韓国ドラマ

韓ドラ 王女ピョンガン月が浮かぶ川 感想 ジス あらすじネタバレ 吹き替え版 

韓ドラ 王女ピョンガン月が浮かぶ川 感想 ジス あらすじネタバレ 吹き替え版

韓国ドラマ(韓流)の歴史ドラマ 「王女ピョンガン 月が浮かぶ川」がNHK BSプレミアムで始まりました。

いったいどんなドラマになるのかとてもワクワクしてしまいますね。

NHK BSプレミアムの韓国ドラマは日本語の吹き替え版で、声優さんがお上手なのでとても楽しみです。

この記事では 王女ピョンガン月が浮かぶ川 について

・あらすじネタバレ

・感想

を中心にご紹介します。

第1話

高句麗(コグリョ)の国王の長女・ピョンガン王女は、王女にも関わらず剣術に興味を持ち、将来は王になるという夢を持っていました。

しかし高句麗(コグリョ)の王室には力がなく、臣下に愚弄されてばかりいた。その筆頭が重臣コ・ウォンピョ。

そんな中、ヨン王妃は娘のピョンガンを連れて、国境にいるオン・ヒョプ将軍に会いに行き、王室を守るように助けを求める予定だった。

ヨン王妃とウォルグァンはかつての恋仲で、その間柄に王は嫉妬していたため、王妃を○すように命令下す。

敵に襲撃されたそんな中、王妃はピョンガンを伊弗蘭(イブルラン)寺へ行くように促す。伊弗蘭(イブルラン)寺では父王が○りくを繰り返していた。

ここでピョンガンは天誅房(チョンジュバン)の頭に拾われる。記憶をなくしたピョンガンは刺客のカジンとして生きることになる。

ネタバレ

王妃はオン・ヒョプ将軍に会いに行く途中に伊弗蘭(イブルラン)寺に立ち寄ったのか、ということが本当なのかどうか、ですね。

王妃と伊弗蘭(イブルラン)寺に住む僧侶ウォルグァン、元武将ソン・イロプは昔は恋仲だったという設定のため、

王妃が伊弗蘭(イブルラン)寺に行ったとしたら、昔の恋人に会いに行ったということになります。

第1話のストーリー展開だと分かりにくいのですが、実は王妃は伊弗蘭(イブルラン)寺に立ち寄っていなかったということ。また伊弗蘭(イブルラン)寺にはウォルグァンはいなかった、ということが第2話でわかります。

王はただの嫉妬心で王妃を○してしまったわけです。後悔しかありません。余計にお酒の量が増えそうです。

感想

これだけ小さいときに親をはじめ多くの人間の○をまじかにみるとPTSDに症状が出ても仕方がないのではないかと思います。

ピョンガンは頭痛などの症状が出ていますので生きるだけでも大変そうですね。

王妃と娘のピョンガンの成人した役は同じキム・ソヒョンさんが演じています。この女優さんは後藤久美子の若い頃に似ていますね。目が大きくちょっとキツイ感じが似ています。

コ・ゴンはピョンガンのことをずっと想っているので、今後の展開が気になります。

第2話

都に行く途中の森でピョンガン/カジンはタルと出会う。タルはピョンガン/カジンのことを刺客だと言い当てた。

都についたピョンガンは女官に変装して王宮に入り込む。そこでかつて自分の乳母だったコンソン夫人に出会い、昔の記憶が少しよみがえってきた。

ピョンガンは「亡きピョンガン王女」の弔いの儀式が行われた日、巫女に変装し王の命を狙う。しかし未遂に終わり逃げることになる。

ピョンガンは幼なじみで剣術の師匠だったコ・ゴンに追われる身になる。ピョンガンは背中に矢を受けてタルの家で過ごすことになる。

タルは養母で目の見えないサ氏夫人が暮らしていた。ピョンガンとタルはお互いに惹かれ合うようになる。

ネタバレ

ピョンガンの前に現れた青年・タル。彼は亡きオン・ヒョプ将軍の息子のオン・ダルです。

そう、視察にいった王妃とピョンガンが襲われたときに、ピョンガンを伊弗蘭(イブルラン)寺に案内した彼なんです。

でもピョンガンは記憶を失っていますし、オン・ダルは父親から「バカとして生きるように」と言われています。これから先、オン・ダルとピョンガンがどのような運命になっていくのかが気になります。

