スポーツ

レインボーブリッジ 自転車疾走イベントに出る芸能人や有名人は誰?

レインボーブリッジ 自転車疾走イベントに出る芸能人や有名人は誰?

レインボーブリッジ 自転車疾走イベントについて知りたいですか?

本記事では11月23日に開催されるサイクリングイベントに参加される芸能人や有名人は誰なのかご紹介しています。

レインボーブリッジ 自転車疾走イベントについて興味がある方はぜひご覧ください。

レインボーブリッジ自転車疾走イベントに参加する芸能人は誰?

レインボーブリッジを自転車で疾走できるイベントに参加する芸能人とは一体誰なのでしょうか?

◆レインボーブリッジ 自転車疾走イベントに参加する芸能人は誰?
⇒未定

今のところまだ未定となっています。2022年7月にイベントの特設サイトが出来るそうです。そちらが出来上がったら参加する芸能人なども知ることができそうです。

レインボーブリッジ 自転車疾走イベントに参加する有名人は誰?

レインボーブリッジを自転車で疾走できるイベントに参加するのは芸能人だけではありません。芸能人以外の有名人とは一体誰なのでしょうか?

◆レインボーブリッジ 自転車疾走イベントに参加する有名人は誰?
⇒政治家:未定
⇒実業家:未定
⇒有名人:未定

今のところまだ未定となっています。2022年7月にイベントの特設サイトが出来るそうです。そちらが出来上がったら参加する有名人なども知ることができそうです。

このようなイベントに参加することで名前を上げることもできますので、政治家や実業家、その他の有名人も参加するのではないでしょうか。

私はスポーツ界出身の政治家さんなどが参加されるかな~と思っています。また実業家からは最近の若い経営者たちは健康維持を大切にしていて筋トレを日課にしている方も多いですね。自転車で通勤する方もいますのでそういう社長たちにも参加してもらいたいです。

例えば、個人的には堀江貴文(ホリエモン)さん、マコなり社長さんとかにも参加して盛り上げてもらいたいです。勝手に名前を出してしまってスミマセン。

レインボーブリッジ 自転車疾走イベントに小池百合子都知事は参加する?

それでは次にレインボーブリッジを自転車で疾走できるイベントに東京都の小池百合子都知事は参加するのでしょうか?

◆レインボーブリッジを自転車で疾走できるイベントに小池百合子都知事は参加する?
⇒未定

今のところ未定となっています。しかし目立ちたがり屋の小池百合子都知事ですし、また支持率も以前に比べて低いですので、サイクリングコースの一部だけでも疾走してご自分をアピールすのではないかと考えられます。

こういうスポーツイベントに参加すると認知度と好感度をアップすることができるのでちょっとだけでも出るのではないかと推測されます。

レインボーブリッジ 自転車疾走イベントはいつに開催?

それではレインボーブリッジ 自転車疾走イベントはいったいいつに開催されるイベントなのでしょうか?

◆レインボーブリッジ 自転車疾走イベントの開催はいつ?
⇒2022年11月23日(水・祝)

ということで勤労感謝の日の祝日に行われるイベントということです。学校もお休みなので子供も大人も一緒に楽しめるイベントとなりそうですね。

このイベント事前に申し込みをすれば見るだけではなく、ご自分も自転車で疾走することができるんですよ。申し込み方法は次にご紹介します。

レインボーブリッジ 自転車疾走イベントに参加するには?

レインボーブリッジ 自転車疾走イベントに参加するにはどうしたらいいでしょうか?

◆レインボーブリッジ 自転車疾走イベントに参加するには?
⇒2022年7月に立ち上がるWEBサイトにて申し込みをする

ということですよ!

3種類のコースを設けていて、その中からご自分のあったコースを選ぶことができます。だから体力に自信がない方でも大丈夫!

参加募集は計3千人ということで枠が大きいですね。ぜひ申し込みをなさってみてください。

レインボーブリッジ 自転車疾走イベントの詳細は?

レインボーブリッジ 自転車疾走イベントは東京五輪・パラリンピックによるスポーツの機運を高めるレガシー(遺産)事業の一環です。

レインボーブリッジが自転車で走行できるのは平成5年の開通以来初めてのこととなりますよ。

レインボーブリッジ 自転車疾走イベントの詳細

距離の異なる3種類のコースを設定しています。そして合計3千人の参加を予定しています。

小池都知事は2022年4月の定例記者会見で

「東京のランドマークとなる場所を自転車で走り抜けて、東京の魅力や自転車の魅力を大いに感じてもらいたい」

と話したそうです。

東京マラソンの次は東京を自転車で疾走しようってことですね。

その他、臨海部の会場周辺では自転車BMXのデモンストレーションやパラスポーツの代表格・ボッチャを体験できるスペースも。

残念ながら昨年の東京オリパラは無観客となってしまったので、ぜひこの機会にスポーツを思いっきり楽しみたいですね。