学部 英文学科

ということで、同志社の英文科を卒業されています。

なので、卒業後は翻訳のお仕事をされていて、DHCを立ち上げたのではないかと推測されいます。

さいごに生年月日をご紹介します。

生年月日 1941年1月31日

ということでです。

高齢のおじいちゃまですね。

他の同じ歳の方は孫と遊んだり、旅行に行ったりと老後を過ごされていますが、
吉田社長はまだまだ仕事が楽しいみたいですね。

さいごに

DHC会長の吉田嘉明氏の文書が炎上していますが、これには賛否両論がありますね。

これでDHCを嫌いになり、DHC商品を買わないという人がいる一方で、
吉田嘉明氏の考えに共感をして、「DHCを買おう」と言っている人もいます。

もちろんどちらが正解というものはないのですが、これにより一番得をしたのはやはり{DHC}です。

買わない人が増えた一方で、熱烈なファンを獲得したわけですから、売り上げが反対に伸びてしまうのではないかと思います。

吉田嘉明会長はご高齢ですが、まだまだお元気にお仕事をされているます。

今後も吉田嘉明会長から目が離せませんね。