本ページはプロモーションが含まれています。

中国ドラマ・華流

鶴唳華亭かくれいかてい外伝~別雲間~全話あらすじは?ネタバレ感想を結末まで!

鶴唳華亭かくれいかてい外伝~別雲間~全話あらすじは?ネタバレ感想を結末まで!

「鶴唳華亭かくれいかてい外伝~別雲間~」がチャンネル銀河で2023年1月から日本初放送!「鶴唳華亭かくれいかてい外伝」は「鶴唳華亭かくれいかてい」の本編で省かれてしまった部分をつなぎ合わせて12話のストーリーにしたもの。

「鶴唳華亭かくれいかてい」だけでは分かりにくかった物語が、外伝を視聴することでやっと納得できるものになることでしょう。

あらすじやネタバレ、感想を結末までご紹介します。本編の「鶴唳華亭かくれいかてい」のあらすじネタバレストーリーはこちらでご紹介しています↓

鶴唳華亭かくれいかていキャスト相関図は?全話あらすじネタバレ感想を結末まで!

序章

太子林にて許昌平はいまはなき父・びん皇太子のために酒をたむける。許昌平は皇帝・蕭睿鑑に己の存在を明らかにするために皇宮に入る。

管理人アキ
管理人アキ
序章は許昌平が過去を語るという感じでドラマが進んでいきますよ!

皇太子・蕭定権は科挙の若い受験者たちを守るために天子の権威を象徴する玉魚を捨てて聖旨に異を唱える。

御史台が集まり蕭定権を守るために訴えに出る。

管理人アキ
管理人アキ
蕭睿鑑は顧氏の兵力で皇帝になったものの蕭定権が蕭氏と顧氏の子であることを警戒していました。蕭睿鑑は蕭定権は実の父の自分よりも武徳侯・顧思林のことを慕います。それが許せなかった蕭定権に冷たく当たっていたようです。

秘書郎が戻ってきて職を失った許昌平は帰郷しようとすると記憶をなくしていた母が突如、記憶を取り戻し過去を語った。蕭定権は許昌平の敵の子で恩人の子孫。

中秋節の宴で歌の件で謀反を企てていた。蕭定権はそれを知って顧思林をかばおうとする。

管理人アキ
管理人アキ
陸文昔は謀反を企てたのは顧思林だから、そんな伯父のために命を掛ける必要はないと言いますが、蕭定権は聞く耳を持ちません。

1話 父の代の因縁

話は本編の59話のあと。蕭定権は許昌平を皇宮の一室に呼び出し、口を割るまで飲食禁止を命じる。許昌平は先の皇后が嫁ぐときにともに蕭王府にやってきた宋氏が母だと言う。蕭王府に入る前から妊娠していて先の皇后は密かに出産させて子供は岳州の許氏が養育。

王じいは記憶をたどると寧国公主の没後、宮人を引き取り、その中に姜尚宮と宋内人がいたそう。

皇宮を出た宋氏は岳州の尼寺へ。尼寺に奉納されていた宮中の品は蕭定権が調べさせ手元に置いていた。そして先の皇后に恩返しするために皇宮に来たといい、今までの非礼を蕭定権に詫びる。

管理人アキ
管理人アキ
ということは許昌平は蕭定権に恨みはないのでしょうか?

陸文昔の所に趙王からの使いがやってきて広革郡王に関して証言するために趙王と参内したことをとがめられる。

管理人アキ
管理人アキ
どうやら趙王の気持ちをくんで婚姻を迫られて困っている様子の文昔

感想

なんとやっと登場人物の役職と名前が字幕ででるようになりました。本編ではなかったのですがね。

そして気になる謎解きは少しずつ進んでいる様子です。

主人公の蕭定権を演じたルオ・ジンが出ているドラマです。こちらで主人公を演じだティファニー・タンと結婚したんですよ~↓

出演:ティファニー・タン, 出演:ルオ・ジン, 出演:ヴァネス・ウー, 監督:リー・フイジュ
¥14,964 (2024/06/21 18:25時点 | Amazon調べ)
出演:ティファニー・タン, 出演:ルオ・ジン, 出演:ヴァネス・ウー, 監督:リー・フイジュ
¥8,592 (2024/06/14 07:38時点 | Amazon調べ)
出演:ティファニー・タン, 出演:ルオ・ジン, 出演:ヴァネス・ウー, 監督:リー・フイジュ
¥5,724 (2024/06/15 22:06時点 | Amazon調べ)

2話 想い人の所在

皇太子・蕭定権は長州刺史・李明安に陸文昔の所在を知らせ文昔の弟・陸文晋を都に呼ぼうと考えていた。

負傷した李明安は都に戻る殿帥・李重きに皇帝・蕭睿鑑への伝言を頼む。

許昌平は帰郷して母の看病をするため辞表を出す。蕭定権は許昌平と酒を飲みながら許昌平は童謡の件の真相を暴くために蕭睿鑑ではなく蕭定権を選んだのだと言い当てて当てて、引き留める。

長州にて武徳侯・顧思林と顧逢恩は都に帰ることができず、この地で国を守る。

管理人アキ
管理人アキ
結局、顧氏の子孫は顧氏。顧逢恩は長州で敵を蹴散らすしかない。それが顧氏の生きる道!

