中国ドラマ・華流

山河令の関係図とキャストは?ネタバレ内容感想と最終回と見るには?

山河令の関係図とキャストは?ネタバレ内容感想と最終回

山河令のネタバレ内容と感想や最終回を知りたいですか?

本記事はネタバレを含む内容をご紹介しています。そしてキャストや相関図も。

山河令について興味がある方はぜひご覧ください。

↓ ↓ ↓ ↓

「山河令」が見れる動画配信サービスはU-NEXT!

U-NEXT(ユーネクスト)について詳しくはこちら

>>まずは31日間 無料トライアル<<

Contents

山河令の関係図

山河令のキャスト

山河令のDVD 楽天ブックスでの豪華特典!

 

#1 帰れざる路 山河令のネタバレ内容感想

#2 君子の義挙 山河令のネタバレ内容感想

#3 貪欲 山河令のネタバレ内容感想

#4 紅塵の因果 山河令のネタバレ内容感想

#5 梟の笑い 山河令のネタバレ内容感想

#6 酔生夢死 山河令のネタバレ内容感想

#7 江湖の雑魚 山河令のネタバレ内容感想

#8 光ある所に闇 山河令のネタバレ内容感想

#9 高山流水 山河令のネタバレ内容感想

#10 狂気の果てまで 山河令のネタバレ内容感想

#11 生死を共に 山河令のネタバレ内容感想

#12 孤勇 山河令のネタバレ内容感想

#13 剣と鞘 山河令のネタバレ内容感想

↓ ↓ ↓ ↓

「山河令」が見れる動画配信サービスはU-NEXT!

U-NEXT(ユーネクスト)について詳しくはこちら

>>まずは31日間 無料トライアル<<

曹蔚寧は気に入っている顧湘に猛烈にアプローチする。そして剣と鞘の関係のようにピタッと来るのは顧湘だと言うが、例えが難しすぎて顧湘には理解ができない。が悪い気はしない。

一方、岳陽派では長明山の剣仙・葉白衣が姿を現した。見た目は若いので皆、若造が生意気に・・・と思うが剣の腕前は天下一であった。そして葉白衣は高崇に山河令を渡す。山河令とは鬼谷討伐の号令をかけるときに使われる令牌であった。

周子舒は温客行の正体は天下一の武庫とその鍵である琉璃甲を作ったと言われる容げんの息子ではないかと考え始める。お互いに相手に質問をして答えられなければ罰則として杯を飲み干すゲームをしながら、周子舒は温客行に容げんの息子かと問うが答えてもらえなかった。

#14 死生契闊 山河令のネタバレ内容感想

宿にある男が現れて見世物になっていた。その男は大食いで周子舒と温客行は見に行く。そして葉白衣は周子舒の体のことが気になりだした。「服を脱げ」と言われて抵抗するのものの周子舒は葉白衣と温客行に胸の傷を見せる。そこには七竅三秋釘が。

それを見て葉白衣は自分の治療を受ければ寿命を10年延ばせるが、武術の力を失うと言う。それを聞いた周子舒は治療を拒む。

高崇は薄情簿主・喜喪鬼の別宅を襲い、喜喪鬼を生け捕りにして連れ去る。

また五湖碑では泰山派と丐幇が姿を現して沈慎を告発する。

#15 無恥の徒 山河令のネタバレ内容感想

岳陽派では顧湘が喜喪鬼を救い出そうと考えていた。

五湖碑では多くの人物が高崇に琉璃甲を出すようにと騒いでいた。高崇はなんとかなだめようとするが騒ぎは大きくなるばかり。そんな様子を周子舒と温客行は少し離れた場所で見守っていた。

そこにある顔色の悪い子供がやってくる。趙敬に案内された龍淵閣の若閣主・龍孝だった。龍孝はからくり作りの名手として、父とともに有名な人物だった。龍孝は瑠璃甲について語ると思い多くの人物が見守る中、高崇のことを告発しだす。高崇は武庫の中のものを自分のものにするつもりだと。

#16 魑魅魍魎 山河令のネタバレ内容感想

名声が地に落ちた高崇。そこは乱闘となるが、もう勝負はついたと思われたときに趙敬が皆に和解を申し出る。しかし高崇は琉璃甲を粉々に砕いて捨ててしまい、五湖碑に頭をぶつけて自○した。

