エンタメ

呪術廻戦 舞台のリセールはある?チケット抽選の倍率は?

呪術廻戦 舞台のリセールはある?チケット抽選の倍率は?

呪術廻戦 舞台のチケットについて調査しました。なかなか手に入らないチケットということでリセールなどはあるのか、そして抽選の倍率についてもご紹介しています。

呪術廻戦 舞台のチケットリセールや抽選倍率について興味がある方はぜひご覧ください。

呪術廻戦 舞台のリセールはある?

呪術廻戦の舞台は、チケトレによって、公式リセールの対象となっています。チケトレは、舞台チケットに当選したけれども、当日に行けなくなってしまった人が、別の人にチケットを売却できるシステムです。

そのチケトレのサイトをこまめに確認していれば、呪術廻戦のリセールチケットが手に入る可能性があります。チケトレでやり取りができるのは、公演開始10日前までのチケットです。原則として、券面に記載されている額でのやり取りとなるため、人気が高い呪術廻戦の舞台であっても、不当に価格が釣り上げられることはありません。

そして、チケトレで購入したリセールチケットには、スマートフォンで提示できる購入証明書が発行されるので、安心して入場することが可能です。

3. 見出し2:呪術廻戦 舞台のチケット抽選の倍率は?

呪術廻戦の舞台のチケット倍率は、大体28倍前後だと予想されます。呪術廻戦の舞台は、東京の天王洲銀河劇場と、大阪のメルパルクホール大阪の2か所で行われます。天王洲銀河劇場の1回の収容人数は746人で、公演回数は25回です。メルパルクホール大阪の収容人数は1010人で、公演回数は16回となっています。

つまり、全ての公演を合計すると、3万4810人分のチケットが販売されることとなります。そして、アニメ映画である呪術廻戦0の総動員数は、約970万人でした。多くの作品では、舞台を見たいという人の数は、アニメ映画を視聴した人の1割程度だとされています。そのため、970万人の1割、およそ97万人の人が、呪術廻戦の舞台チケットに申し込むと考えるのが妥当です。

したがって、倍率は97万÷3万4810で、27.7倍ということになり、誤差を考えて25倍から30倍程度だと考えておくと良いでしょう。

呪術廻戦 舞台のストーリーや見どころは?

呪術廻戦の舞台は、特別な身体能力を持っている高校生の虎杖悠仁が、ひょんなことから特級呪物を身体に取り込んでしまったため、東京都立呪術高等専門学校に編入して呪術を学んでいくというストーリーです。

原作漫画に沿った内容で、舞台に合わせた脚本が作られています。その呪術廻戦の舞台は、キャスティングされて俳優が豪華なのが魅力です。メインキャストである虎杖悠仁役の佐藤流司さん、伏黒恵役の泰江和明さん、釘崎野薔薇役の豊原江理佳さんはいずれも、数多くの舞台やミュージカルをこなしてきた実力派です。さらに、最強の呪術師である五条悟役には、独特の雰囲気を持っている三浦涼介さんがキャスティングされています。

そのため、呪術廻戦のダークな雰囲気をしっかりと再現してくれることでしょう。また、特殊メイクによって再現される、漏瑚や花御など特級呪霊のビジュアルも見どころのひとつです。

呪術廻戦の舞台ライブ配信チケットの購入方法は?見逃し配信はいつまで?呪術廻の舞台、通称「じゅじゅステ」が7月15日から東京と大阪で公演スタート!チケットは6月19日から発売となりました、人気が高い舞台なの...