趙王・蕭定楷は蕭定権に文昔は李明安の屋敷にいると信じ込ませ、李明安には蕭定楷の屋敷にいると知らせる。

趙王府にて文昔は蕭定楷に別れを告げ、書を渡す。蕭定楷は「あなたが好きだ」と気持ちを伝えが断られてしまう。

管理人アキ
管理人アキ
このシーンいいですね。自分が書いた書を見せる蕭定楷。書の内容は文昔について。麗しいとか、再会がかなったとか。これだけの恋心を見せつけられても動じない文昔。そして「もし蕭定権がいなかったら自分を選ぶか?」と文昔に問うが、文昔は「運命には逆らえない、蕭定権を選ぶ」と言います。完全に蕭定楷の失恋のシーンなのですが、高貴な身分の蕭定楷は騒ぐことなく静かに失恋を受け止めていました。

管理人アキ
管理人アキ
これで蕭定楷は決定的に蕭定権を兄ではなくて他人だと思うことになりました。

蕭定権は報本宮から皇宮内に引っ越し。正妃を娶るように皇后から言われる。文昔は宮人の恰好で用意されたの寝所へ。机の上には鶴の簪が置かれていた。

蕭定楷の使いが現れて弟・文晋が都に呼び寄せられ蕭定楷が面倒をみることになったと伝える。その条件として8月15日の件、蕭睿鑑と顧思林がどのような約束を交わして広川郡王・蕭定棠を追放したのか知りたいと言う。

管理人アキ
管理人アキ
文昔が宮人になる直前の蕭定楷と姜尚宮の会話から、蕭定楷は東宮に間者を送り込みたいと考えたいたことを思い出す文昔

蕭定楷

今まであまり目立たず政治にも関心が無かったような蕭定楷ですが、 実は陰でやり手で蕭定権に敵対していたんですね。

文昔を東宮に送り込んだのも耳目が欲しいから。つまり間者として文昔を蕭定権のそばに仕えさせたということですね。それに姜尚宮も絡んでいるというのが興味深いです。

この二人はどうして東宮に間者を送り込みたかったのか。そして皇太子である蕭定権を陥れることで自分が皇位を簒奪しようとしたのでしょうか。一見、風流を愛する女性に優しい貴公子なのですが、 腹の中では蕭定権を倒す事ばかり考えていたのでしょうか。

そう考えると蕭定棠よりも腹黒い人間なのかも知れません。

3話 約束の灯籠

皇太子・蕭定権は陸文昔のために池に灯籠を並べる。文昔は蕭定権の無事を祈り「自ら火に飛ぶように誰かを愛した経験があるか」と問うと蕭定権は「今この瞬間だ」と答えて文昔にキスをする。

管理人アキ
管理人アキ
これってなんだか文昔がキスをせがんだって感じになりましたね。

文昔は立ち去ることを望むが蕭定権は手放そうとしなくて、二人は静かに抱き合う。

謝良娣は皇太子妃に。文昔は顧才人となるが蕭定権が訪れることはない。

趙王・蕭定楷は蕭定権より盧世瑜が絶賛した書「省示帖」を受け取り上機嫌。

太子林にびん皇太子のお手植えの木がある理由を王常侍に聞く許昌平。

3年後、文昔の屋敷に第六皇子・蕭定梁がやってくる。文昔は持っていた剣を見ると弟・陸文晋が持っていたものだと分かる。

管理人アキ
管理人アキ
文晋が持っていた剣を蕭定梁が持っていたのはなぜ?文晋はどうしているの?都には来たの?趙王・蕭定楷は何か隠している?

文昔を守るために3年間放置した蕭定権

文昔を守るために太子林近くの屋敷にかくまった蕭定権。実に3年間会いに来なかったということですね。いくらなんでも長すぎる・・・この間に蕭定権も文昔も気持ちは変わらないのでしょうか。待ち続ける文昔に未来はあるのでしょうか。

陸文昔を演じるリー・イートンが主演したドラマはこちら↓お相手のシュー・カイも美しすぎる❤

Unknown:リー・イートン, 監督:ワン・シャオミン, 監督:バイ・ユンモー, 脚本:ファン・ノン, 出演:リー・イートン, 出演:シュー・カイ, 出演:ウー・ジアイー, 出演:タン・ジエンツー, 出演:ホン・ヤオ, 出演:ホー・フォンティエン
¥12,794 (2024/06/15 22:06時点 | Amazon調べ)
Unknown:リー・イートン, 監督:ワン・シャオミン, 監督:バイ・ユンモー, 脚本:ファン・ノン, 出演:リー・イートン, 出演:シュー・カイ, 出演:ウー・ジアイー, 出演:タン・ジエンツー, 出演:ホン・ヤオ, 出演:ホー・フォンティエン
¥12,600 (2024/06/21 18:25時点 | Amazon調べ)

