中国ドラマ・華流

烈火士官学校キャスト相関図は?あらすじネタバレ感想を結末まで!

烈火士官学校のキャストや相関図、あらすじネタバレ感想を結末まで!

烈火士官学校~ステキ男子とイケメン女子は「招揺」のシュー・カイとバイ・ルーが再び共演した作品として話題になっています!一筋縄ではいかない展開に心ときめくラブロマンス!日本初放送でlalaTVにて放送!2019年中国、全48話。

>>烈火士官学校を視聴するならスカパー!簡単に登録できる方法はこちら!

加入月は無料で視聴可能!

「烈火士官学校」を今すぐ視聴する

Contents

烈火士官学校~ステキ男子とイケメン女子のキャストは?

謝襄(シエ・シアン)バイ・ルー

顧燕ジェン(グー・イエンジェン)シュー・カイ

トビー・リー、ウー・ジアイー、ワン・イージョー、ガオ・ユーアル ほか

烈火士官学校~ステキ男子とイケメン女子の相関図は?

烈火士官学校~ステキ男子とイケメン女子相関図 烈火士官学校~ステキ男子とイケメン女子相関図

画像はlalaTVから引用

烈火士官学校~ステキ男子とイケメン女子のあらすじは?

入学前に事故でなくなった兄の遺志を継いで陸軍士官学校に入学した男装女子の謝襄(シエ・シアン)と特権階級の息子・顧燕ジェン(グー・イエンジェン)。最悪の出会いから始まる一筋縄ではいかない恋愛模様を描いた作品。

烈火士官学校~ステキ男子とイケメン女子のみどころは?

「招揺<ショウヨウ>」のバイ・ルーとシュー・カイの美男美女コンビが再共演したので話題になっている作品です。また脇を固めるキャストも超絶イケメン揃いということで気になりますね。

プロデューサーは ユー・ジュン。「瓔珞<エイラク>」「コウラン伝」「玉楼春」のヒットメーカーです。役者よりもプロダクションに予算を当ててパーフェクトな作品を作るプロデューサーとして知られています。美しい衣装やメイクは時代設定は異なるものの「瓔珞<エイラク>」のクオリティと同じレベルと言われて評判となりました。

烈火士官学校~ステキ男子とイケメン女子のネタバレ感想は?

1話

1911年、辛亥革命が起こり清朝は崩壊する。混乱する世の中で軍事教育が強化され、烈火士官学校が再開される。謝襄(シエ・シアン)は、なくなった兄・謝良辰(シエ・リアンチェン)になりすまし入学審査を受けてみごと合格する。その夜、親友の譚小珺(タン・シャオジュン)に誘われてキャバレーに行く。そこには時のスター・曲曼婷(チュー・マンティン)が。謝襄は高官の息子・顧燕幀(グー・イエンジェン)が曲曼婷をさらうトラブルに巻き込まれ警察に捕まってしまう。

入学の日、士官学校に行くと黄松(ホアン・ツン)という山東省出身の入学者に出会う。黄松は見るからに田舎者。そして黄松の荷物が李文忠(リー・ウェンジョン)の車をこすったと因縁をつけらてしまう。しかし謝襄は李文忠が日本商業会議所の徽章をつけていることが分かると売国奴と罵る。教官・呂仲シン(リュー・ジョンシン)がやってきて騒ぎを起こしたものを洗い出し、罰則を言い渡す。そこに顧燕幀がやってくる。

入学審査の身体検査は奥の手を使ったって何?

士官学校の身体検査で裸になるチェックがありましたが、奥の手を使って身体検査をまぬがれました。いったいどういう手を使ったのでしょうか?やはり中国なので賄賂を渡したのでしょうか?

親友の譚小珺が曲曼婷(チュー・マンティン)と幼なじみって何?

主人公の謝襄の親友・譚小珺が大スターの曲曼婷と幼なじみってどいういうことなんでしょうか?これから親友の譚小珺がどのようにドラマに関わってくるのか楽しみですね。

顧燕幀は沈聴白が怒るように仕向ける

顧燕幀はキャバレーで騒ぎを起こし、そして曲曼婷をかばった沈聴白を挑発するような伝言をさせます。どうして怒らせるようなことをわざわざしでかしたのでしょうか?気になるところです。

沈聴白と曲曼婷は許嫁

LalaTVの相関図を見ると沈聴白と曲曼婷は許嫁ということでした!だから順遠で歌ってもらうことができたんですね。

沈聴白と沈君山は兄弟

そして次に沈聴白と沈君山が兄弟ということが分かりましたね。

顧一族の華麗な身分とは?

顧燕幀の父は内政部の顧宗堂(グー・ソンタン)常務次長、祖父は教育長の胡柳翁(フー・リュウウォン)長官、おじは胡(フー)司令官、姉の夫は徐(シュー)総帥です。なんとまあ華麗なる一族なんですね。

顧燕幀の父が言った3人の名前は?

顧燕幀の父親が言った3人の名前は張錫侯(ジャン・シーホウ)、李廷場(リー・ティンチャン)、沈伯年(シェン・ボーニエン)です。

李氏は李文忠(リー・ウェンジョン)の名前が出てきました。沈氏は沈君山(シェン・ジュンシャン)、 沈聴白(シェン・ティンバイ)の名前が出てきましたね。関係があるのでしょか?それらの人物の子供などの関係者でしょうか?張という名前の人は1話では出てきませんでしたね。

感想・1話から人物が多かった!

1話から人物がたくさんでてきて盛沢山でした。覚えきれないかもって思いつつも、どの人もイケメンでよくこれだけイケメンを集めることができたなって思いますよね。さすが中国、人材が多いです!

>>烈火士官学校を視聴するならスカパー!簡単に登録できる方法はこちら!

加入月は無料で視聴可能!

「烈火士官学校」を今すぐ視聴する

2話

烈火士官学校に入学して初日から教官から厳しい指導を受ける新入生たち。謝襄は自室に入ると顧燕幀と同部屋だと知る。女性ものの下着を見られた謝襄は焦るが、教官から号令がかかる。すぐに廊下に出ると教官は士官学校の規則を伝える。そして私物検査をしだす。謝襄は慌てるが顧燕幀は女性ものの下着は自分のもので恋人が贈ってくれたものだと言う。

自室に戻り謝襄は顧燕幀に感謝を伝えると顧燕幀は雑用を謝襄に押し付けて自分は先に眠ってしまう。次の朝、謝襄は時間通りに起きるが顧燕幀は寝過ごしてしまう。そして大風呂に入ることに・・・

大風呂とは?

言葉での解説はなかったようですが泥水の中につけられることを大風呂というようです。

郭主任とは?

今回は郭主任の過去がちょっとだけ出てきましたね。いつも酒をあおっている郭主任はバーのマダムのことがお気に入りのようです。そしてマダムも郭主任の家賃を払っているということなので相思相愛なんでしょう。いったい郭主任はどんな過去を持っているのでしょうか?

謝襄と謝良辰の兄弟は?

今回は謝襄の兄・謝良辰のことも少し出てきていましたね。思いでのオルゴールやら謝襄が街のチンピラに絡まれてたときに助けてくれたりしたようです。しかし謝良辰がなくなり謝襄は士官学校に入学することになります。謝良辰がなくなったことと士官学校への入学の因果関係はどんなものなのでしょうか?

映像がキレイ!

ドラマ「烈火士官学校」は映像がキレイ、そしてキャストが身についてる服装もキレイですよね。

シュー・カイが美しすぎる

今回、光ったのがシュー・カイの美しさ!瓔珞では主人公・瓔珞を一途に守り通す真面目な傅恒役を演じましたが、今回はお金持ちの父をもつ放蕩息子の顧燕幀役を演じています。衣装は洋装でブリティッシュスタイルのトラディショナルなスリーピースを、それから麗しい軍服を着こなしているシーンはかっこいいを通り越して美しすぎるという印象です。

これから謝襄と顧燕幀の禁断の恋が始まります。これからどうなるかとっても楽しみなドラマです。

3話

烈火士官学校では厳しい訓練が続く。落ちこぼれの謝襄と同室の問題児・顧燕幀は喧嘩ばかりしていた。初めての休暇を迎え、女性の姿に戻り街に出た謝襄は友人・譚小珺と食事に出かける。向かった先には曲曼婷(チュー・マンティン)がいた。キャバレーで顔バレしていることにビクビクする謝襄。そこに同期の沈君山(シェン・ジュンシャン)まで現れる。いそいで逃げ出す謝襄だった。

一方、顧燕幀は夜道を歩いていたところ武器を持ったチンピラに囲まれる。誰の指金なのかと問うと曲曼婷が出てきた。キャバレー事件の報復をするためだった。顧燕幀はチンピラを蹴散らすと曲曼婷に迫る。

士官学校で謝襄は李文忠(リー・ウェンジョン)が卑怯な手を使ったため剣術の授業中に負傷してしまう。医務室に行くが服を脱ぐことができない。そこで顧燕幀に「お前は女なのか?」と問われてしまう。

洋行帰りの沈君山

まだ謎が多い沈君山ですが、お金持ちということが分かりました。兄の沈聴白(シェン・ティンバイ)は順遠商業会議所の会長です。そして本人は洋行帰りということです。お金持ちはみんな逃げているにも関わらず士官学校に入った沈君山。いったいどんな人物なのでしょうか?あまり話しをしないので分からないですね。あ、でもお腹を好かせている謝襄に乾パンをあげていました。それも賞味期限が切れているようなものを。中国ではこういうのって当たり前なんでしょうか?薬と一緒にって渡されていましたね。

謝襄のために顧燕幀

剣術の稽古で負傷した謝襄。謝襄のために顧燕幀が卑怯な手を使った李文忠(リー・ウェンジョン)に報復しますね。意外にいいやつだなって感じしませんでしたか?

顧燕幀は曲曼婷のことを気に入ってる?

チンピラを片付けたあとに顧燕幀は曲曼婷に迫ります。壁ドン!です。でも曲曼婷に逃げられてしまいますね。顧燕幀は本気なのでしょうか?それともお遊びなのでしょうか?

また曲曼婷は沈聴白に好意を寄せられていますがそれを拒否している様子ですね。そして今後の展開としては顧燕幀に好意を持ってしまうようですが・・・ここの三角関係も気になるところです。

顧燕幀に女なのかと聞かれた謝襄

今回の最後に謝襄は顧燕幀に「女なのか?」と聞かれてしまいます。女性ものの下着を持っていたり、体力が男性よりも劣りますし、さらに肌を見せようとしないってことはやはり女性なんじゃって思いますよね。それに謝襄はなんと答えるのか、そしてその答えに顧燕幀は納得できるのでしょうか?

4話

医務室から逃げ出した謝襄に「女なのか」と聞く顧燕幀。慌てて否定する謝襄。その夜、謝襄は亡き兄の夢を見て眠れずに外にでる。そこで沈君山ハーモニカを奏でていた。混乱している中国国内に洋行から帰国した理由を尋ねると兄と同じ言葉を返す沈君山。謝襄は沈君山に兄の面影を見ていた。

ある日、謝襄の父親が順遠にやってくる。沈家の紡績工場の落成式に参加するためだ。謝襄の父親の学校に沈聴白が物資を送ってくれたお礼だという。女性の姿で父を出迎えた謝襄はパーティーに同行することになる。良家の子女らしく品よく装った謝襄。パーティー会場が沈家の公邸だということを忘れていて沈聴白、沈君山と出会うことになる。とっさにケーキに顔を突っ込みトイレに駆け込んだが・・・

女だってバレない方がおかしい

同室の顧燕幀に女ではないかと疑念を抱かれた謝襄。否定するものの顧燕幀はどう思っているのやら。バレないほうがおかしい環境でどうやって隠し通すことができるのでしょうか?

曲曼婷も良家の子女だった?