混乱の中、張成嶺の身も危なくなり周子舒と温客行は張成嶺を連れ去る。

この乱闘が起こるやいなや高崇と昵懇だった清風剣派の掌門・莫懐陽はすぐにその場を立ち去る。それは逃げるようだった。そして莫懐陽の手には高崇が捨てたはずの琉璃甲が。つまり高崇が粉々に砕いてしまったのは偽物の瑠璃甲だった。

一方、趙敬は20年来の計画が成功としたとして、義理の息子・蝎王と喜びを分かち合っていた。

#17 最も憎い敵 山河令のネタバレ内容感想

曹蔚寧は怪我をして華山派の掌門・于丘烽の別宅にいた。そこには看病をする顧湘の姿も。一方、高小怜は桃紅と緑柳に捕らえられていた。

周子舒、温客行、張成嶺のもとに葉白衣が現れた。葉白衣は龍孝を人質として連れてきていた。つまり瑠璃甲について一番詳しいのは閣主・龍雀のはず。そのために龍淵閣を目指すことになった。

念願の五湖盟の盟主となった趙敬。しだいにその悪徳な本性を現しつつあった。

#18 無限の暗闇 山河令のネタバレ内容感想

龍淵閣に行くためには罠が仕掛けられた林を抜けて、吊り橋までたどり着いた周子舒、温客行、張成嶺、葉白衣の一行。まずは葉白衣が無事に渡る。そして周子舒、温客行、張成嶺が一緒に渡るがある仕掛けを踏んでしまい、周子舒と温客行は谷底へ。張成嶺はなんとか助かり葉白衣とともに龍淵閣の中へ。

周子舒と温客行は谷底に落ち、そこには薬人の姿が。そこに龍孝が現れて薬人は自分が作ったのだと自慢する。なんとか薬人を倒して外に出る二人。

葉白衣とはぐれてしまった張成嶺は龍孝によって縛り上げられて鍼を刺されて意識を失ってしまう。

#19 陰陽の逆転 山河令のネタバレ内容感想

張成嶺のもとへ周子舒と温客行が来て、張成嶺はなんとか助かった。しかし頭にささった鍼を抜いてよいものか思案していたところ、葉白衣が登場。葉白衣はすっと鍼を抜く。

そして4人はからくり人形に案内されてある場所へ行く。そこには龍雀の姿が。なんと愚息の龍孝に監禁されていたのだ。龍雀の口から語られる20年前の真実。

容げんの志に感銘を受けた義兄弟たちは仲良く暮らしていた。しかし容げんは手合わせをしている最中に傷を負って倒れた。理由を調べると高崇の剣に毒が塗ってあり、それで容げんを斬ったからだ。

妻の岳鳳児は容げんを救うために「陰陽冊」の禁術を使ってしまう。そしてそのことにより容げんは凶暴な人物になってしまう。そして自分の妻さえも○してしまう。

狂暴になった容げんを○そうとしているところに甄如玉が現れて、自分が代わりに罪を受けると言うが、容げんはさらに人○しをやめない。

容げんをかばう甄如玉を皆許すことができない。そして神医谷の谷主に甄如玉を追放するように圧力をかける。甄如玉と妻・谷妙妙とひとり息子の甄衍は追ってから逃げることになった。

#20 天意 山河令のネタバレ内容感想

甄如玉と妻・谷妙妙を追手から守ったのが、周子舒の師匠だった。そして二人に変装術を授けて逃げるように言い、ひとり息子の甄衍は自分が引き取るとした。そのときに周子舒も同行していた。

龍雀の話を聞いているうちに周子舒は温客行が甄衍だと気が付き、「師弟」と呼びかけるが、温客行はしらを切る。

周子舒は20年たって、もう命が長くない自分が師弟に再開できたことは天意だと言って喜ぶが、温客行をその場を離れてどこかへ行ってしまう。

そして張成嶺が龍淵閣を継承することを約束し「師匠」と呼びかけ、また周子舒が甄如玉と妻の谷妙妙は逃げ伸びることが出来たことを伝えると龍雀は安心して息を引き取るのだった。

一方、華山派の掌門・于丘烽の別宅では曹蔚寧が清風剣派に戻るという。やはり清風剣派の掌門・莫懐陽が瑠璃甲を持っていると推測され、他の門派からも狙われるだろうと助っ人に行く決意を固めた。そしてそれに顧湘も同行する。

