動画配信サービス

WOWOWの入会方法や料金、1ヶ月無料?解約についても詳しく解説

WOWOW 入会方法 料金

WOWOWと言えば、日本の有料テレビの先駆けのような存在ですね。WOWOWはスポーツや映画、音楽に特化した放送をしています。

最近ではWOWOWオンデマンドという動画配信サービスも行っていて、登録をするとWOWOWのテレビとオンデマンドの両方を視聴することができます。

そんなWOWOWですが、入会方法や料金、無料トライアル期間、解約方法などはどうなっているのでしょうか?

・入会方法は、WOWOWの放送局BS9をテレビに映して無料トライアルに加入すれば見ることが出来ます。

・料金は月額税込み¥2,530です。

・解約方法は2種類。インターネット経由で行う方法とカスタマーサポートに電話する方法があります。

管理人アキ
管理人アキ
今回はWOWOWについて詳しくご紹介していきます。

↓ ↓ ↓ ↓

24時間4チャンネルの「放送サービス」と、
スマホやタブレットでいつでもどこでも見られる「配信サービス」wowowについ詳しくはこちら!

>>初月会費は無料<<

wowow

 

WOWOWの作品数

映画チャンネルは新作映画をメインに放送。封切り後は約1年を目安に放送される。吹き替えと字幕と両方が放送されており日中には日本の古いドラマの放送などもされている。スポーツは力を入れている箇所であり独占放送の番組も持っている。テニスの4大大会やサッカーの欧州各リーグ、UEFAのチャンピオンズリーグ、ラグビーの放送は高い視聴率を持つ。音楽に関しては各ライブを映像化しており、WOWOWの映像をDVD化したり民法の映像素材として利用されている。

WOWOWの登録方法、入会方法、ログイン方法

加入方法はBS放送の映るテレビ受信機とBSアンテナが必要になります。

放送局はBS9になるのでそこで無料トライアルに加入すればまずは見ることが出来ます。

登録する際に個人情報の他、B-CASカード(テレビに1枚付属している)のNOが必要になります。

WOWOWオンデマンドの場合

WOWOWの料金

テレビで視聴するのが基本的な視聴方法で税込み¥2,530になっています。

さらにインターネットを利用したオンデマンドサービスも同料金内で利用可能です。

管理人アキ
管理人アキ
WOWOWオンデマンドも見れるのでお値段がやすく感じられます。

無料トライアル中に見れない番組もあるのでそれ目的であれば無料トライアルを使用しないことが前提となります。

WOWOWの無料トライアル期間があるかどうか?

無料トライアル期間があり、開始月の末まで利用可能。

 

管理人アキ
管理人アキ
1日に加入すれば月末まで視聴できるため、加入するなら月初がお得。

WOWOWオンデマンドの場合

↓ ↓ ↓ ↓

24時間4チャンネルの「放送サービス」と、
スマホやタブレットでいつでもどこでも見られる「配信サービス」wowowについ詳しくはこちら!

>>初月会費は無料<<

wowow

WOWOWが使えるデバイスの台数

登録する際に必要になるB-ASカード単体での登録になる為、そのカードを登録したテレビ1台が基本。

登録したB-CASカードの1台のみです。

WOWOWオンデマンドの場合の台数は?

ただしオンデマンド放送ならインターネットで過去の番組を見る事はできます。

WOWOWは動画などの作品をダウンロードできるかどうか?

ダウンロードは基本的には出来ず録画機のB-CASで登録しているなら録画は出来る。

WOWOWオンデマンドの場合

WOWOWの支払い方法、決済方法

支払い決済方法は2種類あり、口座引き落としとクレジットカード。カードはVISA、MASTER、アメリカンエキスプレス、JCB、ダイナースが利用可能。登録名義の人のカードのみが対象。引き落としは手続き書類の郵送が必要になる。

WOWOWの解約方法(決済の方法ごとに解約のやり方が違うのでそれぞれ記載)

解約方法は2種類。インターネット経由で行う方法とカスタマーサポートに電話する方法。両方ともに登録した個人情報とB-CASカードの番号が必要になる為、事前に用意しておくほうが良い。特にB-CASカードの番号はテレビから一度抜かないと見えないためメモしておいたほうが良い。

↓ ↓ ↓ ↓

24時間4チャンネルの「放送サービス」と、
スマホやタブレットでいつでもどこでも見られる「配信サービス」wowowについ詳しくはこちら!

>>初月会費は無料<<

wowow

WOWOWの特徴や紹介

日本の衛星放送(BS放送)開始間もない1991年に誕生したテレビを有料で視聴するテレビ放送。アナログブラウン管放送の頃より放送しており当時は映画、演劇、音楽に特化した放送を良く行っていた。その後デジタル化することで多チャンネル化。その為、大きく映画、スポーツ、音楽演劇とカテゴリー分けした放送をするようになった。特にスポーツには力を入れてテニスやサッカー(欧州)を独占放映権を持つようになりシェアを増やしていった経緯がある