韓国ドラマ

赤い袖先キャスト相関図は?あらすじネタバレ感想を結末まで!

赤い袖先キャスト相関図は?あらすじネタバレ感想を結末まで!

赤い袖先のキャストや相関図が気になりますか?あらすじやネタバレ、感想や結末を知りたいですね。

本記事では赤い袖先の康人や相関図、あらすじ、ネタバレ、感想、そして結末についてご紹介しています。興味がある方はぜひご覧ください。

赤い袖先はWOWOWで2022年10月28日(金)より放送!

>>WOWOWの加入方法・視聴方法は?簡単3ステップで15分で視聴可能!

加入月は無料で視聴可能!

「赤い袖先」を今すぐ視聴する

wowow

赤い袖先のキャストは?

赤い袖先の相関図は?

赤い袖先のあらすじは?

粛清により没落した一族の娘、ソン・ドギムは見習いの宮女として宮廷に仕えている。ドギムは物語の朗読がうまく好奇心が旺盛で、誰からも愛されている。一方、国王・英祖の孫で世孫のイ・サンは、祖父により父親を死に追いやられ、孤独に宮廷で暮らしていた。ある出来事からサンはドギムにほのかな想いを寄せるようになるが、2人が再会する機会は訪れなかった。
数年後、成長したドギム(イ・セヨン)は宮女になり、持ち前の聡明さで尚宮たちから目をかけられつつも自分の生き方を模索していた。ある日、走っていたところ足を踏み外し、近くにいたサン(ジュノ)を巻き込み池に落ちてしまう。反省文を書くよう命じられたドギムは、書庫を掃除しているさなか、中へ入ってきたサンを司書と勘違いし、無礼な態度で追い返してしまう。怒ったサンは何度も書き直しを命じ、その中で2人は次第に距離を縮めていく。WOWOWのHPより引用

赤い袖先の各話ネタバレ感想は?

1話

宮廷に仕える幼い見習い宮女ソン・ドギム。本を読み聞かせる伝奇叟(チョンギス)遊びが得意だが、先輩尚宮たちに遊びがバレて叱られ、罰として亡くなった暎嬪(ヨンビン)の弔問に夜、ひとりで行かされることになる。一方、実の祖母、暎嬪の死を知った王世孫イ・サンも、東宮殿を抜け出しひとりで後宮に向かう。そこで道に迷っていたドギムと出会ったサン。2人は無事後宮にたどり着き、サンは祖母の遺骸を前に涙を流す。WOWOWのHPより引用

2話

3話

4話

5話

6話

7話

8話

9話

最終回の結末は?

>>WOWOWの加入方法・視聴方法は?簡単3ステップで15分で視聴可能!

加入月は無料で視聴可能!

「赤い袖先」を今すぐ視聴する

wowow