今や上海の売れっ子スターとなった曲曼婷。でも実は順遠の良家の子女だったという噂があります。本当なのでしょうか?でも確かに謝襄の親友・譚小珺(タン・シャオジュン)と曲曼婷が友達ですよね。謝襄が良家の子女なら譚小珺もそう、曲曼婷も良家の子女ということになります。だから沈聴白とも昔からの知り合いってことで結婚を迫られているわけですね。

パーティ会場にいる人々

上流回遊のパーティー会場。そこに集まるのは大物ぞろいでした。日本商業会議所の佐藤一夫が来ていましたね。彼はこれからの物語でなにかやらかしそうです。日本商業会議所と言えば李文忠がバッチをつけていましたね。それから顧燕幀も会場にいましたし、 沈聴白
、沈君山兄弟ももちろんいます。仕官学校って確かに上流階級が通う学校なので家柄がよろしい人たちの息子が集まるんですよね。となるとパーティー会場には烈火仕官学校での顔見知りもいるわけで・・・女性だとバレないようにするのは難しい?

郭書亭の過去

射撃の腕が他に並ぶものがないほどの郭書亭。いったい彼にはどんな過去があるのでしょうか?今では飲んだくれですが過去には素晴らしい軍功もあったはず。これから彼の過去も明らかになっていくでしょう。

5話

顧燕幀は沈家で行われたパーティー会場で女性の姿をした謝襄と目が合う。謝襄は急いで逃げ出した。謝襄はやはり女なのではないかと疑惑を深めていく。

一方、沈聴白(シェン・ティンバイ)は日本商業会議所の会長・佐藤が曲曼婷を襲うのではないかと考えて護衛をつける。曲曼婷は順遠での仕事を早く切り上げて上海に帰りたい。そのため軍事演習場で撮影をすることを思いつく。そこには野戦演習をしていた謝襄たちがいた。

実弾の銃声を聞いた謝襄たちは何が起こったのか心配になる。謝襄は黄松と別れて仲間を呼びに行ったが途中で李文忠にたて穴に落とされて気を失ってしまう。黄松と再会した沈君山や顧燕幀。顧燕幀は謝襄が心配になり一人探しに行く。雨が降ってきて意識を取り戻した謝襄は穴から抜け出そうとしていたそこに顧燕幀が到着する。足をくじいた謝襄は仲間に手当をしてもらう。顧燕幀は一人演習場でさまよい曲曼婷と遭遇するも曲曼婷に頭を殴られて気絶してしまう。

沈家のやり方が汚いとうウワサ

顧燕幀は父親から沈家のやり方は汚いからそのうち痛い目に会うと聞きます。そして烈火でも関係を持たないようにと釘を刺されます。3話では沈君山は顧燕幀のことが嫌いでその理由は生き方が羨ましいからと答えました。
今後、顧燕幀と沈君山はどのような関係を持つのでしょうか?

手当をしたのは朱彦リンだった?

足をくじいた謝襄。手当をしたのは朱彦リンだったのかな?顔がよく分かりませんでした。彼は従軍医として戦場に出ていたようです。そして国民みなが戦場をみることになると意味深な言葉を言いますね。これから戦火が拡大して順遠でも戦争が起こることを暗示しているような言葉でした。⇒沈君山でした。

郭書亭の過去

マダムとの会話で「正月7日は念青の誕生日」、「もう20年」ということが出てきました。念青とは郭書亭とマダムの子供なのでしょうか?そしてもう20年ということは念青は成人しているのでしょうか、それともなくなっているのでしょうか?

>>烈火士官学校を視聴するならスカパー!簡単に登録できる方法はこちら!

加入月は無料で視聴可能!

「烈火士官学校」を今すぐ視聴する

6話

足を負傷した謝襄は沈君山に助けてもらう。従軍医だったといい手当をしてもらうおんぶしてもらう。その背中を負ぶわれながら、謝襄は兄のことを思い出していた。一方、顧燕幀は曲曼婷に頭を殴られて、曲曼婷におぶわれて曼婷の叔母宅に運ばれていった。

曼婷が日本人に襲われたと知った沈聴白。武装した部下を連れて日本商業会議所を襲撃。佐藤の妻子を人質に取っていた。曼婷に何かあればただでは済まされないと脅す。

家に戻った曲曼婷は古風な考え方の父親と大げんかし山南酒館でやけ酒。酔った男に絡まれるが顧燕幀が助ける。そこに謝襄と黄松が現れる。謝襄に声をかける譚小珺。なんと3人は顧燕幀と曲曼婷のところへ行くことに。謝襄は双子の妹がいると嘘をつくが・・・

謝襄を助けたのは沈君山だった!

謝襄を助けたのは沈君山。洋行帰りであり、従軍医だったなんて華やかな経歴。そうなると沈君山っていったい何歳なの?確かに士官学校はいつ入ってもいいので何歳でもいいのですが謝襄とかなり年が離れているのかなって思いますよね。そして謝襄は兄の面影を沈君山に見出していますよね。憧れの存在って感じになるのでしょうか?

曲曼婷はああ見えてお嬢様だから顧燕幀のような押しの強い男が好き!

曲曼婷はお金持ちということが分かりましたね。そして父親は芸能活動に大反対していることも分かりました。そして酔っ払いに絡まれたところを顧燕幀が助けます。

曲曼婷は恋愛経験も少ないようでおぼこいところがありますよね。だから絶対顧燕幀のような押しが強いタイプの男性が好きだと思いますよ。

沈聴白の本当の姿が暴露される!

沈聴白って冷静沈着なイケメン。誠実そうに見えてるので順遠の女性の憧れですね。しかし裏の顔はチンピラと変わらないですよね。こういう人とは関わりたくないですね。曲曼婷に首ったけのようですが、それもどうなのかなって。曲曼婷がこっちを向いたら捨てられるのかなっとも思いますよね。とか、亭主関白とか。

謝襄の双子の妹とは?

謝襄と譚小珺はとっさに双子の妹がいると嘘をつく。嘘が見破られそうになるもののなんとか納得してもらうことに成功します。ただ本当のところはどうなのでしょうか?ボロがでそうな気もしますよね。

7話

士官学校での課題。30秒で建物内の地図を記憶し潜伏している兵の攻撃を抜けて自分の番号札を回収してくる訓練が行われる。失敗すれば裸で駆け足の罰。

李文忠(リー・ウェンジョン)が謝襄の札を回収してしまう。それを知った顧燕幀が李文忠を懲らしめて謝襄の札を奪う。

建物内では火災が起こり早く脱出しないと危険な状態に。謝襄は札を回収できないまま、無理やり沈君山に担がれて脱出する。罰が怖い謝襄だったが謝襄の札を持った顧燕幀が出口にやってきて罰を受けないで済む。感謝されると思っていた顧燕幀だったが謝襄は札を奪っておいて渡すなんてと悪態をつく。

沈家の紡績工場で日本人による襲撃があった。襲撃犯は烈火士官学校の牢に入れられる。それを知った朱彦リンらは。襲撃犯を襲おうと計画を立てるが教官に見つかって罰を受ける。

顧燕幀と謝襄らは自分たちのやり方で襲撃犯に罰を与えていた。

山南酒館からの帰り道

山南酒館からの帰り道、車に轢(ひ)かれそうになった謝襄をかばった顧燕幀。そして自分の皮のコートを謝襄にかけてやります。このやりとりから顧燕幀は謝襄が女だと確信している様子。その後の士官学校でも謝襄を守りますね。でも謝襄はいつもいたずらばかりする顧燕幀がまた自分をからかっているのだと思って感謝しないばかりか文句を言ってしまいます。

今のところ顧燕幀の一方通行の愛なんですが謝襄はいつになったら顧燕幀の愛に気が付くのでしょうね。

顧燕幀の妹

女学生の顧燕幀の妹が出てきました。名前は顧期期。この子はこれからドラマの中でどんな役割をするのでしょうか?制服は譚小珺と同じだったかな?

郭書亭の過去・裴年青

今回も郭書亭の過去がちょっと出てきました。郭書亭の部屋の片づけを命じられた謝襄は写真立てに入った写真を目にします。これが裴年青ですね。相関図によると裴年青は故人で郭書亭が好意を抱いていた人物です。そういえばマダムとの会話で年青という名前がでてきました。5話です。

年青は二人の子供ではなく裴年青という女性のことだったのですね。あれから20年という話なのでなくなってから20年ということなんでしょうか?裴年青の写真を見ると良家の子女という感じがしますよね。いったいどんな女性だったのでしょうか?また郭書亭と山南知酒館のマダムとの関係は?

8話

烈火士官学校に留置されていた日本人の放火犯。日本側に引き渡されることを知り学生たちが抗議するも放火犯を乗せた車は学校から出てしまう。沈君山は車を待ち伏せして自分の車を体当たりさせて横転させる。そして火を放つ。放火犯は全員なくなりニュースとして大きく取り上げられた。そのニュースは学生たちの間にも広まる。放火は顧燕幀の妹・顧期期に見られていて、顧期期は沈君山の後を追跡する。

沈君山の元へ英国留学時代の友達・金顕栄(ジン・シエンロン)が訪ねてくる。再会を懐かしむ二人だが、沈君山は金顕栄が変わったことに気が付く。

金顕栄は織田商事の織田秀幸の娘。順遠に来た目的は佐藤から権限を奪い自分が順遠の織田商事を取り仕切り、先の放火犯事件の犯人をあげることだった。

沈君山はやはり沈家の息子、やり方が汚い!

聖人君子のような顔をして沈君山はやはり沈家の息子!やり方が汚いですよね。それにしてもバレないんでしょうか?顧燕幀の父親が沈家の息子に関わるなと忠告した理由がわかった気がしました。

承瑞貝勒(ベイレ)登場!

今回出てきた承瑞貝勒(ベイレ)。貝勒(ベイレ)とは清朝時代の爵位です。恐らく皇族ですね。そうなると承瑞貝勒(ベイレ)はこの物語でどのような役割をするのでしょうか?また金顕栄と親しいようですね。

金顕栄(ジン・シエンロン)とはいったい?

今回初登場の金顕栄。沈君山の英国留学時代の同級生ということで烈火士官学校に沈君山を訪ねてきました。でも彼女は日本人・織田秀幸の娘ということですので中国人なんですが日本人の養女になったということなんでしょう。だから彼女が忠誠を誓うのは日本。沈家と対立してしまいそうです。そして放火犯事件の真相を突き止めるために順遠にやってきたとなると、沈君山が犯人ですからここでも対立してしまいそう。

沈君山は金顕栄のことを変わったと言いますが、沈君山は金顕栄が織田秀幸の養女になったということを知っているのでしょうか?養女になったあたりから変わってきたのでしょうか?

また金顕栄は承瑞貝勒と親しいようです。そうなると金顕栄は皇族の人間なのかなって思いますよね。史実では川島芳子の例があります。川島芳子は清朝の皇族。本名は愛新覺羅顯㺭(あいしんかくら けんし)が川島家の養女に行ったこともありますので、あり得ない話ではないと思いますが、どうなんでしょう。

譚小珺と顧期期は知り合い

女学校の制服が同じかなと思っていたのですが、譚小珺と顧期期は知り合いのようです。バーに来た顧期期は譚小珺のことを姐姐(ジェジェ)と呼んでいました。

9話

体調がすぐれない謝襄は体力試験で不合格を受ける。追試のためグラウンドで自主練習に励んでいた。すると顧燕幀の妹・顧期期が学校に忍び込む。沈君山を見つけ英雄だと褒めちぎる。それを聞いていた李文忠が顧期期があの日見たいことを話すように脅す。謝襄は後ろから李文忠の頭を殴り付け、李文忠は倒れてしまう。

自分が李文忠を○したのではないかと心配になった謝襄。沈君山が現れて事情を聞くと後は自分に任せるように言い残して部屋を出る。幸い李文忠は意識を取り戻す。沈君山は李文忠に口外しないようにと脅しをかける。

謝襄は体力検査の追試を受けてギリギリ合格をもらう。謝襄と黄松は山南酒館に飲みに行く。そこには曲曼婷と顧燕幀がいた。謝襄は譚小珺と仲良くしていると恋人と勘違いされてしまう。違うと否定しても無理で謝襄は譚小珺の家に泊まることができなくなってしまう。

謝襄を守る沈君山

謝襄が李文忠を殴った後、部屋に戻ろうとしたら鍵がかかっていて入れませんでした。それを見つけた沈君山が話を来てやりました。後のことはすべて沈君山が片付けてくれました。頼りになる人物ですね。