4話 心の棘

武徳侯・顧思林は自らが出陣すると皇帝・蕭睿鑑に報告する。皇太子・蕭定権は戸部の長になることを願い出て自ら軍糧の管理を行う。

文昔の屋敷には壊した花瓶の代わりをもって第六皇子・蕭定梁が訪れる。その後、蕭定権の元に行った蕭定梁は文昔に教えた金錯刀を教えて欲しいとせがむ。

管理人アキ
管理人アキ
金錯刀とは楷書とか草書等の書体のことだったんですね。てっきり政の奥義だと思っていたのですが、盧世瑜は書の大家で蕭定楷は弟子入りしたがっていました。

管理人アキ
管理人アキ
こうやって蕭定梁を文昔の屋敷にまぎれ込ませたのはやはり蕭定楷

顧思林は斉王・蕭定棠がいなくなった今、蕭睿鑑は趙王・蕭定楷を使って蕭定権をけん制させるつもりだと顧逢恩に伝える。心配になった顧逢恩は蕭定権に手紙を書く。そこには文昔が蕭定楷の間者だと書かれていた。

そこで文昔の屋敷を訪ねる蕭定権だったが文昔は不在。そこに文昔が帰ってくる。蕭定権は怒っていましたが間者の証拠を見つけられず文昔を寝台に押し倒してキスを!

管理人アキ
管理人アキ
3年会っていない蕭定権を見て文昔は持っていた籠を落としてしまいます。そして拒みますが寝台に連れていかれ・・・という一連のラブシーンが見事でした。いやいや3年も会っていないので気持ちがたかぶるのは分かりますが、湯あみはさせてあげください!

外伝の物語の進み方

外伝の序章は許昌平から見た物語。本編の内容を許昌平の視点からみるとこうなるよって言うドラマです。1章以降は趙王・蕭定楷がメインの物語。斉王・蕭定棠が敗れると早々に予想していた趙王・蕭定楷は東宮に間者を入れたがっていました。そこに文昔がやってきて東宮に入れやることにします。このときに蕭定楷は姜尚宮と話をしていました。姜尚宮も何かを心の中に隠し込んでいるような人物ですよね。そしてどうして姜尚宮は蕭定楷に力添えしていたのかも気になるところです。

長州刺史・李明安の存在の大きさ

本編で蕭睿鑑が信頼しているのは李明安と李重きだと言っていました。一人は都で自分の側へ、そしてもう一人は長州に送っています。ということは長州の顧思林を監視するためだったということですね。(本編でもそういう言及がありました)以前はそこまで深刻に考えていなかったのですが、本編が終わって外伝に入ると李明安の役割の重さが良く分かります。

蕭睿鑑はそこまでして顧思林を恐れていて、李明安を長州刺史にしてけん制したかったということなんですね。

5話 禍根を断つ

武徳侯・顧思林が不在の長州軍が混乱しているとの急報が届く。戦に勝利はしたが皇室と顧氏の力関係は崩れていた。(つまり顧氏が力を強めた)

皇太子・蕭定権は河陽侯・顧逢恩が出征を命じられるのではないかと心配している。

陸文昔は皇太子妃となった謝良娣から皇太子妃も側室も避妊の薬を飲んでいることを知る。そして謝良娣から子を産んで欲しいと頼まれる。

蕭定権は皇帝・蕭睿鑑に趙王・蕭定楷の婚姻と領地への赴任を願いでる。また蕭定楷の元に文昔の弟・文晋がいることを知り、顧氏が陸文昔だということを知る。

管理人アキ
管理人アキ
蕭定権の元に鶴の簪が置いてあるのはどうして?

文昔の元へやってきた蕭定権は鶴の簪をつけてやる。

管理人アキ
管理人アキ
ああ、そうか、鶴の簪は蕭定楷の配下が持ち帰ったんだったっけ。

その簪を見た文昔は、簪で自分の首を突いてしまう。命が助かった文昔に付き添う蕭定権。出会ったころの話をして二人は相思相愛に。

管理人アキ
管理人アキ
とうとうすべてのわだかまりが消えて相思相愛に!寝台の上で蕭定権に体をもたれかける文昔がいい感じですね。

蕭定権と文昔

結局、盧世瑜が望んだ通りに蕭定権と文昔はお互いを必要として愛を育むことができました。そう考えると盧世瑜は先見の明がありましたね。蕭定権の先生だけあって蕭定権の性格を見抜いていたということでしょう。そして文昔のことも良く知っていました。

