国内ドラマ

キムタク主演 未来への10カウント キャストやあらすじは?ネタバレ感想、最終回は?

キムタク主演 未来への10カウント キャストやあらすじは?ネタバレ感想、最終回は?

キムタク主演の学園ドラマ「未来への10カウント」が放送されますね。

本記事ではキャストやストーリー、あらすじ、ネタバレ感想や最終回についてご紹介していきます。

「未来への10カウント」について興味がある方はぜひご覧ください。

Contents

キムタク主演の学園ドラマ「未来への10カウント」のストーリー・あらすじは?

木村拓哉さんが演じる「桐沢祥吾」は、高校時代にボクシングで4冠を達成した後、30年の時が過ぎて、高校のボクシング部のコーチになります。

高校時代にボクシングで4冠をとり、順風満帆だったと思われていた桐沢祥吾は、実は大学時代にある理由でボクシングを断念していました。その後も妻を亡くしたり、さらなる不運に見舞われてしまい、生きる希望を完全い喪失してしまいます。

しかし、ボクシング部のコーチになったことで徐々に生きていく力を取り戻していき、桐沢祥吾は大きく人生が変化していきます。

キムタク主演の学園ドラマ「未来への10カウント」のキャストは?

桐沢祥吾役:木村拓哉
折原葵役:満島ひかり

キムタク主演の学園ドラマ「未来への10カウント」の放送日と時間帯は?

「未来への10カウント」は2022年4月から、テレビ朝日系列で放送されるテレビドラマです。毎週木曜日の午後9時に全国放送されます。

キムタク主演の学園ドラマ「未来への10カウント」の見どころは?

「BG~身辺警護人~」から約2年ぶりに、木村拓哉さんが2022年春にテレビ朝日の木曜ドラマに戻ってきます。「未来への10カウント」の脚本は、木村拓哉さん出演の「HERO」シリーズや「CHANGE」でも脚本家を担当した福田靖さん。約7年ぶりに2人はタッグを組み、ドラマを作り上げるため、多くの人が放送を待ち望んでいます。

キムタク主演の学園ドラマ「未来への10カウント」には原作はある?オリジナルドラマ?

「未来への10カウント」は脚本家である福田靖さんのオリジナル脚本であり、原作のない、完全オリジナルドラマです。

キムタク主演の学園ドラマ「未来への10カウント」のネタバレ感想や考察は?

それでは各話のあらすじとネタバレ、感想、考察についてご紹介していきましょう。

第1話 未来への10カウント あらすじネタバレ感想、考察

桐沢祥吾(木村拓哉)はピザの配達アルバイトをしている40代の男。未来へ希望もなく「いつ死んでもいい」と口にしている人物。

そんな彼を心配した高校時代のボクシング部の同期の親友・甲斐誠一郎(安田顕)。甲斐は母校・松葉台高校ボクシング部の前監督・芦屋賢三(柄本明)が監督を辞めると聞くと桐沢を後釜に据えるように頼み込む。しかし桐沢は乗り気ではない様子だが、頼み込まれて「臨時」コーチとして母校のボクシング部に行く。

松葉台高校は当時と違って東大進学者も出すほどの進学校になっていた。そのため、校長・大場麻琴(内田有紀)は廃部にしようともくろんでいた。そして突然ボクシング部の顧問を言い渡された教員・折原葵(満島ひかり)はボクシングのことは何も知らずに顧問となる。

ボクシング部の部員は新しく来てくれたコーチを歓迎するが桐沢にやる気が見られなく残念がっていた。そんな中、部員たちは桐沢がどんな人物かをネット調べた。なんと高校時代にボクシングで4冠を達成した人物だったのだ。

1年生が入部してこないとボクシング部が廃部になってしまう。部員たちは1年生を誘って部室でコーチと部長・伊庭の公開スパーリングを実施する。桐沢は戸惑っていたがリングに上がり、伊庭の攻撃を受ける。しかし桐沢は逃げてばかり。そこで伊庭は「本気でやってください」と言う。桐沢にスイッチが入り、伊庭の脇腹を打つ。伊庭はその場で倒れ込み、病院へ。ろっ骨にヒビが入る。

学校に連絡を取ろうとする顧問の折原。しかし伊庭や部員たちに桐沢コーチは悪くないと言われて事件をもみ消す。ボクシング部は3人の新入生を迎えて廃部をまぬがれて練習にいそしむことになる。

桐沢の網膜剥離は?

桐沢は高校からボクシングを始めて、大学2年まで続けています。そして網膜剥離が原因でボクシングをあきらめたということが1話の内容でわかります。

元奥さん・桐沢史織(波瑠)はどうなった?

桐沢は結婚をしていたけど今は独身という設定ですね。1話では奥さんがチラッとでてきました。奥さんは病室にいて謝っていましたね。おそらくその後になくなってしまったのでしょう。

ボクシングの夢も断たれ、奥さんもなくなって・・・桐沢は人生に希望なんて見つけられないという設定です。でもボクシング部のコーチになることで夢や希望を持ち始めるっていうドラマの流れなんでしょうね。

未来への10カウントの桐沢と折原はドラゴン桜の桜木建二(阿部寛)と水野直美(長澤まさみ)のコンビに似てる?

今回気になったのが桐沢と折原のコンビが桜木と水野のコンビに似てるなってことです。

桐沢も桜木もやる気がない様子。それをなんとか横でサポートするのが折原と水野って役回りのようです。

キムタク主演で視聴率はとれるのか?

今の若い人たちは知らないかも知れませんが、キムタクが20代の頃の勢いはものすご~~くて、キムタクが主演するだけで視聴率が取れた時代がありました。

今回は40代にして主演ドラマ。20代のときのように高視聴率をたたき出すことはできるのでしょうか?