沈君山も謝襄のことを気にかけている様子。女だとバレたら恋愛感情に繋がっていくのかと気になるとこです。ただ沈君山は沈家の人間。謝襄が何か悪いことに巻き込まれないか心配です。

沈君山の過去

沈君山の過去が明らかになりました。英国留学から帰国したてという話ですが、英国で医学を収めたあとに帰国して従軍していたってことです。戦場にいたわけですからもちろん人を○しています。

そして李文忠とは先代からの付き合いということだそうです。順遠という狭い街での上流階級のお付き合いは知れているので、沈君山と李文忠は昔からの知り合いなんですね。

顧燕幀の謝襄への恋心

顧燕幀は謝襄が女だと気が付いています。それで謝襄のことが気になるというか好きなんですよね。謝襄が沈君山のことを頼りにしたり、秘密の話をしたりするのが気に食わないようす。そしてバーで謝襄と譚小珺が楽しそうにしているのを見て曲曼婷と黄松は恋人同士だと言いますが、顧燕幀はそう見えないといいます。女性同士が楽しそうにしている様子をオカシイと思わないという感じでした。

曲曼婷のコミカルさ

わがままな自称大スター・曲曼婷!彼女が出てくると場がコミカルになりますよね。今回のドラマはシリアスな場面が多かったので最後に曲曼婷が出てきて笑いを取っていったのがすごくよかったです。人を笑わせるって難しいことなので曲曼婷を演じている女優さんは有能な方なんだと思いました。

わがままで嫌な役なんだけど、なんだから憎めないっていう曲曼婷。演じるには難しい役で

10話

謝襄は譚小珺の家で休暇を過ごす予定だったが、黄松に誘われて海辺の彼の実家に行くことになる。一緒に譚小珺、顧燕幀(、曲曼婷が行くことになる。
顧燕幀が車を出して一行は目的地へ。目の前に海が広がる浜辺の家で休暇を過ごす。隣村の者たちが嫌がらせをして乱闘さわぎになるが、沈聴白がつけた曲曼婷の護衛が現れてごろつき達は逃げていく。

最終日、帰宅するために車に戻るとタイヤが外されていた。そこに運よく金顕栄を乗せた沈君山が車で通りかかる。譚小珺、曲曼婷は乗せてもらい順遠に帰ることに。沈君山のことを快く思っていない顧燕幀は謝襄と黄松を連れて馬車で帰ることにした。

山南酒館のマダムはかつて京劇のスターだった。客の郭書亭に裴念青を紹介された。郭書亭は裴念青と婚姻するつもりだったが別の男の子供を身ごもり結婚するのだという。男に問い詰める男の子ではなく、薬をのまされて乱暴されたのだと言う。

美しいマダムはかつて京劇のスターだった!

マダムの過去が明らかになりました。京劇のスターだったんですね。そして客の郭書亭と知りあいにあったよう。マダムは郭書亭のことを慕っていたようですが、郭書亭の心は裴念青にありました。

郭書亭の過去

郭書亭の過去シリーズ。京劇に通っていたときの郭書亭は辮髪のようでした。そして仕官学校で教員をするとマダムに話していましたね。そして裴念青のための贈り物をみつくろうためにマダムを同行させています。

しかし裴念青は別の男に嫁ぐのだと言います。しかしその男に説いた抱いても自分の子ではないといい、乱暴されたのだという答えでした。それを別の部屋で聞いていた裴念青は倒れてしまいます。

11話

12話

13話

任務で負傷して入院をした沈君山の見舞いに行く謝襄。顧燕幀は面白くない様子で見ていた。わざと大風呂の罰を受けて熱を出す。謝襄に沈君山に渡した粥と同じものが欲しいとねだる。

ある日、急に健康診断が行われることになり狼狽する謝襄。逃げるに逃げられない謝襄だったが顧燕幀が現れて李文忠を殴り騒ぎを起こす。そこにいたものは皆禁固室送りになり難を逃れた謝襄。

一方、金顕栄は人身売買の主犯・武彬を牢から出して告発状を作らせる。その後、武彬を○し新聞社に告発状を持って這っていったように見せかける。

曲曼婷は 沈聴白の濡れ衣を晴らそうと新聞社の主筆・張氏を抱き込もうとすると張氏は何者かに○されてしまう。

顧燕幀の態度が分かりやすい

沈君山を心配する謝襄のことが気にならない顧燕幀は、気を引こうと風邪を引きます。そして謝襄に心配してもらって嬉しがります。どれだけ子供なんだよって感じですよね。

でも謝襄に健康診断を受けさせないように乱闘騒ぎを起こしたり、一途に謝襄のことを心配している様子が可愛らしいですね。

事件は真相に迫ることができるのか?

沈聴白は完全に罠に落ちました。黒幕をあぶりだすことはできるのでしょうか?それにしても曲曼婷が沈聴白のために奔走している姿が印象的。わがままなスターですが根は正義感あふれる善人なのでしょうね。

14話

順遠商工会議所前では爆破事故の遺族たちが集まり、新聞は首謀者は沈聴白だと書き立てる。しかし曲曼婷の指示で武の恋人を演じた人物、武の門番役の男の証言で黒幕は日本人ではないかと考える記者も出てきて、沈聴白のことを好意的に書く新聞も現れる。

宿舎の水が出なくなり部屋でシャワーを浴びることができなくなった謝襄は共同浴室に行く。誰もいないことを確認して鍵をかけて裸になるが、沈君山が入ってくる。

宿舎を断水させたのも鍵をこじ開けたのも李文忠の仕業だった。

焦った謝襄だからどうすることもできない。そこに顧燕幀が登場してなんとか切り抜けるが、顧燕幀に裸を見られてしまう。

いつから気づいていたのかと聞くが、顧燕幀はなんとなくはぐらかし、謝襄が自分に気があると言い張る。謝襄と顧燕幀は取っ組み合いの喧嘩になるが、そこに、曲曼婷が現れる。曲曼婷は沈聴白のために慈善ショーを行うので手伝いに来るように言う。

会場のパリモキャバレーは何者かに荒らされ従業員も負傷。食材も届けられなくなり曲曼婷の衣装も燃えてしまう。何者が仕組んだかのように。

しかしここで黙っている曲曼婷ではなくそれぞれに的確に指示を出しなんとかショーができる体制に整える。

謝襄は顧燕幀に裸を見られる

とうとう謝襄は顧燕幀に女だとバレてしました。元々知ってたのですが、謝襄がそれに気がついたってことですね。ショックを受ける謝襄ですが、顧燕幀は謝襄が自分に惚れていると勘違いしています。

顧燕幀は謝襄のことを気に入っていますが、謝襄の心は?これから顧燕幀に傾いて行くのでしょうか?

それにしても謝襄がピンチのときに必ず現れる顧燕幀ってカッコいいですよね!

曲曼婷の根性かいい

曲曼婷ってあんな見た目だから嫌な女のようですが、沈聴白のために証言を偽装させる人物を雇って沈聴白を助けます。男前な曲曼婷ってかっこいい女性なのかも知れません。

今度は慈善ショーを開くのだとか。それを織田商事の金に阻止されそうになりますがなんとか間に合わせでショーを開催するところまでこぎつけます。なんだかこの根性がすごいなって思いました。良家の子女なのに芸能の道を志しただけあって、なかなかやるなあって思いました。

金顕栄

金顕栄は沈聴白を陥れることはしますが、英国留学時代の友達・沈君山のことはかばい立てします。ではもし運搬車両の爆破が沈君山がやったと分かったら金顕栄はどうするのでしょうか?

日本人は悪者

このドラマは中国ドラマ。そして中国が列強に蝕まれ内戦へと突入していく時代の話。ということで日本国や日本人は悪役で描かれていますね。なにか事が起これば日本人の仕業ではないかと疑います。それほど日本って悪い国だったのでしょうか、と日本人の私は思ってしまいます。まあ中国のドラマなので仕方ないですかね。

15話

慈善ショーはようやく開演へ。警察の何氏、なくなった新聞社の主筆・張氏の息子に話をさせ沈聴白の無実を訴える。曲曼婷は記者の質問に自分の想い人が沈聴白でなく顧燕幀だと言う。顧燕幀が迷惑だと言うが曲曼婷は自分のことを好きだと疑わない。

キャバレーの外に出ていた謝襄は暴走した車にひかれそうになるが沈君山が助ける。

年末の休暇で謝襄は北京に帰る。汽車で林憲偉という男に会う。

慈善ショーをやり遂げた曲曼婷

慈善ショーをやり遂げた曲曼婷。そして沈聴白の無実を正々堂々と主張したことで観客から拍手喝采を受けます。姉御肌というかとってもたくましい女性ですね。

曲曼婷と顧燕幀

曲曼婷は顧燕幀が自分が好きだと疑わないナルシスト。しかし顧燕幀は曲曼婷のことに興味がありません。顧燕幀は謝襄のことが好きですからね。

あー、曲曼婷が謝襄が女性だった分かったらどんな反応をするのでしょうか?また顧燕幀が謝襄のことを想っていると知ったらどうなるんでしょう?

曲曼婷は謝襄を疑う

曲曼婷は謝襄が女が好きではない男色なのかと疑います。それを譚小珺に話すと女性の勘のほうが鋭いから気付かれたのではないかと心配します。

林憲偉

今回の最後に出てきた林憲偉という男は、謝襄よりも年上のよう。そしてカバンを大切に持っていました。このカバンの中にはどのようなものが入っているのでしょうか?

16話

年末年始の休暇を北京の実家で過ごすことにした謝襄。そこに顧燕幀がやってくる。謝襄の心配をよそに顧燕幀は謝襄の両親を褒めちぎり好青年ぶりを見せつける。謝襄の両親は顧燕幀のことが大層気に入った様子だった。

翌朝、顧燕幀は北京の旧宅に誘い、8歳のときになくなった母のことを話す。近所では愛国心あふれる学生たちがデモの相談をしていた。そこに日本人が現れて相談を阻止しようとする。逃げ出した学生たちは顧燕幀と謝襄がいる家まで逃げてきた。謝襄は学生の一人が汽車で出会った林憲偉がいた。

そこに警察が入ってきて学生と顧燕幀と謝襄は拘束されてしまう。その一部始終を金顕栄が車の中から見ていた。

顧燕幀は叱ってくれる女性が必要

顧燕幀はなくなった母のことを謝襄に教えます。そう考えると顧燕幀は謝襄に対してずいぶん心を開いているってことですよね。そして母にはよく叩かれたという話をして謝襄は愛があるから叩くんだって答えます。

顧燕幀は御曹司ですから継母や使用人は本気で叱ってくれる人はいません。期せずして同部屋になった謝襄は女なのにも関わらず顧燕幀のことを本気で叱ってくれます。

そうなると顧燕幀は謝襄のことを母みたいだと思って信頼しますよね。そしてなくなった母の代わりに守ろうとします。そんな感情が顧燕幀にはあるのかなって思いますね。
あとは顧燕幀はいたずらが大好きで謝襄にいつもちょっかいを出しますが、これも母の気を引こうとする小さな男の子みたいな感じもしますね。母の反応が面白くていたずらばかりする男の子。顧燕幀の精神年齢は8歳のままで止まってしまっているのかも知れません。

謝襄はなぜ林憲偉が日本に留学していたのか分かった?

今回、謝襄は汽車の中で出会った林憲偉が日本に留学しているがなぜわかったのでしょうか?その前に酒を飲んだ日本人が女性を追いかけています。そのときの日本人が日本語を話していました。それを林憲偉が理解できたからってことなんでしょうか?

林憲偉が大切にしていた鞄の中身は血書の連判状

汽車のなかで林憲偉が鞄を大切に持っていました。その中身は日本に留学している学生仲間の連判状でした。確かに大切なもの。仲間の思いが妻った連判状は絶対になくしてはいけないものですね。

デモの理由は二十一ヵ条の要求と日本の青島占領に反対

学生がデモを起こす理由は日本からの中国へ突きつけられた二十一ヵ条の要求と日本の青島占領反対というものでした。欧米列強もやりたい放題だったと思うのですが日本だけが悪者って感じですね。

ドラマは日清戦争、日露戦争のあとの時代です。小国だと思っていた日本が野心むき出しにして今後、中国を狙っているという時世ですね。
さあて、日本憎しの感情はどこまでエスカレートしていくのでしょうか?