良縁だったのですが、邪魔をされてしまい蕭定権は別の女性と婚姻。それでもめげずに蕭定権を慕って内人になった文昔の粘り勝ちということなんでしょうか。

6話 宴のあと

王常侍は3年前に太子林出会ったとき(外伝の1話)正体を見破っていた。

沈夕香は流行り病にかかり東宮を追い出される。

中秋節で皇后の誕生祝いの宴で蕭定楷は皇后・趙氏に趙王・挨拶にいく。皇后は今までないがしろにしてきたことを蕭定楷に詫びる。

管理人アキ
管理人アキ
正装した皇后の姿。淡い黄色の着物に青を基調とする鳳凰の刺繍の肩掛けをつけ、冠も青が基調で横に張りだすデザイン。耳飾りは長く真珠を連ねたもの。顔には額、こめかみに真珠をつけています。服の刺繍の縁飾りも真珠です。なんとも豪華な衣装!皇后の威厳が感じられる衣装です。

その夜、皇后は崩御する。陳常侍は姜尚宮がその場に居合わせたことで内情を知っているのではないかと姜尚宮を呼び出す。寧国公主がなくなったときにも姜尚宮は居合わせていた。

管理人アキ
管理人アキ
二人の話を聞いていると蕭定楷にはなにか秘密があるような・・・なんと!姜尚宮は蕭定楷を操って政を牛耳ろうとしているだと!

管理人アキ
管理人アキ
結局、皇后が広川群王・蕭定棠を都に呼び寄せるための自作自演だったよう!まだ野心を捨てられない皇后なのでした。

皇太子・蕭定権は許昌平が東宮に出入りし京営を行き来していることが皇帝・蕭睿鑑の耳に入ったと知り、急ぎ許昌平を都からだそうとする。

皇后・趙氏

皇后は崩御します。それがどうやら自○のようです。そうやって領地に赴いた広川群王・蕭定棠を都に戻そうとしたようです。息子が皇位簒奪できるチャンスを与えてやったということ。やはり皇后にとって可愛いのは広川群王・蕭定棠で蕭定楷ではなかったようです。

でもどうしてそれほどまで蕭定楷のことを疎んじるのでしょうか。陳常侍と姜尚宮の会話で蕭定楷のことが出てきましたが、いったいどういう意味なのでしょうか。

中国時代劇好きにおすすめ!最新日本上陸ドラマも掲載しています↓

7話 最後の謀

まだ都に残っていた許昌平は夜になって東宮の太子林に現れる。皇太子・蕭定権にたしなめられるも、蕭定楷の陰謀を暴くために急ぎ参内すると言って聞かない。そこに殿帥・李重きが東宮に現れて許昌平を連れていく。

管理人アキ
管理人アキ
ということで外伝は蕭定楷が大活躍しています。本編では蕭定楷に関わる一切のことが省かれてしまったということ?蕭定棠はおとりで蕭定権の真の敵は蕭定楷だったということなんですね。陸文昔はそれとしらずに蕭定楷に東宮へ間者として送り込まれていたってことです。そういう流れだと、どうして蕭定楷が文昔が内人になるのに協力したのか理由が分かります。

これから行われる策は蕭定権の生死がかかっているので、文昔は自分を利用して欲しいと頼むが断られる。

管理人アキ
管理人アキ
これも蕭定権の優しさ。文昔に危険なまねはもうさせたくないようです。でも鶴の簪を持った内人が蕭定楷の配下と会っていましたよね?文昔が使いをやったのでしょうか?

皇帝・蕭睿鑑に許昌平との関係を尋ねられた蕭定権は何もないという。許昌平の屋敷で蕭定権の衣と玉帯が見つかるが蕭定権は陰謀だと言いのけ、罪を認めない。

控鶴衛に着いた蕭睿鑑と蕭定権、そこには蕭定楷の姿も。尋問された許昌平を見てびん皇太子を思い出した様子の蕭睿鑑。

管理人アキ
管理人アキ
どうしてここに蕭定楷がいるの?いつもは政に関わることがなかったのに。

許昌平

さて今回は蕭定権と蕭定楷の全面衝突の前夜っていう感じなりましたね。この段階で許昌平は捕まってしまいます。蕭定楷として一気に蕭定権を皇太子の位から引きずり下ろしたい気持ちでしょう。さてどうなるのでしょうか。

あと気になるのは蕭睿鑑が許昌平の正体を知ったことですね。顔立ちがびん皇太子に似ていることに気がつきました。ということは蕭睿鑑は許昌平がびん皇太子の息子とと知って、どうするということですね。罪に問わないのか、それとも皇位を簒奪する恐れがあるとして刑に処すのか。そのあたりの蕭睿鑑の判断も気になるところです。

8話 金錯刀

皇太子・蕭定権は許昌平に行われる拷問を止めて罪を認める。

管理人アキ
管理人アキ
蕭定権はそういう人物だよね。不当だと思うことには屈することがない

蕭定権は向き直り事件の告発者は趙王・蕭定楷だろうと言うが、蕭定楷は涼しい顔。

許昌平は供述書に母印を押した後、舌を噛む。許昌平がなくなれば蕭定権の無実を証明できるのはいなくなるので蕭定権は動揺するが、皇帝・蕭睿鑑は蕭定権と取引を持ち掛ける。

