管理人日記

マンダラ手帳2022がおすすめ!販売店や店舗、口コミ、日間実践計画は必要?

マンダラ手帳について知りたいですか?

本記事ではマンダラ手帳についてどのような点がおすすめなのか、販売店はどこか、実際に使ってみた口コミやレビューはどうなのか、それから日間実践計画は必要なのか、について詳しくご紹介しています。

マンダラ手帳2022を購入してみたい方はぜひご覧ください。

マンダラ手帳2022がおすすめな理由は?

マンダラ手帳2022がおすすめの理由は

・年間の目標がかける
・週単位でやることを完了できる
・週ごとのフィードバッグができる

という点です。

年間の目標がかける

毎年、新年の抱負を書いてもすぐに忘れてしまう人、多いですよねもちろん私もそういう人間なのですが、マンダラ手帳なら人生の8つの分野にわたって1年でやりたいことの目標を書くことができます。
人生の8分野とは健康、仕事、経済、家庭、社会、人格、学習、遊びの8分野です。

それぞれの分野について目標を立てることで、仕事ばかりの1年だったとか、遊びばかりで健康をおろそかにしてしまったということがないようになります。

また手帳の一番はじめにこの目標があることで、毎日目にすることができ、目標を忘れずにいられるところもいいところでしょう。

週単位でやることを完了できる

マンダラ手帳は見開きが1週間となっていて、1週間を俯瞰してみることができます。そして日々やることはあるものの、その日にできないこともあるでしょう。そういうときのために1週間単位でやることを決めるという方法をとっています。

9マスの中央に「今週の目標・役割」を8個まで書くことができますので、1週間で終わらせたいことをここに記入することができます。

毎日やることをリストアップすると、その日にできなかったことが残念に悔しく思われますが、1週間で終わらせればいいとなると、時間があるときにカバーをしたり、また時間が余った時には前倒してやることを済ませることもできます。

週ごとのフィードバッグができる

9マスの右下の欄は、「今週の評価・感想・対策」の欄です。つまり1週間のフィードバッグを行うところ。PDCAのC(check)にあたる部分で、この1週間でどれだけできたのか、できなかった場合にはその理由や改善点などを書くことができます。

PDCAはチェックをすることが一番大切な部分です。それが手帳の欄でできるので、毎週自動的に振り返りの時間を持つことができます。

以上が、マンダラ手帳をおすすめする理由です。

私は手帳が好きでいろいろな手帳を使ってきましたが、2020年は初心に戻ってマンダラ手帳を使うことにしました。

目標を書くことができる手帳はいろいろと出ていましたが、結局マンダラ手帳が使いやすいと感じます。

・幸せお取り寄せ手帳
・フランクリン・プランナー
・佐々木常夫手帳
・佐々木かおり アクションプランナー

また大きさもポケットサイズからA5サイズまで試してみましたが、結局手帳は簡単に持ち歩きができるポケットサイズがおすすめということがわかりました。

マンダラ手帳の大きさはポケットサイズとA5サイズがあります。A5サイズも使ってみましたが、やはり携帯に便利ということでポケットサイズをおすすめします。

私自身はワーキングマザーのため、細かな家事などはマンダラ手帳では書ききれないこともあります。そういう場合はデイリースケジュールが管理できるものがほしくなります。

デイリースケジュール(日間実践計画)についてはは後の章でご紹介します。

マンダラ手帳2022の販売店や店舗は?

マンダラ手帳2022を購入したいと思ったときにいったいどこで購入できるのか知りたいすよね。

実はマンダラ手帳は販売店や店舗はなくて通販限定の商品なんです。amazonや楽天などでお買い求めいただけます。

 

残念ですが、中身を見てから購入するっていうことはできないので、次の項目に写真たっぷりにマンダラ手帳を説明いたします。これでイメージがわくのではないかと思います。

マンダラ手帳2022の口コミレビューは?

