エンタメ

Kバレエ クレオパトラ2022のチケット入手方法は?キャストや上演時間は?

Kバレエ クレオパトラ2022のチケット入手方法は?キャストや上演時間は?

Kバレエカンパニーのクレオパトラが2022年秋に上演されます。公演は10月26日から30日まで東京・Bunkamura オーチャードホール、11月3日に大阪・フェスティバルホール、7日に北海道・札幌文化芸術劇場 hitaruとなっています。

とうことでチケットの入手方法が気になります。またキャストや上演時間の情報も知りたいですね。

本記事ではKバレエカンパニーのクレオパトラ2022のチケット入手方法やキャスト、上演時間、それから熊川哲也の特別出演はあるのかについてご紹介しています。興味がある方はぜひご覧ください。

Kバレエ クレオパトラ2022のチケット入手方法は?いつから発売?

公式サイトではMY bunkamura(インターネット販売)と電話、チケットカウンターでの販売があると掲載されています。MY bunkamuraに関しては2022年5月28日から先行販売が先着順で実施されており、一般販売は6月18日から実施されています。ただし本公演に限って、チケットカウンターでの販売はない模様です。また調べたところによると「TBSチケット、チケットスペース、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス」などでも販売されているみたいです。

Kバレエ クレオパトラ2022のチケット入手方法は?ぴあで取れる?

チケットぴあでも発売されるようですが、ネットで申し込むなら「MY bunkamura」という本公演を主催している団体が提供しているオンラインチケット申し込みサイトで申し込む方がいいと思います。

大手のチケットぴあと比べれば知名度と信頼性では劣るかもしれませんが、主催団体の提供しているサイトなので間違いないですし、年会費や申し込みした際の手数料などもかからないのでとても良心的で経済的な方法で申し込めると言えます。

Kバレエ クレオパトラ2022のキャストは誰?熊川哲也は出る?

主役のクレオパトラ役は日髙世菜、飯島望未、浅川紫織の三名が演じます。その他アントニウス役は「堀内將平、山本雅也、栗山廉」の三名、オクタヴィアヌス役は「山本雅也、石橋奨也、杉野慧」の三名、オクタヴィア役は「小林美奈、成田紗弥、岩井優花」の三名、プトレマイオス役は「吉田周平、関野海斗」の二名、ブルータス役は「石橋奨也、杉野慧、奥田祥智」の三名、ガイド役は「酒匂麗、本田祥平、栗原柊」の三名、ポンペイウス役は「ニコライ・ヴィユウ・ジャーニン」、ジュリアス・シーザー役は「熊川哲也、遅沢佑介」の二名が演じます。

ご覧のとおり、熊川哲也さんはシーザー役として出演されます。50歳になられて熊川哲也さんは主役はされませんが、こうやって特別出演してくれるので、見に行きたいと思われるかたも多いと思います。

Kバレエ クレオパトラ2022の上演日程・スケージュール、上演時間は?

スケジュールは前半後半に分かれていて、前半の10月26日〜10月30日は毎日公演され、うち10月29日は1日2公演行われます。また後半の11月3日〜11月7日は11月3日に2公演、11月7日に1公演というスケジュールになっています。上演時間は全ての公演で45分間です。

前半公演は全て東京のmunkamuraオーチャードホールにて行われ、後半公演は11月3日が大阪フェスティバルホール、11月7日が札幌文化芸術劇場hitaruにて行われます。

Kバレエ クレオパトラ2022のあらすじや音楽・DVDはあるの?

クレオパトラはプトレマイオスと共に王政を敷いていたある時、ローマを支配していたシーザーとポンペイウスの間に戦争が起こり、その戦いに敗れたポンペイウスをクレオパトラが保護しました。しかし彼女のせいで政治が腐敗していると考えたクレオパトラの弟たちにポンペイウスは殺害され、また彼女も命を奪われかけ命かながら逃げます。彼女はシーザーの元に逃亡するのですが、そこでまたポンペイウスの時と同じようにシーザーに対してアピールをし… 公式HPより引用

というようなあらすじがあります。劇中の音楽、DVDに関する情報はありませんでした。