顧燕幀と謝襄はダンスを踊っていた?

顧燕幀にダンスの相手をして欲しいと言われた謝襄。タダではダンスを踊らないと答えましたが、学生たちが現れてたとき二人は近づいてダンスを踊っていたようでした。うーん、仲がいいですね。

顧燕幀の忠告はいつも正しい

顧燕幀は謝襄に林憲偉と関わるなと忠告します。以前も烈火士官学校に日本人が連れて来られたときに関わるなと忠告しましたね。そう考えると顧燕幀は時流が読めると言うか、今後も展開を読むことができますね。だから顧燕幀の忠告はいつも正しく、謝襄を守っているように感じます。

17話

留学生と金顕栄の手下の日本人の襲撃。乱闘騒ぎの後に謝襄と顧燕幀は学生たちと一緒に警察に捕らえられてしまう。顧燕幀が機転を聞かせて一人だけ脱走に成功する。父・顧宗堂はその話を聞いて顧燕幀を気絶させて南京行の列車に乗せてしまう。これ以上関わると命の保証がないからだ。列車の中で目を冷ました顧燕幀は列車から飛び降り北京に戻る。

警察では金顕栄の息のかかった署長・宋茂公は捕らえられている謝襄と学生全員の○害を命じられた。謝襄と学生は護送者へ。車が立往生した隙に脱走を試みる。銃撃戦ののち、学生たちは次々となくなり謝襄は林憲偉から血判状を託される。その場に顧燕幀が登場して警察を○し生き残った謝襄を連れて逃げる。

血判状を託された謝襄はなくなった兄のことを考えていた。そして学生デモに参加しまた捕らえられてしまう。父が保釈にやってくるが家から出ないように命じられる。

顧燕幀は署長・宋茂公のことを知っていた!

顧燕幀は署長・宋茂公のことを知っているようでしたね。また父・顧宗堂ももちろん宋茂公のことを知っていました。顧燕幀は宋茂公のことを○してしまいました。父・顧宗堂はどうやって証拠隠滅をしたのでしょうか?

血判状を託され兄のことを思う謝襄

たまたま居合わせただけなのに林憲偉から血判状を託されて謝襄。血判状を受け取るってかなり重い行為ですよね。それを自宅で眺める謝襄。そして兄の言葉を思い出します。謝襄の兄と林憲偉の行為が重なるんでしょうね。国のために誰かがやらないといけない、確かに自分の行為は小さなことでも誰かがやり始めないと行けない、ということで謝襄は反対デモに参加します。

そう考えると謝襄は兄の遺志を継ぐため?に烈火士官学校に入りましたが、烈火に入らなくてもやり方はいくらでもあったということではないでしょうか。林憲偉のように学問やデモに参加して国難に立ち向かうという道もあったと思います。

父からはデモ参加への禁止、そして学校退学を示唆されました。謝襄は無事に烈火に戻ることができるのでしょうか?

顧燕幀の祖父は何者?

今回初登場のキャラが顧燕幀の祖父ですね。顧家は南京の出身ということも分かりました。祖父は使用人から大旦那様と呼ばれていました。どうも政治にも関心があり、学生デモにも寛容。国を思う気持ちもかなりあります。今は引退されているのでしょうか、現役で仕事をされている方でしょうか?どうも政府関係者のような感じがしますね。党幹部でしょうか?お金もあり身分もある顧家の大旦那。さていったいどのような思想を持った人物?顧燕幀に協力的なのでしょうか?

18話

謝襄は北京の実家に居づらくなり順遠に帰ってきてしまう。大晦日の夜、烈火士官学校で一人寂しく過ごす。学校の近くを歩いていた沈君山は寮に明かりがついているのを目撃して謝襄の部屋にやってくる。

同じ頃、顧燕幀は南京で謝襄を想いながらワイングラスを傾けていた。曲曼婷は順遠のホテルにて一人寂しく大晦日を過ごしていた。夜になりホテルのルームサービスで夕食を多能も従業員はほとんど休んでいて食事が出せないと断られる。ホテルを人力車に乗り行きつけのレストランに行くとごちそうが次々と運ばれてくる。びっくりした曲曼婷だったがこれはすべて沈聴白からのプレゼントだった。

北京から順遠から列車に乗った金顕栄。同じ列車に承瑞貝勒(ベイレ)が乗っていることを知り会いに行く。なんと14年ぶりの再会だが、承瑞貝勒は快く思っていない様子。そして妹の頼みなら聞いてやるが織田商会の会長からの頼みは聞けないと断る。

義州郡から順遠に貨物が送られる。中身は円明園から流出した宝物。それを武田から金顕栄は受け取って横流しする予定だった。承瑞貝勒は山南酒館のマダムに大金を積み宝物を奪って欲しいと持ちかける。

顧燕幀の想い

南京にて謝襄を想いながら杯を傾ける顧燕幀。それもワイグラス2つを用意してそれぞれにワインを入れます。そして一方だけ飲み干します。もう一方は謝襄のためのお酒ってことですね。なんだかやることがキザなんだけどシューカイが演じるとカッコイイですね。

それほどまでに想っている相手から嫌われている顧燕幀ですが、謝襄の心も少しずつ顧燕幀に傾いているように感じます。今後の二人はどうなるか、そしてそこに沈君山がどう絡み合ってくるのかが楽しみです。

曲曼婷を思いやる沈聴白

一人でお正月を迎えようとしている曲曼婷に精一杯のご馳走を用意させる沈聴白。愛情表現が金持ちって感じでいいですね。まあ曲曼婷は顧燕幀に惚れているので意にも介さないかも知れませんが。

金顕栄の「これから助け合うときが来るかも」の意味

金顕栄は承瑞貝勒と過去になりかあったようです。それから本当の兄妹なのかも気になります。金顕栄は織田の養女となっていますのでこの当たりの事情と承瑞貝勒との過去も関連してくるのかも知れません。

金顕栄は国を売って日本のために働いているようですが、これが本当の姿なのでしょうか?養女としての立場ですが本当は清朝復興を目指しているとか、そういうことはないのでしょうか?承瑞貝勒を兄と呼ぶからには金顕栄だって元々は貴族のお嬢様のハズ。

「これから助け合うときが来るかも」でピンと来たのは清朝最後の皇帝・溥儀のこと。日本は溥儀を傀儡として満州国を建てますね。この件で金顕栄と承瑞貝勒が助け合う日がくるのではないでしょうか?

承瑞貝勒の夢

清朝が滅び、皇族だった承瑞貝勒は平民になりますが今までと同じように貴族として暮らしています。そんな承瑞貝勒の夢は清朝復興のようですね。

また焼けてしまった円明園の宝物が欧米列強に渡るのは許しがたいです。自国の先祖が作った宝物をなぜ海外に渡さなければならないのか。承瑞貝勒としてはなんとしてでも阻止したいことでしょう。

大福晋とは?

大福晋という人物が出てきました。承瑞貝勒の母のことで金顕栄の育ての親のようです。ですが金顕栄は大福晋のことを嫌っている様子でした。

マダムって何者?

マダムは承瑞貝勒から貨物の中身を奪う仕事を依頼されていました。今までもこのような仕事を引き受けてきたような感じでしたね。ではいったいマダムって何者なんでしょうか?純遠で顔が広いことは分かりますが、それ以上のことは謎に包まれていますよね。

19話

承瑞貝勒は流出した円明園の宝物が日本人の手に渡るのを防ぐため奪還を試み、山南酒館のマダム・霍小玉に依頼をする。

いつまでも士官学校に戻らない顧燕幀に代わり李文忠が謝襄の部屋を使うと言いだす。一緒に寝たくない謝襄は外で一夜を過ごし風邪をひいてしまう。次の日の訓練で失神した謝襄を介抱した郭教官は謝襄の秘密に気付いてしまう。ばらすつもりはなかくなぜ謝襄が軍人になろうとしたのか理由を聞きたがった。

顧燕幀の婚約が新聞で大々的に報じられて皆の知るところとなった。南京にいる顧燕幀は脱走未遂を起こす。そこに順遠にいるはずの曲曼婷が南京にやってくるという情報を知り南京駅に迎えに行く。彼女を伴って婚約者・董氏に会いに行く顧燕幀だった。

承瑞貝勒が円明園の宝を奪還する理由

その理由をマダムには明らかにしませんでしたが、宝の中に皇帝の金印があることがわかりました。金印が一族以外のものに渡るのを防ぎたい様子でした。では承瑞貝勒は金印を手にして清朝を復活させて自分が皇帝になりたいのでしょうか?

マダム・霍小玉

マダムは宝の奪還の案件を受けます。そして部下に命じて役割分担をしました。マダムっていったいどうしてこんなことができるのでしょうか?裏の顔がこんなにスゴイなんて・・・

顧燕幀の婚約

顧燕幀の婚約に動揺する謝襄も可愛かったですね。あとこの結婚に興味がない様子の顧燕幀。そして急いで南京に駆けつけた曲曼婷。曲曼婷の事を想いながら彼女の意志を尊重する沈聴白。そして婚約者の董氏。これらの人物の思惑が複雑に絡み合っていました。さあてどうなるのか?曲曼婷は顧燕幀を上手く順遠に引き戻すことができるのでしょうか?

学生たちが南京に集まって・・・

学生たちは日本の二十一ヵ条の要求に反対するデモを南京で開くと言う。それは顧燕幀の婚約式が南京で開かれるため、官僚たちは南京に集まっているからだと言います。どれだけすごい家の御曹司なんだろう、顧燕幀って感じですね。

学生たちは曲曼婷の味方だと言っていましたので、曲曼婷の手伝いをして顧燕幀を順遠行きの列車に乗せてくれるのかも知れませんね。

20話

顧燕幀のために南京にやってきた曲曼婷。二人は顧燕幀の婚約者・暁晩たちに対して親密さをアピールして婚約解消しようと躍起になっていた。

薬の輸送を手伝うことになった謝襄たち4人。車の故障で任務を中断して列車で順遠に帰ることになった。その列車は円明園の宝を乗せた列車だった。車内で銃撃戦が起こり謝襄たちは2手に別れて逃げることに。謝襄と沈君山は山に逃げるも狩用の縦穴に落ちてしまう。翌朝猟師がやってきて引き上げてもらい、猟師の家で一泊することになった。荷物の整理をしていると謝襄の鞄の中に見慣れぬ袋があり中身を取り出してみると皇帝の金印だということが分かる。列車でぶつかってきた男が鞄に入れたようだ。

顧燕幀と曲曼婷

二人は息の合った演技を見せて周囲へ仲睦まじい姿を見せつけていました。これにより曲曼婷は本気で顧燕幀が好きになってしまいそう。でも顧燕幀は謝襄のことが好きで。でも謝襄は沈君山と二人きりで過ごし距離を縮めています。これからどうなるのでしょうか?