私が購入したので写真や口コミレビュー、感想をご紹介したいと思います。

こちらがマンダラ手帳2022。私はレッドを選びました。↓ ↓ ↓ ↓

ページを開けると、2022 私の人生(役割)計画を書くページがあります。↓ ↓ ↓ ↓

次のページは私のビジネス計画。↓ ↓ ↓ ↓

次は年間先行計画。これが2022年1月から2024年12月までと3年間も記載できます。先に予定を入れることで無理なく計画を立てることができるというすぐれもの。

月間企画計画。時間ごとに記載することができます。右の欄は、8分野のそれぞれについてできたか、できなかったのかを記入する欄もあります。↓ ↓ ↓ ↓

こちらが週間行動計画。珍しいのは9マスになっているところ。そして真ん中には今週の目標・役割を書く欄があります。そしてその結果も右に書くことができます。その項目を達成できたのか、進行中なのか、先送りにしたのかを記入します。

そして右下のマスは今週の評価・感想・対策を書く欄があります。これで1週間を自動的にフィードバックできるというものです。↓ ↓ ↓ ↓

これまでは手帳の部分を説明してきましたが、巻末のほうには面白いものがあります。マンダラ手帳独特なもの。

それがこちらのチェックリスト。コピーして使えば何かとつかえるもの。縦軸が1~31、横軸が1~12になっていて、年初に立てた目標がどのくらい進んでいるのか、一目でわかるような仕組みになっています。

ダイエットの記録をつけてもいいですし、仕事の売り上げを記入してもOKな「なんでも表」となっています。

次がマンダラチャート 人生百年計画です。こちらに生まれてから100歳になるまでの人生の計画を入れることができます。なんとも壮大な計画になりそうですね。楽しんで記入してください。↓ ↓ ↓ ↓

次がマンダラチャート A型。アイディアだしや思考を整理するときなどに使うといいでしょう。

次のページはマンダラチャート B型。アイディアだしや思考を整理するときなどに使うといいでしょう。A型では足りない場合にお使いください。

最後にこちらがマンダラチャートの商品群。これだけの商品が出ています。

マンダラ手帳2022の日間実践計画は必要?

つぎにマンダラ手帳2022には日間実践計画という日ごとの手帳があるのですが、これは必要なのでしょうか?

私自身はワーキングマザーなので仕事以外にも家事や育児などでやることはたくさん。やることリストをすべて書いていたらポケットサイズのマンダラ手帳には書ききれません。

一時、マンダラ手帳推奨の日間実践計画を使っていたこともありますが、どうも使いにくいものでした。

そこで私が現在、デイリースケジュールを書くために使っているのが、スタディプランナーです。スタディプランナーはその名のとおり、勉強の記録をつけるものです。

なので主に学生さんが勉強の記録をつけるために使っているものです。でもこれがずいぶんとスケジュール管理に使えます。

スタディプランナーの良さはまた別の記事で核として、私は現在、ポケットサイズのマンダラ手帳とスタディプランナーの2つの手帳を持ち歩くことにしています。

 マンダラ手帳2022にはアプリがある?

マンダラ手帳にはアプリがあるのか、気になりますね。iphoneやiPadのためのアプリがあります。

マンダラ手帳そのものの手帳機能ではなくて9マスのマンダラを記入できるアプリとなっています。

まとめ

今回はマンダラ手帳2022について詳しくご紹介してきました。

マンダラ手帳をおすすめする理由としては

・年間の目標がかける
・週単位でやることを完了できる
・週ごとのフィードバッグができる

ということです。私は手帳がとても好きで毎年何冊も買ってしまうのですが、20年以上いろいろな手帳を使い続けてきて、やっぱりいいな~って思ったのがマンダラ手帳!

年間の目標が人生の8分野について書くことができ、1日単位ではなく週単位でやることをかけるところ、それから1週間が終わったら反省や改善点などを書き込めて適切にフィードバッグができるのが、マンダラ手帳の魅力です。

手帳はその年を一緒に走ってくパートナーのようなもの。2022年を輝かしいものにしたい方はぜひこの機会にマンダラ手帳2022を使ってみませんか?