キムタクの演技は上手になった?

キムタクと言えば演技が下手と言われ続けています。キムタクはキムタクを演じれば視聴率が取れたのですから、演技をしなくて地の自分を出せばよかったわけです。

南極物語のヒドかったですね。隣にいる犬のほうが演技が上手とも言われていました。

なので今回のドラマはキムタクがどれだけ演技がうまくなったのか見てみたいです。

★キムタクの過去のドラマをみたい方はこちらをどうぞ!

↓ ↓ ↓ ↓

キムタクの過去のドラマ」が見れる動画配信サービスはU-NEXT!

U-NEXT(ユーネクスト)について詳しくはこちら

>>まずは31日間 無料トライアル<<

学園ドラマのドラゴン桜と同じKing & Prince(キンプリ)の髙橋海人が出ている!

ドラゴン桜では東大を目指すことになる出来が悪い瀬戸輝をKing & Prince(キンプリ)の髙橋海人が演じていました。

今度はボクシング部の部長の伊庭海斗という生徒を演じています。伊庭は東大に行ける実力を持っているので学校側としてはボクシング部のやめさせようとしていますね。

監督の芦屋賢三と娘の大場麻琴との確執は?これもドラゴン桜に似てない?

監督の芦屋賢三と実の娘の大場麻琴。二人は会うたびに口喧嘩をするようなのですが・・・まさに親子の確執はドラゴン桜に似ていないでしょうか?

またドラゴン桜のときにも「進学校」というのがキーワードでした。

「未来への10カウント」ではもともと偏差値の低い学校から大場校長が来て進学校になった。

「ドラゴン桜」では父の龍野恭二郎がいたときには進学校。娘の龍野久美子が理事長になってからは偏差値がガタ落ち。

という真逆の私立学校が舞台です。

でもどちらにしても主人公がやることに対して反対をしてくるのが教員という構図は変わりません。

↓ ↓ ↓ ↓

「未来への10カウント」では主人公の桐沢がボクシング部のコーチを引き受けるが、ボクシング部を廃部にしたい校長・大場麻琴が反対の手出しをしてくる。

「ドラゴン桜」では東大専科を作って東大進学者を出そうとしている桜木に対して理事長の龍野久美子が反対をして手を出してくる。

こんな構図ですね。もうちょっと意外な構図があればよかったのですが、こんな感じで落ち着きそうです。

ただ「ドラゴン桜」では途中で東大に入るための学習よりも学校の買収などのほうに寄ってしまい、半沢直樹のような展開になってしまったのが残念です。

なので、「未来への10カウント」では純粋にボクシング部の話で最後まで突っ走ってもらいたいです。

ハミングのCMに元スマップの香取慎吾と草彅剛が出ているのが気になりました

ドラマの本筋ではなくて、CMのこと。ハミングのCMに元スマップでキムタクと一緒に活動していた香取慎吾くんと草彅剛くんが出ているのが気になりました。

もちろん共演とかはないと思いますが、スマップを想像させるのでファンにはたまらない演出となってしまいそう。

第2話 未来への10カウント あらすじネタバレ感想、考察

ボクシング部は公開スパーリング中に伊庭が桐沢のパンチを受け負傷したことを隠していた。しかしこの事が大場校長の耳に入る。桐沢は怪我をさせたことを認めてコーチを辞めると言う。そこに伊庭が現れて自分は怪我をしていないと言い張り、桐沢を守る。

今までボクシングに後ろ向きだった桐沢はボクシングを指導し始める。部員たちは2ヵ月後の6月に行われるインターハイに出たいと言い出す。さすがに無理!と言う桐沢だった。

大場校長は学校の管理運営規定を持ち出し、桐沢を辞めさせようとする。しかし桐沢は教員免許を持っていて、管理運営規定を満たすことなった。また妊娠している教員が産気づいたこともあって桐沢は松葉台高校の非常勤教員として働くことになる。

ボクシングでインターハイに出るために、桐沢はボクシング部の指導に熱をいれることになる。

大場校長と父親との関係は?

まだよく分からない大場校長と父親との関係。どうして大場校長はそこまでボクシングを嫌っているのかが分かりませんね。父親との確執があるのでしょうか?またここの家庭は母親が出てきませんね。家族環境とボクシングには関係があるのでしょうか?

次回は女子部員・水野あかりの回になりそう!

やはり女子でボクシングをやりたいという位ですから、どうして強くなりたいのか気になりますね。そこには水野の家庭環境があるようです。元・義理の父からの暴力。このような家庭環境に育つと自分や母親を守るためにボクシングを習いたいと思いますよね!

桐沢は非常勤講師のため学校側から、水野の対応はしなくてよいと言われます。ただ桐沢としてはボクシング部の部員を放っておくわけにはいかないですよね?ここで桐沢は学校側と揉めると思いますし、さらには部員の心をつかむこともできてしまうのかも知れません。

第3話 未来への10カウント あらすじネタバレ感想、考察

感想・考察

第4話 ネタバレ

感想・考察

第5話 ネタバレ

感想・考察

第6話 ネタバレ

感想・考察

第7話 ネタバレ

感想・考察

第8話 ネタバレ

感想・考察

第9話 ネタバレ

感想・考察

第10話 ネタバレ

感想・考察

キムタク主演の学園ドラマ「未来への10カウント」の最終回は?

綾瀬はるか主演 元彼の遺言状のあらすじやキャストは?ネタバレ、感想、最終回は?
綾瀬はるか主演 元彼の遺言状のあらすじやキャストは?ネタバレ、感想、最終回は?綾瀬はるか主演 元彼の遺言状が放送されますね。 本記事ではあらすじやキャスト、ネタバレ、感想、最終回などをご紹介しています。 綾瀬は...

https://www.m-style.info/2022/03/01/myfamily/