沈君山は謝襄を気遣う

今回は沈君山の回でしたね。前回、紀瑾が学校に男装した女がいるという話をしてから沈君山は謝襄のことを疑っています。そして今回は二人きりで過ごすことになり、沈君山は謝襄のことをかなり気遣っていましたよね。沈君山は謝襄のことを女として見ていて守ってやりたいと考えているということです。

謝襄は沈君山のことを想っている

謝襄のほうはというと、女として沈君山のことを慕っているという感じですね。また兄に似た雰囲気の沈君山のことを尊敬しているって感じです。でも謝襄は沈君山はが自分が女だとバレていないと思っているので両想いになることはなさそう。ではいつ沈君山は謝襄が女だとハッキリ知るのでしょうか?こうなると謝襄を巡って沈君山と顧燕幀が対立する三角関係になりそうです。

21話

婚約パーティーの当日、逃げられないと観念していた顧燕幀だったが開宴間際に曲曼婷がバイクで乱入。顧燕幀を連れ去ってしまう。曲曼婷は思い切って告白するが顧燕幀は好きな人がいると言って断る。それを車の中から遠くで見ている沈聴白。

一方、猟師の家に一泊した謝襄と沈君山は猟師と娘の案内で下山する。途中で列車の男たちが現れて銃撃戦に。猟師は凶弾の倒れ脚を撃たれた謝襄は捕らえられる。それを知った沈君山は腕を負傷しつつも謝襄を助け出す。二人は病院に入院する。

謝襄が行方不明になったことを知った顧燕幀はその晩の列車で順遠に向かう。

しくじった列車の男はあの列車に偶然、沈君山が乗っていたと話す。

曲曼婷は顧燕幀に振られてしまう

今回、曲曼婷は顧燕幀にハッキリと振られてしまいました。怒らせた理由の一つは電話を代わりにでていたにも関わらずその内容を言わなかったから。謝襄が行方不明だと知れば顧燕幀は血相を変えて順遠に帰ってしまうことが分かっていたからなんでしょうね。

一人街のベンチに残された曲曼婷。ずっとその場から動こうとしません。その一部始終を遠くから見ていた沈聴白。雪が降ってきて沈聴白は車から降りて自分のコートを曲曼婷に掛けてあげます。

なんだか泣けるシーンですね。沈聴白の優しさがグッと伝わってくるシーン。これで曲曼婷は沈聴白に心を開くのでしょうか?

金印の行方は?

さあ、金印をめぐっての動きはどうなるのでしょうか?謝襄が持っている金印は誰の手に渡るのでしょうか?

金顕栄と沈君山

金顕栄はあの列車の中に偶然とは言え沈君山がいたことにビックリします。さてこの二人の再会はどうなるのでしょうか?沈君山は金顕栄の変わりようにビックリするって感じでしょうか?

22話

謝襄の病室に霍小玉がやってくる。お見舞いというものの、本当の目的は謝襄が持っている皇帝の金印だった。うまく巾着をすり替えた霍小玉は金印を手にする。霍小玉はすぐに承瑞貝勒の元へ。金印は栄王府が手にした。しかし霍小玉は仕事は最後にしたいと言う。

次に金顕栄が病院にやってきて沈君山を見舞う。沈君山から話を聞き出した金顕栄は謝襄の病室にやってくる。謝襄の鞄から金印が入っている巾着を盗む。ジェームズと言われる男に金印を売りつけようとするが偽物と分かって交渉は決裂し激怒する。

謝襄の病室に沈君山が来て世話を焼いているところに顧燕幀がやってくる。二人の様子を見た顧燕幀は嫉妬して飛び出してしまう。病院から飛び出した顧燕幀に出くわした曲曼婷。曲曼婷は父のせいですべての仕事をキャンセルさせられてしまう。

謝襄はようやく金印が入った巾着がなくなっていることに気が付く。一番怪しいのは金顕栄だと踏んだ謝襄は金顕栄に近づく。金顕栄は手に刀の稽古のまめがあることがわかり、ますます怪しいと感じ始める。

霍小玉と金顕栄が病院でニアミス

順遠病院で霍小玉と金顕栄がニアミスしたのが良かったですね。霍小玉は金顕栄がこの件に絡んでいることを知っています。しかし金顕栄は霍小玉のことを知りません。そして霍小玉の方が一歩先に謝襄から金印を奪うことができました。これから霍小玉と金顕栄の美しい二人のバトルもあるんじゃないかと思い期待してしまいます。

金顕栄の恋の行方

金顕栄は沈君山のことが好きなんですよね。入院した沈君山をかいがいしく世話しています。しかし沈君山は気がない様子。金顕栄は沈君山に織田の養女になった話をしていないようです。これから物語が進んでいくうちにこの件を話さなければいけない時がくるでしょう。そのときに沈君山はどう反応するのか。そして金顕栄の恋は無残にも散ってしまうのでしょうか?

承瑞貝勒はいったい何をしたい?

承瑞貝勒は「自分のことを陰謀をめぐらす末代の王と思っているのか」と霍小玉に聞きます。霍小玉は「王朝復活を狙う将軍」だと答えます。それではどちらが本当の姿に近いのでしょうか?

曲曼婷はどうなる?

恋に破れ、仕事もなくなった曲曼婷はこれからどうするのでしょうか?男運が悪いことはわかったけど、仕事運までなくなってしまうとこ踏んだり蹴ったりですね。またここで沈聴白が手を差し伸べるのでしょうか?

23話

謝襄が退院を迎えた日、沈君山の代わりに金顕栄が車を出し学校まで送り届けてくれた。謝襄は密かに金顕栄の車の後をつけると織田商事の建物に入っていった。

一方、謝襄と沈君山が親しげにしているのが気に入らない様子の顧燕幀。謝襄にいら立ちをぶつけて怒らせてしまう。失恋したと勘違いした顧燕幀はバーでやけ酒。話をきいたバーテンの小六から彼女が好きな男を演じればいいとアドバイスを受けて、やってみることに。

金顕栄は栄王府について沈君山に聞き出す。そして大福晋の誕生祝いに沈君山が行くことを知る。金顕栄は栄王府で何か事を起こすつもりだが沈君山に知られないように部下に命じる。

謝襄は金顕栄を疑いはじめる

金顕栄の後を追いかけたらなんと織田商事の建物に入っていきました。これは一大事ですね。こうなるとやはり金顕栄が怪しいとなります。

金顕栄は沈君山にも自分の家に招待していないのだとか。隠しているのですね~~

顧燕幀のコミカルな動き

顧燕幀は謝襄に好かれるように沈君山の真似事をしだいします。その動きがコミカルすぎてかなり笑えます。シューカイってこんな演技もできるのねって面白過ぎました。

金顕栄は栄王府で何をする?

金印が承瑞貝勒の手にあると知っている金顕栄。栄王府で金印奪還のために何かをやらかすつもりです。でも愛する沈君山には見られたくないと思っている当たりが乙女って感じでいいですね。

24話 栄王府の祝宴

謝襄は織田商事の屋敷に行き屋敷から出た車を自転車で尾行。すると沈君山の家へ向かっていた。沈君山は英王府に行くために車を出し織田商事の車は沈君山を尾行していることが分かる。そこで銃撃戦が始まり謝襄も加勢。

栄王府では大福晋の誕生祝いが行われていた。宴もたけなわのところ金顕栄が乗り込んできた。祝いの品は棺だった。金顕栄の目的は金印。金印のためならば○人も厭わないよう。金印を見つけた金顕栄は撤収する。
金顕栄は織田商事に戻り部下が沈君山を襲ったことを知り激怒する。

余興の呼ばれていた曲曼婷は栄王府で○人を目撃してしまう。刺客が「顕栄様」というのを立ち聞きした。

承瑞貝勒はマダムに会って金印を取り戻してほしいと言うが、マダムは断る。

夜の街で偶然肩が当たった曲曼婷と郭教官。郭教官は曲曼婷に見覚えがある様子。曲曼婷は後日、烈火に郭教官を訪ね謝襄に護衛を頼みたいと言いだす。

謝襄は金印が消えたことを沈君山に話して、金顕栄が怪しいと言うが沈君山は信じなかった。

袴と日本刀

袴と日本刀で○人するわけだからこれって日本人だってバレるじゃん!

金顕栄が酒を地面に注いだ作法はいったい?

中国では霊廟や墓の前で酒を左から右に地面に向かって注ぐ行為をします。金顕栄も今回これをやりました。これは死者に対するはなむけの行為。つまり大福晋を○すか栄王府を滅ぼすという意味合いでした。この好意をみた承瑞貝勒の父・栄王は驚愕の隠せない様子でしたね。

栄王府と金顕栄

栄王が語るには幼い頃に引き取った情があるといいます。しかし金顕栄は母親がなくなったときに栄王府を去ります。それで大福晋をいまだに恨んでいるのだと言います。

王府に引き取られるくらいですからやはり皇族なのでしょうか?また大福晋と金顕栄はいったいどんな確執があるのでしょうか?これから明らかになると思います。

曲曼婷と郭教官

郭教官はなぜ曲曼婷のことを知っているのでしょうか?父親の名前まで知っていました。どういう知り合いなのか気になりますね。

25話 護衛任務

曲曼婷が謝襄を護衛を付けて欲しいと頼み郭教官がOKする。そこに呂教官もやってきたが協力するようにと快く依頼を受け入れる。翌日曲曼婷が謝襄を呼びに学校にやってくると金顕栄に出会う。彼女が栄王府で大福晋に演技でもない棺を贈った人物だと確信する。そのことを謝襄に話しているところを金顕栄は聞いてしまう。

曲曼婷が謝襄を連れて行った場所は良家の子女が集まる乗馬場だった。しかしそこで金顕栄の配下が銃を撃ちだす。謝襄は応戦するが・・・

学校に戻っていた謝襄は沈君山が金顕栄の車で出かけたことを知り後をつけると二人は栄王府の前に車を留めて話し込んでいた。学校に戻ってから謝襄は沈君山に金顕栄には気を付けるように言うが沈君山は信じない。

山南酒店では金顕栄の配下が謝襄と毒○しようとし失敗。そして店内で曲曼婷を狙って銃を撃つが郭教官が代わりに腕を負傷してしまう。

曲曼婷の父親はいったい何者?

曲曼婷の父親・曲懐書とはいったい何者でしょうか?郭教官は曲曼婷を見て懐かしそうな顔をし、呂教官も曲懐書の名前を聞くとビックリしたような顔をしました。確かに曲曼婷の家は裕福な家のようですからお父様も大物ってところなんでしょうか?それとも昔、軍にいた人物で郭教官も呂教官もお世話になった人物なのでしょうか?

自分の過去を沈君山に話した金顕栄

金顕栄は自分の生い立ちを沈君山に話しました。中国人ではなくて日本人だったのですね。そして8歳の頃に父親が栄王府で働くがなくなってしまう。可愛そうに思った栄王は母娘を引き取り、娘を養女にします。(だからそのときに金顕栄が日本人だと知っていた?)しかし大福晋は金顕栄の母と栄王の仲を疑って母は病でなくなります。そして娘の金顕栄は屋敷をでて各地を放浪、最終的に織田秀幸の養女となります。

私はてっきり金顕栄はもともと中国人なんだけれども何かのきっかけで日本人の織田秀幸の養女になったと思っていたので予想が外れました。

金顕栄がもともと日本人であり、かつ大福晋に虐げられてしたということなら中国人を憎む気持ちも分かりますね。

承瑞貝勒が奪った金印は承瑞貝勒にとっては宝。でも金顕栄に取っては大金と交換できるただの金の塊なのでしょう。

26話

紛失していた金印がオークションに出されることを知った謝襄。顧燕幀、黄松、沈君山と共に曲曼婷の護衛として会場に潜入する。オークションは栄王府を陥れるための罠。栄王府は金顕栄の要望通り、栄王、大福晋、承瑞貝勒がやってくる。会場には栄王府などの元皇族に加えて承瑞貝勒の依頼を受けた霍小玉たちもやってくる。
沈君山と謝襄はオークションを中止するために停電を起こす。手癖の悪い黄松は会場の博物館の小部屋に行き金印を盗み出すことに成功する。

停電によりオークションは中止になり、栄王府の大福晋が姿を消していた。

金顕栄の狙いは大福晋?

金顕栄の狙いは大福晋なのでしょうか?大福晋に謝罪させたいってことでしょうか?

金印の行方

金印を持っているのは謝襄。激しい銃撃戦のあと金顕栄の配下のものが生きていて襄の金印を狙っています。いったい金印はどうなるのでしょうか?