蠍王は龍孝の行方を追っていて密偵を放っていた。

#21 夢幻泡影 山河令のネタバレ内容感想

趙敬は仙霞派の掌門・白啓峰を始末したい。それを義理の息子・蠍王に命じる。蠍王は無常鬼たちにそれを命じる。

周子舒たちは四季山荘へ旅立つ。葉白衣は温客行の願いを叶えてやる、死人を生き返すこと以外は願いを聞くという。温客行は周子舒の寿命を延ばし、武芸の力の力も残してほしいと願いを言う。葉白衣は自分にはできないが、できる人物を知っているので頼みに行くと言って、別行動を取る。

一方、于丘烽の別宅では柳千巧が急色鬼に襲われる。柳千巧は正気を失った喜喪鬼を他住めてほしいと懇願する。

#22 連環計 山河令のネタバレ内容感想

四季山荘に行く道中で周子舒たちは顧湘、曹蔚寧と出会う。そこに毒蝎の一味が彼らを襲う。そこにたまたま沈慎がいて周子舒と温客行の助太刀をする。

沈慎は周子舒の前で反省していることを述べる。そして一つ質問があるとして温客行は甄衍なのではないかと問う。しかし周子舒は答える義務はないと返答する。温客行は沈慎に対して激しい怒りを感じて激高する。そして激しい頭痛を訴えて血をはいて意識を失ってしまう。

顧湘は必死の看病をする。そこに周子舒が来て以前に温客行はこのような症状になったことはあるかと問うが、顧湘はないと答える。不思議に思う周子舒。そして顧湘にいつから温客行と一緒にその場所にいるのかを尋ねる。

#23 黄泉の路 山河令のネタバレ内容感想

沈慎は高小怜を救うために立ち去る。温客行やっと目覚めることができ、勝手に立ち去った沈慎をなじる。温客行は顧湘と話をする。これから自分が向かうのは黄泉の国への路だと言い、曹蔚寧のことが好きかと聞く。顧湘の気持ちを確かめると、このまま曹蔚寧と一緒に清風剣派に旅立つことをすすめる。言うことを聞かない顧湘だったが温客行は無理やり曹蔚寧に託して立ち去る二人を見送る。

一方、趙敬は少林寺が鬼谷討伐に乗り出したことを知る。蝎王に「群鬼冊」を作らせて鬼谷と手を切ることを決めた。

#24 天窗の光 山河令のネタバレ内容感想

周子舒、温客行、張成嶺は四季山荘に着いた。人がすんでいなかった山荘は荒れ果てていて周子舒はショックを受けるが、張成嶺は自分たちが片づけをすると言う。

一方、曹蔚寧と一緒に旅を続けている顧湘はあることを目撃する。それは断剣山荘の穆思遠に斬りかかられている岳陽派の祝邀之が沈慎に助けられるところだった。そこで温客行が鬼谷の谷主だと聞いた。

四季山荘で新しく生活を立て直している周子舒。周子舒は夜に師弟と言って、はね起きる。それを温客行に見られてしまって、師弟・秦九霄を死なせてしまった経緯や晋王の下で天窗を作った経緯を話す。そして自分をいつも逃げてばかりの卑怯者だと言う。

#25 悪夢 山河令のネタバレ内容感想

眠つけずにいた温客行と周子舒と酒を酌み交わす。趙氏義荘で戦ったときに酔生夢死をかいで見させられた幻覚は自分の幼いころの姿だったと語る。

一方、曹蔚寧と顧湘は桃紅と緑柳と捕らえられている高小怜を見つける。義のために命を投げ出す曹蔚寧だったが反撃にあう。顧湘は人を探しに行き沈慎に助太刀を頼む。高小怜を救い出すことができた。曹蔚寧は昏睡していた。顧湘は自分の正体がバレそうになっていることを知る。各派に配られた「群鬼冊」に自分に名前があるかを聞き、いっそこの場で○してほしいと言う。

沈慎は高小怜を連れていき、顧湘は曹蔚寧を起こして清風剣派に向かう。

#26 最後の浄土 山河令のネタバレ内容感想

四季山荘に平安銀荘の使いがやってくる。周子舒、温客行、張成嶺は昆州へ向かうことに。平安銀荘で周子舒の傷を治すために葉白衣が助けを求めた人物が旧知の人物だったと分かる。葉白衣から文には「ばかもの!」という文字が。なんとも葉白衣ともあろう高名な人物を使い走りにしたことへの侮辱と怒りが書かれていたのだ。