オン・ダルはこのまま幽霊村でおとなしく生きていくのか、それともピョンガンとともに都に乗り込むのか。今後の展開に期待します。でも第1話の戦闘シーンでは戦っていたタルのもとにピョンガンが乗り込みます。息たえる前のタルがピョンガンのことを「カジン」といっていたこと、そして「戦いに勝った」と言っていたことが今後の展開の伏線となるのではないかと思います。

感想

ピョンガンを見たときに父王の目がいいですね。そしてまた猜疑心を復活させました。

亡きピョンガンが目の前に現れたわけですから、亡霊をみたような気持ちになりますし、自分をあの世に連れていくために来たのだと思っても当然ですね。また自分の嫉妬が元で王妃を○してしまった後悔もあって正気を保てなくなっていきそうです。

第3話

タルの家で怪我を治していたピョンガン/カジンは刺客仲間から父が捕らえられたこと、そして父から「帰ってくるな、本当の父親を探せ」という伝言を受ける。養父を見捨てられないピョンガン/カジンはアジト帰ることにした。

ピョンガン/カジンはお頭に「自分が何者なのか教えてほしい」とするが取り合ってもらえない。タルはピョンガン/カジンを追ってアジトまで来ていた。

ピョンガン/カジンはアジトから抜け出すことに成功。王宮に行って木蓮堂の女官に会って自分が何者かを確かめるつもりだった。

そのことをタルに話すと薬局の女主人ヘ・モヨンに会ったほうが早いと言い出す。そこでは薬だけではく情報を売っているということで・・・

なんとその場には木蓮堂の女官が捕らえられていて、女官から自分が何者なのかを知ってしまったピョンガン/カジン。次回に続く・・・

第4話

ピョンガン/カジンは自身が王女だったときの乳母のコンソン夫人から自分が高句麗(コグリョ)の王の娘、ピョンガン王女だと聞かされて驚く。そして記憶が徐々によみがえってくるのだった。

王宮に忍び込みかつての自分の住まいだった木蓮堂に行き、秘密の扉から秘密の通路を通って別の殿につくと王と対面する。ピョンガンが王に対して「私が誰だかお分かりになりますか?」とたずねると、王は死んだ王女がよみがえったとしてピョンガンのことを亡霊呼ばわりするのだった。

ピョンガンは王宮から出ようとしたところにコンと鉢合わせしてしまう。ピョンガンはコンのことも思い出し「師匠、久しぶりです」といい、コンも目の前にいるのがピョンガンだと気が付くのだった。コンはピョンガンを王宮から逃がし、馬で逃げるように仕向ける。

ピョンガンは伊弗蘭(イブルラン)寺に行きウォルグァンに会う。そして自分が○んだとされた日に何があったのかを教えてもらう。自分がどうすべきかわからないというピョンガンにウォルグァンは「王女として生きる道を探るべき」という進言をするのだった。

一方、薬草店にいるタルは店主のモヨンの人質となっていた。ただピョンガンを待ち続けていたタルだったが、ピョンガンが戻ってくるとピョンガンを連れて幽霊谷に帰るのだった。

幽霊谷でタルが、オン・ヒョプ将軍の息子ということがわかります。オン・ヒョプ将軍は王妃と王女が○んだ日に王妃と王女、それから村の人の命を救うために○んだ忠義の将軍。

なんという運命のめぐり合わせなのでしょう。まさか母が最後をとげた場所がこの幽霊谷だったなんて。これからピョンガンはどう生きていくのでしょう?