しかし蕭定権の答えは同じ。蕭睿鑑は蕭定権に金錯刀で密書を書くことを命じる。

管理人アキ
管理人アキ
それを京営に送って軍が動くかどうか試したいってことですね。

断った蕭定権は蕭定楷に書くように言う。蕭定楷は12通の密書を書き、それぞれの軍営に届けられる。

管理人アキ
管理人アキ
金錯刀を書けるのは蕭定権だけ、そして蕭定権の私印、それから急報の鷹の羽3枚で12個ある軍営すべてに密書が届けられました。

これを受けて謀反に加担する京営はなく、蕭定楷は陸文昔が送っていたのは偽の密書だったと知る。

管理人アキ
管理人アキ
文昔は蕭定楷の間者という設定なので、東宮での出来事はすべて蕭定楷に筒抜けでした。それを利用して陥れようとした蕭定楷ですが、反対に蕭定権に陥れられてしまいました。

玉帯を盗んだは許昌平と王常侍だったと知った蕭定権は嘆き悲しむが、文昔が現れてすべては自分がやったことだと言う。

一方、李明安の屋敷は襲われて沈夕香は陸文晋を連れて逃げるが矢を受けてなくなってしまう。

管理人アキ
管理人アキ
流行り病で外に出されたはずの夕香でしたが文晋を守っていたのですね。

そこに游鳴が現れて文晋を東宮へ連れていく。

蕭定楷は許昌平がびん皇太子の子であることを知って動揺する。

陳常侍が「寧国公主の件で罪を受けた内人が孝敬皇后(蕭定権の生母)により特赦を受け、その中には姜尚宮と宋内人がいた」と言いましたが、どういうこと?

蕭睿鑑は姜尚宮を呼ぼうとするが、陳常侍は姜尚宮を孝端皇后(蕭定棠と蕭定楷の生母)に金を飲ませた罪で告発したいと言いだす。

姜尚宮

やはり姜尚宮が黒幕なのでしょうか。文昔を気遣うふりをして東宮に送り込み情報を盗み、蕭定楷に送っていたようです。そして蕭定楷が即位すれば陰で実権を握るという。

ということは母子ほどの情があるということですよね。もしかしたら母子なのでしょうか?

許昌平がびん皇太子の子だとバレたらどうなる?

許昌平がびん皇太子の子だと皆が知ったときにどうなるのでしょうか。蕭定楷は災いを免れることができないと言っていました。ということは、びん皇太子がなくなったときのことを蒸し返されると大変のことになるということでしょうか。

許昌平はもしびん皇太子が即位してたならば、正統な後継者であるはず。そうなると蕭睿鑑が即位したことを皇位簒奪だと非難する勢力が出てくるのでしょうか。

まだまだ先の読めない展開ですね。

中国時代劇好きにはたまらない!こんな本も出ていますので読んでみてはどうでしょうか?

9話 無間地獄

皇帝・蕭睿鑑は姜尚宮を捕らえる。陳常侍が脅されて理由は東宮に消息を流したことだった。

管理人アキ
管理人アキ
では誰の消息を皇太子・蕭定権に流したのでしょうか?蕭睿鑑の消息でしょうか?許昌平の消息でしょうか。

控鶴衛にいる許昌平が本当にびん皇太子と宋内人の息子なのか確かめにいった蕭睿鑑は確信し、報いを受けたと感じる。

姜尚宮の謀反、王常侍と陳常侍の件は内密に処理される。蕭睿鑑の命で姜尚宮に会う趙王・蕭定楷は

管理人アキ
管理人アキ
蕭定楷のために姜尚宮は皇后に金の飲ませたんですね。

蕭睿鑑に呼ばれた蕭定権は許昌平は無関係のため帰郷させるべきだと言う。

管理人アキ
管理人アキ
許昌平は自分が投獄されても、己の身分が明らかになれば蕭睿鑑は23年前の皇位簒奪争いを蒸し返されるのが怖くて、自身を釈放するだろうと賭けていたそう。(陸文昔が蕭定権に説明していました。)