27話 射抜かれた的

オークション会場で金印や財宝を盗んだ謝襄たち。急いでホテルの部屋に戻るが金顕栄の手下からはげしい銃撃を受ける。報告を聞いた金顕栄は沈君山を助けるために車で駆けつける。謝襄たちは車に乗り安全な宿に届けてもらう。沈君山は金顕栄を送り届けると言って車に残る。しかし沈君はやっと金顕栄のことを疑い始め、宿に戻る。しかし謝襄たちは山南酒館のマダム・霍小玉に勧められて宿を移動していた。

後日、栄王は金顕栄の元へ。射場にて夫人(大福晋)を返してくれるように懇願する栄王に対して金顕栄は的の中央に当たったら返すと言う。栄王は中央に矢を当てるが的の後ろには大福晋が縛られ射られていた。

曲曼婷は謝襄、顧燕幀、黄松、沈君山を誘い山南酒館へ。水しか飲まない沈君山を顧燕幀は挑発するが、沈君山は下戸で1杯飲んだだけで酔いつぶれてしまう。学校に戻り介抱する謝襄。そんな謝襄を意味ありげな顔で見つめる沈君山だった。

沈君山の心

沈君山は自分が謝襄のことを好きだと言うことを自覚し始めていますね。しかし謝襄は男。なので自分が病気なのかと心配しています。謝襄は女だとバレていませんが、やはりバレていなくても沈君山は好きになってしまったんですね。

沈君山は金顕栄を疑い始めた

やっとやっと金顕栄のことを疑い始めた沈君山。そして宿に戻ると危ないところをマダムが救ってくれましたね。

これから二人の関係はどうなるのでしょう。関係が悪化することになるのでしょうか?

金顕栄はどれだけ恨みが深いのか

栄王府に対しての恨み。それは大福晋だけに向けられていたのだと思っていましたが、栄王にも向けられていました。栄王は悪行をしていたそうですが、過去にどのような悪いことをしていたのでしょうか?皇族ですから皇帝の後ろ盾があればやりたい放題だったのでしょう。しかし世は変わり清朝はなくなりました。今は静かに暮らしているのでしょうね。老後は夫人とともに静かに暮らせればよかったのですが・・・

28話

自分は謝襄が好きなのか気持ちの整理がつかないまま、病欠をとり実家に帰る沈君山。織田秀幸が中国入りをし祝宴に招待される。兄とともに行くと和服姿の金顕栄がいた。真相を知った沈君山は怒りを向けそうになるが押さえる。金顕栄はすがるが振り切って去ってしまう。

一方、黄松は“謝香”に会うために連日女学校に通い詰める。謝襄が女性の姿をして出向けると盗品のアクセサリーをプレセントする。後日黄松は“謝香”を誘い舞台へ。劇団には謝襄の先輩がいた。主役の女性が怪我をしてしまい謝襄は代役として出ることに。そこにスポンサーの兄の代わりに沈君山が現れる。舞台が終わり沈君山は一目散に楽屋へと向かう

和服姿の金顕栄

今回金顕栄は初めての和服姿でした。日本人としての正装ですものね。ただ気持ちの着方が本当に残念。未婚のお嬢様ならあそこまで襟を広げないですよね。なんだか遊女っぽい着方でした。お嬢ならばしっかりと襟を詰めてきたほうがいいです。着物を着付けできる人材が中国のドラマ界隈にはいないのかなって思い残念でした。

金顕栄と沈君山

とうとう沈君山に自分の正体がバレてしまった金顕栄。恋をしているので言いだしにくかったということで最悪なバレかたでしたね。沈君山は大人なので怒りをぶつけることはありませんでした。でももう友人として二度とあわないってことですよね。

29話 スケートとリンゴ

楽屋で謝襄は隠れたため沈君山には見つからずにすんだ。

曲曼婷が学校に行くと顧燕幀の妹・期期に出会う。そこで顧燕幀が誕生日だと知る。自分の誕生日と同じことに運命を感じる曲曼婷。一方的に顧燕幀を誘う。

顧燕幀は自分の誕生日を謝襄と祝いたいと考えてビルの屋上にローラースケート場を作る。スケートができないふりをして謝襄に教えてもらう。しかし謝襄は用事を思い出したとして帰ってしまう。

曲曼婷は顧燕幀を待ち続けたが顧燕幀は来なかった。レストランを出ると郭書亭の車が。郭書亭は曲曼婷にバースデーケーキを用意していた。

学校に戻ってから顧燕幀の誕生日のことを知る謝襄。プレゼントは用意できなかったがリンゴに蝋燭をつけて顧燕幀のために誕生日を祝ってやる。

郭書亭は金印を斉氏に頼み南方に避難させる。

曲曼婷の誕生日を祝わない理由と郭書亭

叔母がなくなった日が自分の誕生日ということでした。つまり叔母というのは裴念青のことなのでしょうね。そして裴念青の子どもが曲曼婷ってことなるのでしょうか?

郭書亭は曲曼婷に付きまとっていますが、ここまでくると異常な感じですよね。

30話 顧家の危機

学生集会に参加し収監されてしまった弟のために黄松は謝襄から借金をしようとする。謝襄は譚小珺(タン・シャオジュン)に借金を頼み込む。バーの帰り道に重傷を負った沈君山を見かける。急いで病院に連れ込むが執刀できる医師が不在で日本人のある医師ならば手術できると言われる。

織田商事では織田秀幸が下した沈君山の○害命令に納得ができない金顕栄は織田秀幸を日本刀で○してしまう。

謝襄は沈君山襲撃に金顕栄の関与を察し日本商業会議所に乗り込む。しかし金顕栄は関与を否定、代わりに日本人の医師を手配する。手術は無事に成功する。謝襄は学校を休み沈君山の看病をし、そこに顧燕幀がやってくる。燕幀は南京に帰ることにしたと別れを告げに来たのだった。

曲曼婷は久しぶりに仕事が舞い込んだがまた元ピン婷に主役の座を奪われてしまう。

沈君山襲撃

今回、織田秀幸の指示で沈君山が襲撃されました。それを知らなった金顕栄。織田秀幸の指示で動いた人物を追っています。顔見知りの犯行だと金顕栄は言っていますがいったい誰なのでしょうか?

顧家の危機

顧燕幀の父親は条約締結間近で窮地に立たされています。北京にいると順遠にいる顧燕幀と期期を守ってやることが出来ないため、南京に返すことを命じます。そして顧燕幀は謝襄に別れを告げに行きます。

謝襄に対する顧燕幀の気遣い

顧燕幀は寮の部屋に別の人間がやってくることを見越して謝襄が沈君山を慕っているならば教官に頼み込んで沈君山を同部屋にしてもらうように言います。

また烈火を卒業しても女である謝襄は前線に行く必要はないし、軍属につきたければ自分に言えばつけてやると言います。どこまで謝襄想いの顧燕幀なんだろうって思いますよね。でも謝襄の気持ちは沈君山に・・・顧燕幀は片思いのままです。

あと謝襄のボタンは顧燕幀が取って自分のものにしていました。このまま二人は離れ離れになってしまうのですが、どうなるのでしょうか?顧燕幀が烈火に復籍することはあるのでしょうか?

逆境にあっても曲曼婷は曲曼婷

また新しい仕事が曲曼婷ではなくて元ピン婷の手に。それでも曲曼婷は曲曼婷で大スター気取りです。そして自分で仕事を作るために営業の電話もしていましたね。そんなところが曲曼婷はいつでも曲曼婷なんだなって思いました。這い上がる力を持っている強い女性ですよね。

31話 ピアノと告白

顧燕幀の父・顧宗堂が二十一ヶ条要求を受諾したことにより避難のデモが街で繰り広げられていた。烈火の学生たちも顧燕幀の荷物に火をつけようと知るが謝襄が止めに入る。火がつけられようとしたときに、南京に帰るはずだった顧燕幀が現れて学生たち一蹴りにする。部屋に戻った顧燕幀は謝襄を抱きしめ、「愛している」と言う。

翌日から始まった熱烈なラブレター攻撃に困惑した謝襄だったが顧燕幀をかばう発言をし始めていた。

黄松はお金の工面ができそうだと言うが、顔にあざをつくったり夜中まで出歩いたりして謝襄は気になる。

顧燕幀は夜の校庭にピアノを置き、その周りを蝋燭と花で飾る。そしてピアノを演奏し謝襄に「誕生日おめでとう」と言う。たまたま烈火に来た曲曼婷は自分のために用意してくれたサプライズだと勘違いしてしまう。

謝襄を諦めきれなかった顧燕幀

一度は沈君山に謝襄を譲ろうと考えたがやはり謝襄を自分のものにしたいと気が変わった顧燕幀でした。その求愛行動がストーカーまがいなのが笑えます。

でもピアノの演奏はちゃんと考えて計画を立てたんだなって思いましたね。北京で謝襄を顧家の旧宅に案内をしたときに、母の道楽の話をしつつ「誕生日おめでとう」は「愛している」と同じだと話したことを思い出し、謝襄の誕生日におめでとうを言います。

今回は顧燕幀が謝襄にハッキリと愛の告白をしました。こうなると謝襄も顧燕幀のことが気になって仕方がありません。これから二人はどうなるのでしょうか?それと沈君山の気持ちはこれからどうなるのでしょうか?

沈聴白は婚約解消を申し出る

沈聴白と曲曼婷は婚約をしています。沈聴白は曲曼婷に顧燕幀が好きなのかを聞き、曲曼婷が肯定すると婚約解消を申し出ます。曲曼婷は喜びますが、沈聴白の心はどうなの?曲曼婷の心は顧燕幀にありますが、顧燕幀は謝襄のことが好き。ならば絶対に曲曼婷は振られてしまいます。最終的には曲曼婷は沈聴白と落ち着いて欲しいなって気がしますね。

黄松は賞金稼ぎをしている

黄松はお金を工面するために体を張って賞金稼ぎをしているということでしょう。謝襄に借金したくないという彼なりの心遣いでしょう。でも毎日出歩いて殴り合いをしていたら学校生活にも支障がでそうです。教官に怒られる日が来るのではないかと心配ですね。

烈火士官学校を見るならスカパー!簡単3ステップですぐに視聴できる方法はこちら!

32話

顧燕幀から誕生日祝いをされた謝襄。二人は学校中の噂になる。謝襄は恥ずかしく思うが顧燕幀は人の目など気にする必要はないと言い張る。学校に来ていた曲曼婷は急いで立ち去る。

金顕栄は謝襄のことを調べ上げ、謝良辰が二人いることを知り、烈火の呂教官に密告の手紙を送る。李文忠はその手紙を盗み見して謝襄の正体を知る。また郭教官はその手紙を握りつぶし謝襄に早く退学したほうが身のためだと諭す。

一方、沈君山は支援している北京の劇団から謝良辰と謝襄のことを聞く。

霍小玉が付き合っている男とは?

バーに来ていた映画監督が霍小玉のことを目で追っていましたね。その監督と付き合っているのでしょうか?心配した郭教官は忠告しますが霍小玉は聞き入れませんでした。

謝襄の正体を知る人間が増えていき・・・

はじめに謝襄の正体を知ったのは顧燕幀、次に郭教官でした。そして金顕栄、李文忠、沈君山までも正体を知ってしまいました。これから謝襄はどうなる?無事に烈火を卒業できるのでしょうか?

33話

沈君山は謝襄の素性を調べ上げ、謝襄が女性であることを突き止めうれしい様子。

譚小珺(タン・シャオジュン)に強引に誘われて謝襄は他の女学生たちと一緒に馬場へ出かける。意地悪なお嬢様学校の他校生に入場を阻まれてしまう。

そこへ沈君山が通りかかり謝襄たちは馬場へ入ることができた。女性姿の謝襄は沈君山をまともに見ることができないでいた。
烈火仕官学校では盗難事件が多発していた。各部屋を調べ上げると黄松のベッドから大金が見つかってしまう。黄松は自分で稼いだ金だと言い張る。そこに顧燕幀がやってきて自分があげた金だと言う。

沈君山は学校に復帰する。食堂で謝襄のとなりの席を顧燕幀と争う。謝襄は沈君山のためにノートを貸し出そうとするが顧燕幀がノートを紙飛行機にして飛ばしてしまう。拾い集めたノートを沈君山に手渡すと沈君山は謝襄の妹を口説いてみせると言う。

沈君山がうれしい顔をする

沈君山は自分の知っている謝襄が女だと分かりうれしがります。そうです、それまでは自分が男色(同性愛者)ではないかと心配していたからです。晴れて謝襄が女と知って自分のものにしようとします。今まで沈君山はいつも寡黙で表情変化がなかったのですが謝襄が女だと知って笑顔を見せるようになります。それもステキだなって思いました。

沈君山と顧燕幀で謝襄の取り合い

沈君山が学校に復帰してから沈君山と顧燕幀で謝襄の取り合いが始まります。謝襄は沈君山と顧燕幀という用心棒を得て李文忠に嫌がらせをしても怖くありません。なんだか可愛らしい謝襄。そして恋に燃える沈君山と顧燕幀と二人の男子。目が離せません。

沈君山と謝襄

沈君山は女性の姿の謝襄にわざと兄と一緒に食事に招待すると言い、男性の姿の謝襄に対しては、妹のことが気に入って口説き落とすと言いますね。これも絶対にわざとで謝襄を試しています。謝襄は沈君山のことが好きなのでドキッとしてしまいましたよね。

こう考えると謝襄と沈君山は両想いなんですよね。でもここに顧燕幀がどうやって入ってくるのか、楽しみなところです。

曲曼婷と沈聴白

沈聴白は曲曼婷との婚約解消を正式に曲家に申し込みました。その後、酒を飲んで悲しみにくれる沈聴白。私は曲曼婷のような自由奔放な女性は沈聴白のような包容力のある大人な男性が合うと思うんですよね。だから本当は二人はお似合いのカップル。曲曼婷が早く沈聴白の魅力に気付いてくれることを期待しています。

大人な対応をした顧燕幀

黄松の盗難疑惑で大人な対応をした顧燕幀。かっこよかったですよね。ただ黄松はいったいどうしてお金が必要でいつも怪我をして帰ってくるのでしょうか?私は賭け事で試合に出ているのだと思いましたが、もしかしたら高利貸しにお金を借りて返せなくなっているという線なのでしょうか?

