時事ネタ 政治・経済・社会

サクマ式ドロップスいつまで買える?廃業理由や事業継承は?

https://www.canva.com/design/DAFFQKWwP6o/X4SY3LzfhuEDli_yB7YS9Q/edit?utm_content=DAFFQKWwP6o&utm_campaign=designshare&utm_medium=link2&utm_source=sharebutton

サクマ式ドロップスはいつまで買えるのか知りたいですか。廃業理由や事業継承についても気になるところです。

本記事ではサクマ式ドロップスは何時まで買えるか、廃業の理由や事業継承についても調査しました。 興味のある方是非ご覧ください。

サクマ式ドロップスいつまで買える?

赤色の缶でおなじみのサクマ式ドロップスを販売するサクマ製菓株式会社が廃業することになりました。それではサクマ式ドロップスはいつまで買えるのでしょうか。調べたところ廃業は2023年1月20日(金)となっています。

その為サクマ式ドロップスは1月20日以降は製造されません。廃業直前まで製造すると思われます。2022年12月まではスーパーなどで手に入ると思いますがそれ以降は手に入りにくくなる可能性があります。

サクマ式ドロップスのファンの方は1月20日までにまとめ買いをしておくと良いでしょう。

サクマ式ドロップスの佐久間製菓の廃業理由は?

それでは月にサクマ式ドロップスのサクマ製菓株式会社の廃業理由は何だったのでしょうか。

1、販売減

新型コロナウイルスの影響で販売が減ってしまったことが大きな原因のようです。

2、原材料の高騰

また昨今の原材料やエネルギー価格の高騰による影響もあったということです。

3、人材確保の問題

次に人材の確保の問題も挙げられていました。お菓子会社に就職をしたいという若者が減ってしまったことにより人材確保ができなかったことも廃業の要因のようです。

4、その他のヒット商品に恵まれなかったこと

また最後になりますがサクマ式ドロップスの他にヒット商品に恵まれなかったことも挙げられます。つまりサクマ式ドロップスが売上のほとんどを占めていたということで、サクマ式ドロップが売れなくなった事により廃業に至ったということです。

もし他のヒット商品が生まれていたら廃業になることはなかったのかもしれませんね。また経営層の頭が柔軟であれば人気のアニメとコラボの商品を作ることも可能だったかもしれません。

例えば一時期有名になった鬼滅の刃の柄のついた缶でサクマ式ドロップを販売していたら売り上げは上がっていたと思います。老舗の親族経営の製菓店なのでその辺の発想は出てこなかったのかもしれません。

サクマ式ドロップスの事業継承は?

次にサクマ式ドロップスの事業継承はあるのでしょうか。調べたところ事業を継承してくれるところはなく廃業になってしまうようです。

1908年明治41年に完成したおかしいでとても長い歴史を持っていますよね。 日本人ならば誰でも知っている飴缶なのでサクマ式ドロップスが全くなくなってしまうのは本当にもったいないと思います。どこかの企業が事業継承してくれるとありがたいのですが今のところそのような情報はありませんでした。

緑色の缶のサクマドロップスとの違いは?

ちなみに緑色の缶のサクマドロップスというのは別会社。こちらはサクマ製菓株式会社です。こちらの会社が事業を継承してくれるとすごくいいかなと思うのですが、今のところそういう話はないそうです。

まとめ:サクマ式ドロップス

今回はサクマ式ドロップスはいつまで買えるのかについてご紹介してきました。

まとめると

  • いつまで買える?:2023年1月20日廃業のため、それまで買える
  • 廃業理由:新型コロナウイルスによる売上減、 原材料の高騰など
  • 事業継承は?:今のところ予定なし

ということでした。 おなじみの赤い缶のサクマ式ドロップスがなくなってしまうのはとても残念なニュースですね。ただ売上金や原材料の高騰などとても資金繰りに苦しかったことも事実のようです。 またサクマ式ドロップス以外にヒットとなる商品が生み出せなかったことも事業廃業の理由のようです。ただただ非常に残念ですが昭和の思い出として心に留めておきたいと思います。