蕭睿鑑は蕭定権の才略を見抜くことが出来ず蕭定楷を救う手段がない。

管理人アキ
管理人アキ
蕭睿鑑は蕭定権を自分に似ていると言います。良くないところが似たなって思ったのでしょう。

蕭定権は蕭定楷の罪に対して減刑して爵位をはく奪、杖刑、流刑のみとする。最後に蕭定楷は自分の過ちは文昔を信じたことだと言う。

管理人アキ
管理人アキ
確かにそうですね。

蕭睿鑑の命で蕭定楷は李明安と手を結んだことを知らせた蕭定権。死士が長州に着くと聞き驚いた様子。

管理人アキ
管理人アキ
蕭定棠がいなくなった今、蕭定楷に蕭定権をけん制させたいと思った蕭睿鑑は蕭定楷に自身の腹心である李明安と手を組ませたということですね。

蕭睿鑑より東宮に聖旨が届く。許昌平の帰郷令と京営十二の再編だった。

10話 急報

皇帝・蕭睿鑑は疲労がたまり突然意識を失う。太子・蕭定権は郷里に帰される許昌平を負って皇宮を出る。許昌平に趙王・蕭定楷の遺言の真偽を確かめさせるために長州に行かせる。これで最後の別れだと知ると許昌平は自分が皇宮に来たのは罪滅ぼしのためだと言う。

管理人アキ
管理人アキ
寧国公主がなくなった後に宋内人が錯乱し、蕭定権の母で当時の皇后は宋内人を帰郷させました。その後、皇后は長患いに・・・

後日蕭睿鑑に謁見した蕭定権は蕭定楷が遺した死士について尋ねるが答えはなかった。長州から軍報が届き、失地を回復したという。喜び涙を流す蕭定権。そこに武徳侯・顧思林がなくなったとの報告が。蕭定権は蕭睿鑑が武徳侯・顧思林を○したとして、脅威の人物がいなくなった蕭睿鑑に祝いの言葉を述べる。

管理人アキ
管理人アキ
真相はどうだったのでしょうか。生きて戦地から戻っても顧思林は蕭睿鑑に命を狙われ続けます。

3年前に顧思林と決裂して都から追い出したことを悔やむ蕭定権。

管理人アキ
管理人アキ
3年前、顧思林は謀反を持ちかけました。しかし蕭定権はこの国の皇太子として謀反を望まないとして顧思林と決裂してしまいます。無念を抱えたまま顧思林は長州に戻り、帰らぬ人になりました。

長州に顧思林の棺を受け取りに行く蕭定権。長州についた蕭定権は李明安、顧逢恩、張紹筠と再会。 

蕭定権は李明安に陸家姉弟の安否について聞かれると無事だと答える。そしてかつて蕭定楷が陸文昔を助けたことを知る。

管理人アキ
管理人アキ
ということで蕭定楷と李明安が手を結んだのは蕭睿鑑が間に入ったからではなく、陸文昔が間に入ってたからだということが分かりました。無間地獄とはいったい・・・?

主人公の蕭定権を演じたルオ・ジンが出ているドラマです。こちらで主人公を演じだティファニー・タンと結婚したんですよ~↓

出演:ティファニー・タン, 出演:ルオ・ジン, 出演:ヴァネス・ウー, 監督:リー・フイジュ
¥14,964 (2024/06/21 18:25時点 | Amazon調べ)
出演:ティファニー・タン, 出演:ルオ・ジン, 出演:ヴァネス・ウー, 監督:リー・フイジュ
¥8,592 (2024/06/14 07:38時点 | Amazon調べ)
出演:ティファニー・タン, 出演:ルオ・ジン, 出演:ヴァネス・ウー, 監督:リー・フイジュ
¥5,724 (2024/06/15 22:06時点 | Amazon調べ)

11話 逆賊の血

皇太子・蕭定権は張紹筠に世話をされて昔話をする。河陽侯・顧逢恩が眠っている蕭定権の元へやってきて謀反をそそのかす。そして皇帝・蕭睿鑑の腹心・李明安を○すように剣を渡すが、蕭定権には出来ない。そして顧逢恩が李明安を○す。

管理人アキ
管理人アキ
蕭定権はこういう人だよね。このときに張紹筠もなくなってしまいます。

管理人アキ
管理人アキ
ここにきて蕭定権と顧逢恩は完全に決裂?

事前に長州に入っていた許昌平がやってきて蕭定権を説得する。また顧思林は趙王・蕭定楷側の人間によってなくなったのだと言う。

游鳴は蕭定権を気絶させて連れて行方をくらます。蕭定権は城外の李重きに会い、長州城に戻ってくる。

殿帥・李重きは蕭睿鑑の密命を受けて実は大軍を率いていた。長州にやってくる大軍をみてビックリする顧逢恩。そこで李重きは皇太子の座をはく奪する聖旨を読み上げる。

管理人アキ
管理人アキ
李重きの隣に游鳴がいましたよね。

こうやって顧逢恩と長州軍の士気を削いだ蕭定権。顧逢恩は蕭定権を軟弱だと言ってなじります。

管理人アキ
管理人アキ
蕭定権が皇太子でなければ謀反を起こしても皇位につけるものがいません。蕭定権は父・蕭睿鑑と顧思林が行った皇位簒奪を正しいと思っておらず、また自分も顧逢恩と一緒に父と伯父と同じように皇位簒奪することになるのが怖かったようです。そうなれば蕭睿鑑が顧思林を恐れていたように、自分も顧逢恩がいつか謀反を起こすのではないかと恐れ続けなければなりません。まさしく歴史は繰り返す、ですね。

