中国ドラマ・華流

陳情令 アジアブロマンスのネタバレ感想、最終回は?武侠アクション

第人気のウェブ小説『魔道阻師』をベースに実写化された本作がwowowに登場!

第1話 目覚め

まずストーリーの始めは仙師たちが戦っているシーン。そしてその中で高い崖の上に追い詰められた一人の男。その男は魏無羨といった。彼を救おうと手を刺し伸ばす男は藍忘機。そして最後に魏無羨に剣を降り下ろすのは江澄という男だった。魏無羨は二人の前でならくの底に落ちていった。

そして16年後、魏無羨は莫家荘の一室で目覚める。体は莫玄羽のもの。莫玄羽は自分の命を引き換えに魏無羨を呼び込み、かたき討ちを念じていた。状況が飲み込めない魏無羨であったが莫家荘の人間が姑蘇藍氏の仙師たちを呼び呪いを払ってもらおうとしていた。莫家荘では化け物騒ぎが起きていた。

若い仙師たちが呪いを払おうしてもできずに藍忘機がやってくる。藍忘機は琴を奏でると退治することができた。

第2話 再び大梵山

莫家荘の家を出てロバで大梵山に向かう。大梵山では人々の魂が抜かれる事件が起こっていた。大梵山には魏無羨だけではく雲夢江氏の宗主となった江澄、師姉の江厭離の子・金凌(江厭離はなくなっていた)を長とする蘭陵金氏、藍忘機が率いる姑蘇藍氏が集まっていた。

魏無羨は墓守の男から踊る天女像の話を聞き祠に行くと、藍忘機と封印したはずの天女像が。天女像は突然動き出し仙師を襲いかかった。魏無羨が竹笛を吹くと死んだはずの温寧が現れた。体を鎖で縛られている温寧だったが天女像に攻撃をして天女像を砕いた。

第3話 運命の邂逅

16年前のシーンに戻る。魏無羨、江澄、江厭離は藍氏の座学に出席するため本拠地を後にしていた。そして彩衣鎮まで来て宿に泊まろうとしたところ、江厭離の許婚・金子軒が宿を借り切ってしまう。泊るところがなくなった魏無羨はそのまま雲深不知処に向かった。しかし招待状を忘れてしまい、山門から中に入れてもらえない。魏無羨は宿に招待状を取りに帰り、夜になって守衛のいない山門から無断で入山してしまう。これに藍忘機が気が付き掟を破ったとして手合いをすることに。

一方、姑蘇藍氏の宗主・藍曦臣と叔父の藍啓仁は門弟のむくろに不思議なものを見つけていた。そこに藍忘機は魏無羨を連れて来る。そして魏無羨はこれは〇んでいるように見えて〇していないというのだった。

第4話 異端の仙師

姑蘇藍氏での座学がはじまった。あまり座学に興味がない魏無羨だった。遅れて温氏の次男・温チョウが配下の者を連れてやってきた。座学への参加は表面的なことで、温氏の宗主であり仙督の温若寒が陰鉄の欠けら見つけてくるように温情に命じていたからだった。温情は雲深不知処の裏庭に結界が張られていることに気付き、あやしいと思った。

そのころ、座学で学んでいた魏無羨は藍啓仁の怒りを買い、追い出されてしまった。魏無羨は裏山に行き、温寧と出会う。温寧はひそかに弓矢の練習をしていた。

第5話 湖の怪

座学で叱責されてしまった魏無羨は藍忘機の監視を受けながら姑蘇藍氏の掟を筆写していた。やる気のない魏無羨は絵を書いて見せたり春画を藍忘機に見せたりして怒らせてしまう。

一方、彩衣鎮では碧霊湖にて舟に乗った人々が落水する事件が起こる。水の怪の仕業ではないかということで姑蘇藍氏に知らせが届く。

姑蘇藍氏の宗主・藍忘機は藍忘機、魏無羨、江澄、温情、温寧と仙師を連れて彩衣鎮に向かう。魏無羨は水の怪と弟子たちが魂を抜かれた摂霊事件がどうやら関係するのではないと考えるが・・・

碧霊湖では水の怪の正体は水行淵で、湖の底に舟ごと魏無羨たちを飲み込もうとしていた。藍曦臣は笛を吹き水行淵を退治する。

第6話 志の継承

水行淵を無事に退治して雲深不知処んみ戻った魏無羨たち。彩衣鎮で勝ってきた銘酒で酒盛りをする。その場に藍忘機がやってくる。魏無羨は藍忘機に術をかけて酒を飲ませてしまう。藍忘機はすぐに酒に酔いつぶれてしまい魏無羨の部屋で寝てしまった。

翌朝、これがバレて藍啓仁は藍忘機と魏無羨は棒叩きの刑を行う。その傷を癒すために冷泉に行く。二人は冷泉で泉の底に引きずり込まれてしまい、ある洞にいきつく。そこには姑蘇藍氏の先祖が封印した琴があった。藍忘機はそれを弾くと藍氏の唯一の女性宗主・藍翼の霊識と交流できるようになった。そして陰鉄のことを聞く。

 

第7話 天灯に託す願い

寒〇洞で藍氏宗主だった藍翼に出会った魏無羨と藍忘機。藍翼は二人に陰鉄が悪い物の手に渡らないように、そして陰鉄の欠けらを集めて寒〇洞に封印するように託す。そしてしだいに霊識は消えていくのだった。

寒〇洞から出てきた二人、江澄たちは心配して一晩探していたようだった。天灯を揚げる時に魏無羨は藍忘機のためにウサギの絵を書き(寒〇洞でウサギをたくさん見つけたら)二人で天灯を揚げる。それぞれ願いを託した。

天灯を揚げた山から降りてくるときに金子軒が見せた許嫁の江厭離に対する言動で魏無羨は激怒してしまう。二人は喧嘩をしてしまい、藍啓仁は金氏宗主、江氏宗主を呼び競技をする。そこで江氏宗主は婚約解消を申し出る。金氏宗主もそれを承諾した。

その後、江氏宗主は藍啓仁と藍曦臣より陰鉄の話を聞く。魏無羨たちは座学も終わり藍氏に挨拶をして帰路につこうとしていたが、どうやら藍忘機が陰鉄を探しに旅に出るようであった。

そこで魏無羨は雲深不知処に残ることに・・・