昆州の街中で周子舒たちと別れて温客行は食屍鬼と接触をする。そして「群鬼冊」を手渡された。そこには自分の名前と似顔絵そして使用する技などが書かれていてうろたえる。

蝎王は趙敬と喜喪鬼について調べていた。趙敬は蝎王に喜喪鬼との過去を話す。「最後の事浄土」とは趙敬が蠍王に対して言った言葉。自分は悪行を重ねてきたが蠍王を義理の息子にすることで心の安らぎを得ることは自分にとって最後の浄土。だから蠍王は裏切るなと暗にくぎを刺したのだった。

そして喜喪鬼に酔生夢死を使う。すると喜喪鬼は趙敬の腹黒い正体を話すのだった。そして趙敬は自分の計略がうまく行くとそれを誇るためにその人物の品を手元に遺すのだそう。そして蠍王にも何か渡しているのでは?と聞かれ、自分が瑠璃甲を持っていることを思い出し、もしかしたら趙敬が自分の命を狙うのではと疑心暗鬼になってしまう。

#27 絶世の知己 山河令のネタバレ内容感想

四季山荘に出ていた周子舒は葉白衣と出くわした。葉白衣を四季山荘に入れないように阻止する周子舒。そして葉白衣に温客行が鬼谷の谷主と知っていたのかと聞く。周子舒が知っていて阻止するだと分かった葉白衣は剣を抜く。そこに温客行が現れる。温客行の前で周子舒は温客行の正体を知っていると話し、それでも温客行を守ると言う。情に篤い葉白衣は二人を見なかったことにする。しかしもし四季山荘を出た温客行と出会ったときには剣を交えると言う。

周子舒は張成嶺に四季山荘の外で強盗にあったというが、下手な嘘を張成嶺は信じた。しかし温客行は張成嶺をだまし続けることが辛く感じ始めていた。

#28 我が家 山河令のネタバレ内容感想

四季山荘では周子舒、温客行、張成嶺が春節の飾り付けをし、春節に食べる特別料理を準備していた。食事の席につくと張成嶺は感慨深げにして今にも泣き出しそうにしていた。自分には家族とは縁がないものと思っていたがこんなに楽しい春節を迎えられるとは思っていなかったと。そこへ周子舒は張成嶺の家は四季山荘だからいつでも戻って来れると言う。

晋王が韓英が毒蝎に襲われたと報告を受けていたころ、天窗の首領である段鵬挙は岳陽城へ。趙敬は鬼谷に武庫の鍵と琉璃甲があると言う。そして手を組む。趙敬のほうは決めかねているようだった。

春節を迎え、花火を見に屋敷の外へでた張成嶺はある人物と出会う。それは傷を負った韓英だった。周子舒、温客行の二人は韓英からの話を聞きつつ傷の手当てをする。

#29 花は常にあり 山河令のネタバレ内容感想

温客行は韓英が○してしまうと周子舒が絶対に後悔するとして自身の内力を使って生かそうとする。また自分が瑠璃甲の複製を作ったがために、晋王の策により韓英が偽物をつかまされたことを知り自虐の念にさいなまれていた。そこに周子舒が戻ってきて韓英の脈を取り、すでに息を引き取っていることを温客行に伝える。温客行は内力を使い切りそのまま昏睡状態に。温客行を張成嶺に託して、秘密の部屋に隠れるように、そして温客行が回復したら自分を助けにくるように伝える。

周子舒は四季山荘の門を開けて段鵬挙の前に出る。段鵬挙は四季山荘を焼き払って周子舒を晋王の元へ連れていく。

清風剣派では毒蠍が薬人を使って門弟を襲わせる。そして顧湘と曹蔚寧は他の生き残ったものたちと裏山の洞窟に逃げ込む。

師叔から、師匠がいないことを聞く曹蔚寧。また薬人を使ったのは鬼谷の谷主の温客行だろうと言われる。ビックリする曹蔚寧だった。

#30 清算できぬ恩怨 山河令のネタバレ内容感想

曹蔚寧に自分の正体を知られてしまった顧湘。これまで鬼谷で育ってきた経緯を話す。

意識が戻った温客行は大巫・烏渓、七爺・景北淵と対面する。そして周子舒が晋州の晋王のもとに連れていかれたことを知る。

連れていかれた周子舒は晋王の前に出て二人きりで話をする。天窗という名前は周子舒がつけた名前で、「てんまど」という意味。この暗い世に光を差すことができるように名付けたようだ。