それにしても顧燕幀の力を借りて解決してしまえばいいのですが、真面目な黄松はそれをしないで自分で解決しようとします。ある程度のところで引かないと大事になりそう。最悪の事態は退学処分ですよね。

34話 格闘場の掟

沈君山は女性の謝襄に会いにいくと言い、わざと謝襄を誘い出す。沈君山は女学校前で女性の姿の謝襄を車で拾って劇場へ。二人きりの貸し切りバレエを上演させる。

黄松が外出するときに後をつけた謝襄たち。黄松は地下格闘場に入っていき「コオロギの黄」というリングネームで試合に出ていた。試合後に黄松は投獄された弟の保釈金をオーナーが工面してくれて、その借金を返すために試合に出ていたことを明かす。

顧燕幀は父の名を出してオーナーに掛け合うが、足を洗うためには「生死拳」という決闘をして勝つ必要があると言う。

顧家の威光

顧燕幀は父の名前を出して黄松を救い出そうとしますが、黄松は自分で解決すると言って聞きません。そして生死拳に出ることになってしまいます。義理堅い黄松ですが、融通が利かない人間でもありますね。

謝襄を口説き落としたい沈君山

沈君山は謝襄が女性だと分かって謝襄に熱烈アプローチをはじめました。謝襄はどう感じているのでしょうか。やはりうれしいって感じなのでしょうか?もしこの二人の行動を顧燕幀が知ったらどうなるのでしょうか?顧燕幀は嫉妬にかられそうです。

35話 特殊任務

黄松の生死拳の相手は体格の良いロシア人だった。黄松は謝襄らが見守る中、最後には勝利を収めることができたが、背後から卑怯な反撃を受けて勢い余って相手を攻撃。相手は後頭部を強く打ってしまい○んでしまう。仲間のロシア人は激怒しリングで乱闘騒ぎになってしまう。事件は警察から軍の指令府に伝わり、呂教官の立場は危うくなる。

謝襄らは禁固室に入れられる。呂教官は状況を打開するために謝襄らに特殊任務を与える。それはアヘン密売人を見つけ出し○す任務だった。

黄松役の役者さんの鍛え上げられた体

びっくりですよね。黄松役の役者さんの筋肉がすごかったです。ここまで鍛え上げるには相当な筋トレや食事制限を必要です。美しい体を見られてよかった!!

特殊任務

中国では清朝末期に外国からもたらされたアヘンが大流行しました。ドラマの時代にはアヘンは取り締まり対象になりましたが、それでもアヘンをやっていた庶民がいたんですよね。そのアヘンの密売人を○す特殊任務の命を受けた謝襄たち。どうやってこの任務を遂行するのか、次回が楽しみです。

36

アヘンの密売人をなきものにする極秘任務を課せられた謝襄たち。 計画を立て着実に実行していくが密売組織の者たちに反撃に遭う。 じゅうで撃ち打ち返すものも相手の人数は多い。ピンチに陥った謝襄たちだったがそこに郭教官が現れる。郭教官は謝襄たちを助けだし、警察と憲兵隊を巻き込み、 黒幕がいる屋敷へ。

激しい○撃戦が行われ、黒幕は唐突に身柄を確保された。入院先の病院で黒幕は金顕栄の手へ。金顕栄は黒幕を順遠から逃がそうとし、列車の時刻をリークする。それを知った山南酒館のマダム・霍小玉はこの件から手を引こうとするが仲間がリーク先に行き捕らえられる。

金顕栄黒幕の○体を栄王府に送り黒幕は栄王府に手を下されたと世間に思わせることに成功する。また金顕栄はいつも自分の邪魔をしてきた人物が霍小玉だと分かると山南酒館に姿を現す。

激しい○撃戦

相手は阿片の密売人なので何があっても秘密を守ろうとしています。そのため謝襄たちは命の危険にさらされます。白昼堂々街中で○撃戦が行われました。郭教官が現れなければ謝襄たちは本当にどうなっていたかわかりません。謝襄たちにとって郭教官は命の恩人。いつも酒を飲んでいますが、本当は心根の優しい人物なんでしょうね。

郭教官と呂教官

郭教官と呂教官の教官を比べると呂教官のほうが品行方正、厳格、郭教官はいい加減な人物というイメージでしたが、実は呂教官のほうが性格が悪いってことがわかりましたね。郭教官のほうが熱血漢、学生を必死に守ってくれる心の熱い人物ということがわかりました。

今回の騒ぎはすべて郭教官が責任を取るということになりました。ではいったいこれから郭教官にはどのような処分が下されるのでしょうか。そして謝襄たちは郭教官を守ることができるのでしょうか。

金顕栄と霍小玉

金顕栄はずっと自分を邪魔してきた人物が霍小玉だとわかります。そして金顕栄は霍小玉が経営するバーにやってきます。二人のそれぞれの威圧感は相当なもの。さあこの辺りの女性の対決はどちらが勝利するのでしょうか。

私としては霍小玉に勝利してもらいたいところですけれども、金顕栄は悪知恵が効きますのでこの勝負はどうなるかが気になるところです。

37

金顕栄こと織田顕栄は山南酒館に乗り込み、帰り際に重傷を負った小六を引き渡す。曲曼婷は顧燕幀を映画の撮影場所に連れていく。顧燕幀をおだてていなくなった主役の代役を務めさせる。顧燕幀は謝襄にスイーツと花を買って帰る。送るという約束を反故にされた曲曼婷だったが一晩待ち続ける。顧燕幀に迎えに来てもらい家まで送る。そこで顧燕幀にきっぱりと断られる。

譚小珺は謝襄をダンスパーティーに誘う。謝襄は女性の姿で仮面パーティーへ。仮面をつけた沈君山にダンスに誘われた一緒に踊ることに。

曲曼婷の傷心

今度こそはきっぱりと断った顧燕幀。曲曼婷の心はかなり傷ついてしまいます。曼婷にとってかなり本気の恋だったということでしょう。

謝襄は沈君山とダンス

仮面パーティーで謝襄は沈君山とダンスを踊ります。これって沈君山が仕組んだパーティーなのかなって思いますよね。ダンスと言えば謝襄は北京で顧燕幀とダンスを踊ったことがありましたね。

38話

踊った相手が仮面を取り沈君山だと分かると謝襄は慌てて逃げ出す。しかし考えてみると前から秘密を知っていたようだった。譚小珺に相談をすると自分の気持ちに正直になるようにと言われる。

烈火士官学校に戻ると沈君山の差し金で謝襄は部屋を移ることなる。帰ってきた顧燕幀は謝襄がいないことが分かり学校中を探し回る。

顧燕幀は謝襄に振られてしまい謝襄の制服から奪ったボタンを捨ててしまうが夜の密かにボタンを探す。バーから帰ってきた謝襄はボタンを見つける。

自分の心に顧燕幀がいることに気が付いた謝襄は沈君山に自分の気持ちを伝えることを決意する。

部屋を移ることになった謝襄の心は?

沈君山の差し金で部屋を移ることになった謝襄。顧燕幀は沈君山の差し金だと気が付くが謝襄は自分の意志だと言い張ります。謝襄は沈君山を慕っているように見えて、顧燕幀のことも気にかけています。顧燕幀と喧嘩して自分の気持ちに気が付きます。

顧燕幀は一番先に謝襄が女性だと気が付き、ずっと謝襄を守ってきました。その想いに応えたいのでしょうね。

ということは沈君山が謝襄を口説こうと熱烈アプローチをかけたことで、謝襄は自分の気持ちに気が付いたってことなんですね。

40話 敵施設への潜入

日本軍の施設に潜入した謝襄は譚小珺を見つけるために日本人医学生に扮して施設内を探す。

途中で青年・陳卓を救出し譚小珺と3人で施設を脱出することに成功。謝襄は大けがを負い手術をする。入院している順遠病院に顧燕幀がやってくる。探し続けても謝襄が見つからず、守ってやれなかったことを詫びる。その夜顧燕幀はホテルのバーで酔いつぶれる。朝になって曲曼婷が見つけるも曲曼婷はこれから北京で仕事。曲曼婷は北京に顧燕幀を連れていく。

狙われている譚小珺は蘇州へ、謝襄は北京へ旅立つ。謝襄は街に出るとさらわれてしまう。それを偶然見かけた顧燕幀は後を追う。

謝襄の腕前

ドラマのはじめは劣等生でだった謝襄はこの頃から銃の腕前もあがり、武術も上手になります。日本人を打ち倒すところはアクションヒーローのようでした。

顧燕幀が見つけたボタン

この回ですごくよかったのは顧燕幀がボタンを見つけるところですね。誕生日に謝襄の制服のボタンを盗んで紐に通して大事にしていたのですが、なくしてしまいます。実は謝襄が見つけて取っておいたのですが。

謝襄がさらわれた現場にはそのボタンが落ちていて、顧燕幀の心が熱くなるっていう展開でしたね。

病院に見舞いにきた顧燕幀を謝襄は温かく迎えましたし両想いになったってことですね。これから二人はどうなるのか、気になりますね。

新キャラの陳卓

新キャラの陳卓が通訳だったということでしたね。だから情報を握っているから逃げ出されては困ると金顕栄が話していました。

陳卓がこれからドラマでどのような役回りをするのか気になります。予想としては謝襄が陳卓に接触して金顕栄と日本人の情報を引き出すって感じかなと思いますがどうなのでしょうか。

41話

誘拐犯を蹴散らして無事に帰宅した謝襄。母から顧燕幀が自分を探してくれていたことを知って街に飛び出す。倒れこんだ顧燕幀は謝家で介抱される。そこに事件を新聞で知った沈君山が血相を変えてやってくる。顧燕幀と沈君山は謝家で気まずい顔をしていた。急いで通訳の陳を探す為に動いた謝襄たちはロシア人が別の部屋を借りていたことを聞かされる。
一方、日本軍の宮沢中将は織田顕栄を叱責する。逃げた通訳官を探し出す命をだす。部屋に行くとほどなく織田顕栄の配下がやってくる。謝襄は秘密の手帳を持ち出し部屋から逃げると織田顕栄と一騎打ちになる。

アン・ウェンと打ち解けた李文忠は食事に行く。

再会したときの顧燕幀の顔

謝襄と再会したときの顧燕幀の顔がよかったです。涙をツーっと流しにこりと笑って倒れるという一連の流れ。俳優シュー・カイの演技力が光ったシーンでした。

織田顕栄の任務とは?

