中国ドラマ・華流

清越坊の女たちキャスト相関図は?あらすじネタバレ感想を結末まで!

清越坊の女たちキャスト相関図は?あらすじネタバレ感想を結末まで!

清越坊の女たち~当家主母~のキャストや相関図を知りたいですか?あらすじネタバレ感想、結末についても知りたいところです。

本記事では清越坊の女たち~当家主母~のキャストや相関図、あらすじ、ネタバレ、感想、結末をご紹介していきます。興味がある方はぜひご覧ください。

清越坊の女たち~当家主母~のキャストは?

ジアン・チンチン(蔣勤勤)

ヤン・ロン(楊蓉)

マオ・ズージュン(茅子俊)

シュー・ハイチャオ(徐海喬)

清越坊の女たち~当家主母~の相関図は?

清越坊の女たち~当家主母~のあらすじは?

清の乾隆帝時代、任家の緙絲(こくし)の技術を継いだ一番弟子の沈翠喜は、当主の任雪堂と結婚して屋敷の女主人となり家業「清越坊」を立派に仕切っていた。一方、任雪堂は幼馴染の恋人・曽宝琴との恋を貫き、没落して妓楼にいた彼女を救い出すと別宅に住まわせ子供を作る。しかし、汚職役人の不正事件に巻き込まれた彼は行方不明に。その結果、沈翠喜は夫のいない任家を守るため曽宝琴の産んだ息子を後継ぎとして引き取り、自ら汚職役人と戦うことになるが、それは人々の恨みを買ういばらの道だった。そんな彼女を理解し心を癒してくれたのは息子の教師となった青年・魏良弓だったが……。 衛星劇場HPより引用

清越坊の女たち~当家主母~のネタバレ感想

清越坊の女たち~当家主母~の結末