晋王は大義のためには犠牲は付き物だと言いだし、周子舒は怒り出す。晋王から白衣剣を奪い返し、晋王を追い詰める。結局、周子舒は天牢につながれ、拷問を受ける。

#31 不肖の二番弟子 山河令のネタバレ内容感想

顧湘と曹蔚寧は開心鬼に捕らえられてしまって、蝎王の元へ。これは温客行の策で蝎王と密約をかわすためだった。

莫懐陽は趙敬と密約を結んだが、武林の盟主の座を奪おうとしていた。

周子舒は獄に繋がれていたが、畢長風の弟子・畢星明らに助け出されたが城の外で天窗に出会ってしまう。その場に鬼谷の悪鬼たちをしたがえて温客行が来る。天窗たちは逃げ出す。

温客行は鬼谷に戻る。そこでは蠍王の姿があった。

#32 片翼の隻影 山河令のネタバレ内容感想

景北淵の治療を受けることになった周子舒。酒を禁じられて不機嫌そうにしていた。張成嶺を沈慎に送ったが送り届けたものが帰ってきた。理由を聞くと張成嶺は温客行が鬼谷の谷主であることを知ってから様子がおかしいというものだった。

心配した周子舒は温客行を追い、鬼谷に向かう。白鹿崖では趙敬ら五湖盟と毒蝎、鬼谷の裏切り者たちに温客行が追い詰められていた。谷主は慎重な人物で鬼谷から出て来ないことで有名だったが蠍王が連れ出したのだった。

これを見た周子舒は温客行に助太刀する。そこに葉白衣が出てきて、一騎打ちをする。そこに張成嶺が加勢。すると張成嶺は雨打芭蕉針を放って温客行は崖から落ちてしまう。それを追って周子舒も崖から落ちるが葉白衣が連れ戻す。温客行は深い谷に落ちてしまった。

#33 選択の機会 山河令のネタバレ内容感想

段鵬挙と趙敬と話をしている。趙敬はそして事が成ったら蠍王を始末するという。しかし段鵬挙は本人ではなかった。蠍王は趙敬の本心を聞きだすために柳千巧が段鵬挙に扮装していたのだった。

蠍王は柳千巧に二人分の解毒薬と処方箋を渡す。解毒薬は于丘烽との二人分。その後二人で駆け落ちするのもいい、また于丘烽に解毒薬を渡さずに、毎月薬を渡すのもいい、どちらも選べるという。

柳千巧は于丘烽に駆け落ちするように頼むが、煮え切らない于丘烽。そして解毒薬を1つ渡されると「君の分は?」と聞く。これを聞いた柳千巧はこの一言で救われたと言い、その場を去る。

武林の盟主を決める英雄大会の日がきた。推挙されたのは莫懐陽と趙敬。莫懐陽は腕比べで盟主の座を決めたいと言い、趙敬と一騎打ちをする。

そこに周子舒が来て趙敬の悪事を告発する。そこになくなったはずの温客行も来る。そして自分が誰の子なのか、そして趙敬の悪事を告発する。そこに高小怜も現れ、趙敬を告発する。温客行は趙敬を追い詰める。倒れた趙敬に蠍王が近寄り薬と言って毒を飲ませた。

感想

蠍王は柳千巧の姿を自分と重ねていたところがあるんだと思います。柳千巧は于丘烽に裏切られて鬼谷に行くことになるほど深い恨みを持っている人物。それなのにまだ于丘烽のことを忘れられない。

そんな于丘烽の姿は蠍王が義理の父とあおぐ趙敬の姿と重なります。趙敬は言葉がたくみなので、ずっと蠍王にいいことを言って利用するだけ利用して、最後には○すつもりだったわけです。

でもそれを信じることができない蠍王は懸命に趙敬に尽くしますね。それが柳千巧が于丘烽に尽くす姿と重なります。

だから蠍王は柳千巧のことが捨て置けなかった、それでも2人分の解毒剤を渡して駆け落ちするように言います。でも于丘烽は決断が付かなかった。于丘烽はそういう優柔不断な男なんですよ。趙敬ともよく似ています。