今回は地質学者がキーワードのようです。ロシア人の地質学者が何かを探して、それを横取りしようと言う計画のようです。

地質学者が関連していて日本軍が欲しいモノとはなんでしょうか?石炭、石油、火薬の原料など鉱物資源ってことなんでしょうね。

42話 土地の争奪

ロシア人地質学者が遺した手帳は2冊あり、1冊は織田顕栄の前で燃やしてしまったがもう一冊は謝襄が持て知多。解読する石墨鉱という製鉄に使用する鉱物の分布図が記されていた。

この石墨鉱を使うことで鉄の生産量を飛躍的に向上でる故、日本人が狙っているのだろうと謝襄たちは推測する。

織田顕栄は白市長に連絡し公用地になっている石墨鉱の鉱脈がある土地を譲ってほしいと言う。顧燕幀は顧家と沈家が協力して採掘事業を始めようと考えた。

織田顕栄と顧家から同じ土地の譲り受けて欲しいと連絡を受けた白市長は困り果ててしまい土地を競売にかけることに。しかし土地は承瑞貝勒が高値で落札する。織田顕栄はそそくさと会場を後にする。会場にいた沈聴白は承瑞貝勒と話をつけて採掘事業に出資してもらうことに。

この事業のために北京から呼ばれた教授たちが○で撃たれたり、採掘現場を爆破されたりと織田顕栄の嫌がらせは続く。

織田顕栄は承瑞貝勒に近づき、土地を引き渡すように要求する。その直後、承瑞貝勒と栄王は○で狙撃されてしまう。

承瑞貝勒と栄王を○したのは織田顕栄の配下にあった日本人でしたね。今は宮沢中将の元にいるそうで、二人を○したのは織田顕栄への手土産なのだとか。

採掘事業はどうなる?

栄王府の二人がなくなり、事業の後押しをしてくれる人物がいなくなった沈家。事業を続けることはできるのでしょうか?

・承瑞貝勒と栄王を○したのは?

織田顕栄は二人に対して愛憎がありますが、この時ばかりは放心状態でしたね。元は優しい心を持った人間のようでした。ただ織田家に養女に入り、織田の人間としてやるべきことをやるという使命を持った段階で心を捨てたのでしょう。

44話 波乱の卒業式

禁固が解けた顧燕幀は黄松の墓に向かう。そこには李文忠が来ていて事実を聞く。顧燕幀はまず日本商工会議所に行き、織田顕栄と会う。そして藤原一郎を捕らえて連れてくるから、石墨鉱事業から手を引くように要求する。

顧燕幀が向かった先は西郊外の中田倉庫。藤原一郎を探しだし織田顕栄のもとへ連れていく。織田顕栄は仇をうち、顧燕幀は始末される予定だったが、烈火の同期が現れて顧燕幀を守る。

卒業式のために訪れた張司令官は烈火から革命軍に清朝の金印が渡っていたことで呂教官らを叱責し調査を命じる。卒業式典が始まり張司令官が祝辞を述べようと立ち上がったとたん、胸を押さえて倒れ込む。

その隙に金印が盗まれたことが分かる。烈火は封鎖され憲兵隊に包囲される。内部の犯行だと全員が調べられることになり、謝襄は自分は女だと言う。

司令官・張錫侯は毒を盛られてなくなった。容疑は謝襄にかけられ○刑囚が収容される場所に収監されてしまう。新聞にも男装して烈火に入学したことが出てしまう。

あの日李文忠も外に出ていた

そうかあ、襲撃があった日、李文忠はトイレにこもっているハズが外出して肉を食べに行っていたことが分かりました。そしてその足で持ち場に戻ったと。それで尾行されてしまったということですね。

藤原一郎

執拗に藤原一郎は織田顕栄と烈火の学生のまわりで暴れていましたね。つまり顧燕幀は織田顕栄と共通の敵である藤原一郎を手土産に鉱山事業から手を引くことを飲ませました。この辺りは顧燕幀は交渉上手そうです。

清朝の金印

この話はもう終わったと思っていたのですが、ここにきて話が戻ってきましたね。そしてまた清朝の金印が紛失してしまいました。私は張司令官・張錫侯に付き添っていた宋西成があやしいと思いますが、どうでしょうか。

女だと宣言した謝襄

卒業式のときに自分は女だと暴露した謝襄。これだけならば身分偽装で済むはずでしたが、張長官がなくなり容疑をかけられてしまった謝襄。誰かが助けてくれることになるのでしょうか?

45話

謝襄のいる監獄の前で夜まで待ち続けた顧燕幀は結局会うことは叶わなく、看守に手紙と差し入れを渡す。帰宅した李文忠は父と叔父の話を聞いてしまう。叔父は張司令官の死因と自分の関与を話し、帰宅途中に○されてしまう。李文忠の父は一家で順遠を離れることに。列車の切符を買いに行った李文忠は安雯の生花店と顧燕幀の屋敷に行く。

駅で良心に別れを告げて順遠に残る李文忠は黄松のかたき討ちをするために日本人と戦うがなくなってしまう。

謝襄の○刑は執行され烈火の学生たちは抗議をしていた。しかし沈君山だけは謝襄は生きているのではないかと考える。

李文忠もなくなるなんて!

黄松の次に李文忠もなくなるなんて思っていませんでした。それだけ闇に深く入り込んでしまったということなんでしょうね。

46話

顧燕幀が救出の手を差し伸べたおかげで謝襄は生きていた。郭書亭の元に身を隠し、戒厳態勢の街から抜けだす機会を顧燕幀と共に待っていた。

隠れ家にしていた山南酒館に突然、曲曼婷が訪ねてくる。自分の出生の秘密を知ってしまった曲曼婷は郭書亭が父親なのかと問いただすつもりだった。

次にやってきたのは沈君山。顧燕幀と謝襄が始終手をつなぎお互いを信頼している姿を見せつけられて身を引くことを決意する。

沈君山

残念ながら沈君山の恋は実りませんでした。顧燕幀と謝襄が仲良くしているのを見れば、自分がいくら頑張っても謝襄の心を取り戻すことはできないと考えたんでしょうね。

でも考えてみれば謝襄は顧燕幀のことを悪友って感じで思っていて、沈君山に心惹かれていた時期もあったハズ。沈君山の猛烈アプローチで謝襄は自分が顧燕幀のことが好きなんだと気が付きました。と考えると沈君山の役どころって寂しいものでしたね。

曲曼婷

曲曼婷は郭書亭が自分の本当の父親なのではないかと思って訪ねていきました。でも聞き出すことができずに去っていきます。曲曼婷って普段は男みたいに威勢がいいのに、こういうときにはモジモジしてしまって結局、言いだせないんですよね。そんな曲曼婷って本当に可愛らしい女性だなって思います。

曲曼婷は顧燕幀に振られtしまいました。やはり 沈聴白と婚姻するのでしょうか。

安雯

安雯はノートに李文忠のことを「大切な人」と書いていました。それを見た李文忠はその部分をちぎってしまいます。そうすれば自分がなくなっても安雯が悲しまなくてすむからってことでしょう。

李文忠

李文忠は物語のはじめに主人公の謝襄と対立していまいます。しつこく謝襄に嫌がらせをして、秘密を暴こうともしました。まったく嫌なヤツって感じでしたが後半になると仲間を大切にする良いヤツに変わっていきましたよね。まさか黄松のかたき討ちをするなんて思っていませんでし、なくなるとは・・・とっても残念な展開でしたよね。

47話 烈火の惨劇

卒業任務を与えられた烈火の学生たち。しかしそれは指令部が仕掛けた罠だった。それに気が付いた呂教官は山南酒館に連絡する。電話を受けた顧燕幀は一人、作戦実行場所に行き郭教官に事情を説明する。その後、敵との○撃戦が始まる。多くの○傷者が出て学校に戻る。そこに宋副司令官の配下が郭教官に反乱の罪を負わせてその場で○す。

謝襄は烈火に行き、腰にダイナマイトをまいて学生を解放するよう要求する。顧燕幀がいなくなったことで心配する謝襄は街の橋で座り込んでいた。そこにボロボロの姿になった顧燕幀がやってくる。

郭教官

郭教官は結婚を機に退職するハズでしたが、作戦が始まり指揮を執ることに。そしてなくなります。革命党に情報を流したということで霍小玉との関係を疑われたということでしょう。

酒ばかり飲んでいた郭教官でしたが学生たちには慕われていましたね。烈火はこれからどうなるのでしょうか。

謝襄と顧燕幀

顧燕幀がいなくなり不安になる謝襄。色々な思い出が頭の中を駆け回り・・・するととなりに顧燕幀がやってきます。

顧燕幀ってこういうヤツですよね。本当に大変なことをしてきても平気な顔をしてやってくる。紀瑾も助け出したしやることはやる男ですよね。

>>スカパー視聴方法を分かりやすく解説!簡単ステップで30分で視聴可能!!

48 最終回 炎は消えず

織田顕栄は沈聴白をかつて謝襄が潜入した日本軍の施設に連行する。そこでは呂中忻が○問を受けていた。織田顕栄は沈聴白と呂中忻に自分の味方になるように言うが二人は拒否。

烈火の学生は武装して潜入。迎撃されるが霍小玉が砲撃し学生たちを援護する。織田顕栄は爆弾ボタンを押し、直後に建物外に残った朱彦リンに射○される。

呂中忻の矜持

ただ宋副長官の天下でもよかった、日本人に中国を荒らされるのは嫌だったと言っています。軍人としての矜持があったのかどうか、定かではありませんが、中国は中国人のものという気持ちはあったのだと思います。

霍小玉

霍小玉は栄王府の元臣下・裴順に頭をさげて協力を取り付けました。そして学生を援護して郭教官の仇を討ちました。女性ながらあっぱれな女傑ですよね。

沈君山

沈君山は織田顕栄に○を向けているときに、顕栄か沈君山と結婚して幸せになりかったと言ってもまったくひるむことがありませんでしたね。それだけ恨んでいたってことと、沈君山の中ではイギリス留学時代の友・織田顕栄はすでに過去の人だったということでしょう。

この戦が終わって沈君山は紀瑾とともに烈火の教官になります。国を思う気持ちには変わりがないってことですよね。留学して医学を修めたものの軍人になるってなかなかできないことです。自分の意志を貫く沈君山はカッコイイ!どうかいい人と結婚して幸せになってほしいです。

謝襄と顧燕幀

謝襄と顧燕幀は烈火を後にします。二人は北京に戻ったのでしょうか。手をつなぐ二人の前途が明るいものであってほしいですよね。

曲曼婷と沈聴白

よかったなと思ったのが、曲曼婷と沈聴白の二人ですね。上海にいった曲曼婷ですが順遠の沈聴白の元に帰ってきました。辛いを思いばかりしている曲曼婷を大きく包み込めるのは沈聴白だけだと思います。幸せになってね!

これだけの犠牲を出して・・・ドラマ全体の感想

今回のお話は日本人という悪とそれと結託した軍部が士官学校の学生と戦うという物語でした。主人公の周りにいた黄松、李文忠、郭教官などがなくなり、びっくりな展開になりました。中国全土が戦いに突入していくあの時代を士官学校を通して描いた作品。時代の情勢が読めない暗い時代でしたが烈火の学生は猛烈な愛国心を持っていましたね。そこに恋愛要素も組み入れられていて、とてもよい作品だったと思います。

ただこうやって中国国内ではドラマの悪役を日本軍として抗日の洗○が行われているのかなって思いました。ただの物語として見れば楽しいですが、日本人としては複雑な気持ちです。

烈火士官学校~ステキ男子とイケメン女子見逃し配信は?視聴方法

ただいくら烈火士官学校のあらすじネタバレをご紹介したところで見逃してしまった!という場合には、面白くないですよね。

そんな方でも大丈夫!烈火士官学校の見逃し配信の情報をご紹介します。まだ見逃し配信ができるサービスはないのですが、これから配信が予想されるのがU-NEXTです。(2022年10月21日時点での情報です。最新の情報は公式サイトでご確認ください。)

U-NEXTならバイ・ルーとシュー・カイの他のドラマ動画を無料で視聴することもできますよ。(一部の動画は有料です。)

また登録してから31日間は無料期間なのでバイ・ルーとシュー・カイの動画をエンドレスに視聴することもできます。

詳しくはこちらの記事で解説していますのでぜひご覧ください↓

烈火士官学校見逃し配信! 無料視聴はどこでできる?