蕭定権の性格

これだけ謀反の準備をされていたのにも関わらず加担しない蕭定権。清廉潔白なのかバカなのか。顧逢恩は軟弱だと言ってなじります。

恩師、伯父、皇太子妃、臣下・・・多くの者が蕭定権のためになくなりましたが、蕭定権は謀反を起こすことはありませんでした。そういえば3年前に顧思林に謀反を持ち掛けられたときも断りましたね。

簒奪によって皇帝の座につくことは倫理的には良くないこと、しかしそれをやってしまった父帝。そして皇位簒奪したあとの父帝と伯父の関係が微妙な関係になってしまったことなどを考えると、蕭定権は自分がもしそのような立場になっても加担しないと心に決めていたんでしょうね。

父帝は兄から皇位を簒奪し、今度は息子が皇位を簒奪するのではないかとひどく恐れています。それが息子を愛せない原点のようです。蕭定権は蕭氏の血が流れているけれども、顧氏の血が流れているためですね。

こう考えると蕭定権は実に立派な考えを持った青年だと思います。今回は皇帝の勅使である自分が、皇太子である自分を廃するという偽の聖旨を使い、顧逢恩の気持ちを削ぎました。

蕭定権の先生だった盧世瑜は蕭定権を若い頃から教育して性格を見抜いていたよう。「蕭定権こそは国を正す人物」だと期待していたんでしょうね。ある意味、父帝のようになってはいけないと教育していたのでしょう。

だから苛烈な運命をたどることになる蕭定権に、彼の性格や考え方を理解することができる女子を皇太子妃にしたいと考え、陸文昔を推挙したのでした。

史実では皇位を簒奪して自分が皇帝になった者も多いです。国を統(す)べる皇帝になる誘惑に負けてしまった者です。

例えば明の時代の永楽帝は甥から皇位をはく奪しました。自分が皇帝になってからは北方を平定するために親征を何度も行い、文化も発展させ、首都を南京から北京に遷都まで行い、数々の功績を挙げました。しかし、自分が皇位を簒奪したことを後の世にどのように言われるのか、最後まで不安だったようです。

このあたりの永楽帝の苦悩はドラマ「大明皇妃」に上手に描かれていますので、興味がある方はぜひこちらのあらすじネタバレ記事をご覧ください。永楽帝はドラマの前半に出てきます。

>>中国ドラマ 大明皇妃 あらすじネタバレ感想、最終回!

12話 最終話 雪の日の別れ

顧逢恩と皇太子・蕭定権は楼上で口論する。殿帥・李重きは攻撃を仕掛ける。

管理人アキ
管理人アキ
顧逢恩は立派な武将になったね。

蕭定権は顧逢恩を○すように言うが、顧逢恩は敵の弓矢を受けてなくなってしまう。

管理人アキ
管理人アキ
つらい蕭定権。親友を失ってしまいました。この物語ってどこまでも苛烈な運命の蕭定権。

報告を受けて皇帝・蕭睿鑑は皇太子を廃するつもりはなかったと激怒する。

病床にいる蕭定権は会いに来た陸文昔にキスをし、鶴の簪を引き抜く。文昔は身ごもったと教える。

管理人アキ
管理人アキ
窓から小雪が舞う小部屋で二人が愛を確かめ合い、そしてつないだ手を話す瞬間が透明な感じがする演出でステキでした。これで文昔はもう蕭定権に会えなくなるのでしょうか。

蕭睿鑑は蕭定権を尋ね閉じた扉の前で本心を告げる。蕭定権は部屋の中で鶴の簪を使って自○していた。

管理人アキ
管理人アキ
蕭睿鑑はここで初めて本心を打ち明けます。子供を思う父の気持ちが上手に表現されていましたよね。また蕭定権の自○を知ると人を呼ぶためにその場を去ろうとしますが、雪で滑って転びながらも、愛する息子のために立ち上がり急いで人を呼びに行きます。蕭睿鑑と蕭定権の関係は年数が経てば経つほどこじれてしまいましたが、本当は優しい父だったのだと思います。

蕭睿鑑は蕭定権の死を公表。廃太子だが北方で功績があったことにより諡号を授けられ皇陵に葬られることになる。残された蕭睿鑑は自分が間違っていたことを悟る。

5年後、文昔が産んだ子は琛と名づけられて健やかに過ごす。

父子の確執

結局この父子の確執を取り除くためには蕭定権は死を選ばなければならなかったということなんですよね。蕭定権は自分が死ぬことで蕭睿鑑に間違いを悟らせ、正しい政をするように仕向けました。