#34 赤い糸 山河令のネタバレ内容感想

趙敬の正体を皆の前で告発して裁きを与えることができた温客行は晴れ晴れとした気分でいた。温客行を莫懐陽は捕らえようとするが葉白衣が来て、うまく場を収める。

温客行はこの計画に協力してくれた者たちと一緒に祝杯を挙げる席を設けた。その席で温客行の策が明らかになった。そんな計略を知らなかった周子舒は、温客行が青崖山の谷底に沈んだ後に、自ら釘を抜いて戦う能力を復活させていた。これにより自分の寿命を縮めてしまったことに周子舒は涙を流していた。

顧湘と曹蔚寧は鬼谷で婚礼を挙げることになり、急いで準備が進められていた。しかし曹蔚寧は清風剣派の師匠や師叔などにも来てもらいたかったと寂しい顔をする。しかし張成嶺は清風剣派に連絡を取っていて・・・

#35 痴心妄想 山河令のネタバレ内容感想

曹蔚寧と顧湘の元に清風剣派の弟子たちが集まった。そこには師兄と師叔の姿はなく師匠・莫懐陽の姿が。二人は喜ぶが莫懐陽の目的は鬼谷をつぶすことと瑠璃甲と武庫の鍵だった。

鬼谷では壮絶な戦いが始まり、曹蔚寧と顧湘と命を引き取る。そして多くの鬼たちが○された。

莫懐陽との戦いで深手を追った温客行。彼の元に現れたのは蝎王だった。温客行を守る周子舒は瑠璃甲を渡す代わりに(武庫の鍵は密約を結んだときに蠍王に渡していた)温客行の命を取らないように取引をする。

すべての瑠璃甲と鍵を手にした蠍王は武庫に向かう。

#36 天人合一/もう一つの結末 山河令のネタバレ内容感想

周子舒は晋王に陰陽冊に渡らないようにするため、余命数日の体で武庫に向かう。温客行は昏睡したままだった。

周子舒が雪に閉ざされた武庫に来たときには、蝎王と段鵬挙が武庫の扉を開けようとしていた。しかし鍵が偽物で扉は開かなかった。そこに大きな雪崩が起こる。

その場に現れて周子舒を救ったのは温客行。温客行は葉白衣に天人合一を授けられて命を吹き返した。しかし葉白衣の命は尽きた。

温客行は周子舒の髪に刺さっている温客行が渡したかんざしを取り出す。なんとかんざしが鍵だったのだ。そして扉が空き、武庫の中にはいることができた。

武庫の中は武道に関する書物も多かったが、ほとんどは農耕に関するもので、穀物もあった。国の礎は農耕ということで、遊牧民族が農耕を覚えて土地に定着すると国が安定する、そのための部屋だったのだった。

二人は最後に天人合一の書物を見つける。そして二人で面と向かい手と手を合わせてお互いの気を交換できるようにして天人合一を試みる。しかし天人合一は一人の人間の犠牲により一人の人間を生かす方法なのだった。温客行は自分の命をかけて周子舒を救おうとする。そのため一気に老化して温客行は白髪になってしまう。

そして場面は変って張成嶺が弟子に周子舒と温客行の物語を語っているところになる。そこに高小怜と子供が現れて二人は結婚したのだと言うことが分かる。

そして最後の場面では雪原である子供が武芸を披露する。それを見ていた周子舒が評価を下しているとこに温客行が現れる。温客行は白髪だった。二人は手合わせを初めて、それを見つめる親子。親子が二人について少し話をして終了。

↓ ↓ ↓ ↓

「山河令」が見れる動画配信サービスはU-NEXT!

U-NEXT(ユーネクスト)について詳しくはこちら

>>まずは31日間 無料トライアル<<

山河令 陳情令 違い

山河令 温客行 父

山河令 見るには

山河令 ネットフリックス

山河令 視聴方法

山河令 原作 違い

山河令 魔道祖師

https://www.m-style.info/2022/03/08/sangarei-imi/

陳情令のキャストはアイドルで相関図、ネタバレ感想、最終回は?魔道阻師との違いは?
陳情令のキャストはアイドルで相関図、ネタバレ感想、最終回は?魔道阻師との違いは?陳情令のキャストやあらすじ1話、2話、3話、4話、ネタバレ感想についてご紹介していきます。 ドラマ「陳情令」は大人気のウェブ小説、墨香...

https://www.m-style.info/2021/11/05/sikoutei/

上陽賦の相関図全話あらすじネタバレと感想と最終回!モデルと帝王業中国時代劇ドラマ「上陽賦~運命の王妃~」の相関図全話あらすじネタバレと感想と最終回などをご紹介しています。中国時代劇ドラマ「上陽賦~運命...