中国ドラマ・華流

大宋宮詞キャスト相関図は?全話あらすじネタバレ感想を結末まで!

大宋宮詞キャスト相関図は?全話あらすじネタバレ感想を結末まで!

大宋宮詞~愛と策謀の宮廷絵巻~がチャンネル銀河でテレビ初放送です。2022年9月23日(金)から、月曜から金曜までの23時から1話ごとに放送されます。

いったいどんなドラマなのでしょうか?キャストや相関図、あらすじネタバレ感想や結末が気になりますね。

本記事では大宋宮詞~愛と策謀の宮廷絵巻~のキャストや相関図、あらすじネタバレ感想や結末についてご紹介いたします。興味がある方はぜひご覧ください。

>>大宋宮詞を見るならスカパー!簡単登録で30分で視聴可能!!

加入月は無料で視聴可能!

「大宋宮詞」を今すぐ視聴する

 

大宋宮詞のキャストは?

劉蛾 リウ・タオ

趙恒/真宗 ヴィック・チョウ

寇準 リャン・グアンホア

郭清い チー・シー

蘇義簡 ツァオ・レイ

李えん児 リウ・ツォン

大宋宮詞の相関図は?

大宋宮詞~愛と策謀の宮廷絵巻~の相関図はこちらのようになっています。

大宋宮詞

大宋宮詞のあらすじは?

蜀の平民・劉娥(りゅうが)は、北宋の第3代皇帝・真宗(しんそう)が皇太子になる前の襄(じょう)王だった頃、命を救ったことがきっかけで彼と愛し合うようになる。真宗の正室・郭清漪(かくせいい)や側室・藩玉姝(はんぎょくしゅ)の存在、劉娥の身分を問題視する宮廷と朝廷からの反対など、様々な逆境の中でも、愛に生きることを決意する劉娥。ところが、真宗との間に生まれた趙吉(ちょうきつ)が太子になってもなお、宮中に迎えられずつらい時期を過ごす。そんな中、敵国・遼が和睦の条件として両国の皇子を相手国へ人質に送ることを提案してくる。真宗は朝廷に劉娥を認めさせるため、趙吉を遼に送ることを決めるのだが…。 チャンネル銀河より引用

 

この物語は北宋の物語。北宋の北には契丹族の遼という国があります。ちょうどドラマ「燕雲台」の主人公・燕燕/睿智蕭(えいちしょう)皇后も出てくるそうですよ。

>>燕雲台のあらすじネタバレ感想はこちら!

大宋宮詞の感想ネタバレは?

1話

北宋第2代皇帝、太宗(たいそう)趙光義(ちょうこうぎ)の時代。太宗は遼との戦(いくさ)で重傷を負う。自分の命の危機を感じた皇帝は「子をなしたものを皇太子にする」と宣言する。臨月の妻を持つ第3皇子、襄(じょう)王・元侃(げんかん)を皇太子に指名したことに等しかった。元侃は辞退するが太宗は引かない。そこで元侃は遼との戦に出征する。

皇宮では大地震が起こり皇宮が倒壊。太宗と弟の秦王・趙廷美が建物の下敷きになる。○を覚悟した太宗は兄の先帝は自分が○したと告白する。そして自分が生きられたら先帝の子・徳昭に皇太子の座を与えたいと言う。

地震のさなか襄(じょう)王の正室・郭清いは男の子を産む。やがて出征先でなくなったはずの元侃が若い娘・劉娥(りゅうが)を連れて帰京する。劉娥は元侃の命を助けた恩人だったが郭清いが側室として迎える気はない様子。

元侃は郭清いを麟児を連れて太宗に拝謁する。麟児は太宗に抱かれると泣き出してしまう。そこに劉娥が子守りを願い出ると泣き止む。元侃は劉娥を娶りたいと太宗に願いでる。太宗は災害の後のためすぐに婚儀はできないが、麟児を民にお披露目した後に婚儀をするように命じる。

麟児のお披露目の日、刺客が現れる。混乱の中麟児を託された劉娥は逃げるが刺客に麟児を○されてしまう。だが劉娥に疑いがかけられて牢に入れられてしまう。劉娥は毒酒を飲み・・・

大宋宮詞の結末・最終回は?

主人公の劉蛾が皇后になります。そして皇太后として皇帝を支えながら国を治めます。

>>大宋宮詞を見るならスカパー!簡単登録で30分で視聴可能!!

加入月は無料で視聴可能!

「大宋宮詞」を今すぐ視聴する

中国時代劇ドラマのあらすじネタバレ一覧!最新情報とは?
中国時代劇ドラマのあらすじネタバレ一覧!最新情報とは?中国時代劇ドラマのあらすじネタバレ一覧を作成しました。 本記事では日本で視聴することのできる華流歴史作品の最新情報をお届けしています。...