そう考えると蕭睿鑑に比べて蕭定権は一枚も二枚も上手な人物だったと思います。 それにしてもこれだけの苛烈な人生を生きてきて、最後に選んだのが死だったのは本当に寂しいことですよね。そんな蕭定権の人生の中で陸文昔はそっと寄り添い、蕭定権を守りました。こういう男女の情もあるのだなあ、と感心してしまいました。文昔は早かれ遅かれ、蕭定権がなくなることを予想していたんでしょうね。

人生の最後の最後の瞬間まで皇位簒奪という大きな誘惑に惑わされなかったは蕭定権はバカでも臆病者でもない、勇敢な人物だったのだと思います。蕭定権はなくなってしまったわけですが残された子供は男の子、つまり皇孫でこの子が皇位を継ぐことになります。蕭睿鑑は蕭定権にしてやれなかったことを蕭琛に全てそそぐようです。蕭琛を愛し、導き立派な皇帝に育て上げるようです。

蕭琛が皇位を継ぐころになれば国は安定して天下泰平の世の中が実現するでしょう。そう考えれば蕭定権がなくなったことも意味があります。

最後にまさかこんなエンディングが残されていると思わずとてもびっくりしました。本編だけでは語られることのなかったエンディングがあったなんて!本編のエンディングよりも何倍も良かったですよね。

是非外伝をすべて視聴なさってから、本編をご覧になるとまた新しい発見があるのではないでしょうか。

本編のあらすじネタバレ、感想はこちらです↓

>>鶴唳華亭かくれいかていキャスト相関図は?全話あらすじネタバレ感想を結末まで!

陸文昔を演じるリー・イートンが主演したドラマはこちら↓お相手のシュー・カイも美しすぎる❤

Unknown:リー・イートン, 監督:ワン・シャオミン, 監督:バイ・ユンモー, 脚本:ファン・ノン, 出演:リー・イートン, 出演:シュー・カイ, 出演:ウー・ジアイー, 出演:タン・ジエンツー, 出演:ホン・ヤオ, 出演:ホー・フォンティエン
¥12,794 (2024/06/15 22:06時点 | Amazon調べ)
Unknown:リー・イートン, 監督:ワン・シャオミン, 監督:バイ・ユンモー, 脚本:ファン・ノン, 出演:リー・イートン, 出演:シュー・カイ, 出演:ウー・ジアイー, 出演:タン・ジエンツー, 出演:ホン・ヤオ, 出演:ホー・フォンティエン
¥12,600 (2024/06/21 18:25時点 | Amazon調べ)

このドラマの魅力

毎回毎回、涙のシーンが多かったですよね。蕭定権が泣くか、文昔が泣くか・・・

苛烈な運命を生きる蕭定権。様々な陰謀を受けながらもそれに対して陰謀では返さない正直で清廉潔白な蕭定権の姿がステキでした。

何度も文昔のことを守れなかった蕭定権でしたが、最後のほうになると文昔を守ろうと奔走いしているところもよかったです。

蕭定権が文昔とはじめて出会ったときは文昔は帽子に絹の薄布を垂らしていたので顔を見ることができなくて、その後も文昔の顔を見ることができずじまいでした。

しかし文昔が姓を変えて顧氏として内人になってからは、彼女を疑いながらも陸文昔ではないかと思い始め、最後のほうは彼女を守り抜きました。愛する人を守れるって幸せなことですよね。

最後の最後まで文昔は自分の本当の名は「陸文昔」だと告げることがありませんでした。そういう奥ゆかしい文昔の性格もよかったです。本当の名を知ると蕭定権が困ることが分かっていたからです。(蕭定権は謝って文昔の父と兄を○してしまいました)

皇太子妃になる運命の文昔でしたが皇太子妃になることはできず、逆賊の娘となり追われる身に。それなのに蕭定権の側にいたい思いで内人になる文昔。意志の強い女性だなって思いました。蕭定権の側で仕えながらも蕭定権に疑いを掛けられたこともありました。それでも蕭定権をしっかり守る文昔はさすが!でした。

最後は相思相愛になるわけで、これでハッピーエンドになるのかと思いましたが、まさかの蕭定権の自○。でもこうなることを予想していたかのような文昔。

先の読めない展開に視聴者は翻弄させられっぱなしのドラマでした。最後に蕭定権が自○することで、残念ですが未練なくこのドラマの終わりを認められそうな気がしました。

このドラマは伏線も多くあるので、本編と外伝を一通り視聴してから、また本編を視聴すると新しい発見がたくさんあるのではないかなと思っています。

鶴唳華亭<かくれいかてい>〜Legend of Love〜を視聴する方法は?

「鶴唳華亭<かくれいかてい>〜Legend of Love」〜はチャンネル銀河で放送が終わったあとに 視聴する方法はあるのでしょうか。 調べてみたところ「鶴唳華亭<かくれいかてい>〜Legend of Love〜」と外伝の再放送は今のところ予定されていないようです。動画配信などもあるのか調べましたが今のところを動画配信もないのです。

これから新しい情報が入ってくると思いますので、 視聴する方法が分かりましたら加筆していきます。