家電

AX-XA20 と AX-XA10 の違いや比較!シャープ ヘルシオ

AX-XA20 と AX-XA10 の違いを比較

・本体カラーラインナップの変更
従来品(AX-XA10は)は「レッド」「ブラック」の2色展開でしたが、新型(AX-XA20)は「レッド」「ホワイト」の2色展開に変更となりました。よりどんなキッチンにも馴染みやすい配色の「ホワイト」は待望の方もいるのではないでしょうか。

AX-XA20 と AX-XA10 の違いを比較 その2

・COCORO KITCHENレシピサービス
スマホと連携して調理レシピを一括DLできるサービスです。本体購入後でもレシピを適時更新してより多くの調理を可能にします。テーマごとに分かれたメニューより自分好みのものを選ぶことができます。

AX-XA20 と AX-XA10 の違いを比較 その3

・まかせて調理での本体対応幅の拡大(上段での調理可能種類が増えました)
従来機では上段での調理は「網焼き・揚げる」「焼く」に対応したもののみ可能でしたが、新型では「炒める」「蒸す・ゆでる」のメニューにも対応しました。

AX-XA20 がおすすめな人

・まかせて調理を活用して、より幅の広い調理を行いたい方は新型がおすすめ
「COCORO KITCHENレシピサービス」を使うことでより多くのメニューを選択可能になったことで幅の広いレシピに挑戦することができるでしょう。テーマに沿ったメニューを一括DLできることにより、使い勝手も向上しています。またまかせて調理での上段調理で「炒める」「蒸す・ゆでる」のメニューにも対応したことで、従来機では上段・下段を活用しきれなかったメニューもより効率的に調理することができます。日常的にヘルシオを活用して調理を行うかた・ご家族のためにたくさんのメニューを用意されたい方にとっては上記の変更点は時間の節約、手間の削減にも繋がる点です。

AX-XA10 がおすすめな人

・使用用途としてレンジ機能がメインのかた
高機能レンジとしてヘルシオを使う分には従来機と新型の差はほとんどありません。そのため従来機を選択しても問題ないと思われます。ごはんなどの温め、お肉の解凍など庫内センサーの機能により自動調整で上手に行うことができる点も大きな性能差は紹介されていません。
・まかせて調理でのメニューは気に入ったものをメインとして使われるかた
従来機でも基本的な調理レシピは登録されています。多くのユーザーにとっては必要十分な件数と内容になっています。料理のメニューにしても常にヘルシオ内のレシピから選択するわけではないでしょうから、日常的に新しい料理に挑戦されるかたでなければ従来機のメニューで十分満足できる機能となっherusio

・「ウォーターオーブン」としての性能は共通
ヘルシオの特徴である加熱水蒸気により焼く技術は共通となっています。100℃以上の高温となった「水蒸気」で食材を焼くことで「蒸し料理」から「焼き料理」まで幅広く活用することができます。水蒸気での調理なのでカレーなどのレトルトパックをそのまま入れて温め可能ですし、卵やウインナーなど電子レンジでは調理に工夫が必要な食材も手軽に調理可能です。
・本体サイズ、庫内の上下段2段構造は変更なし
庫内の構造も変わっていません。2段構造を活かして同時に複数の料理を作ることができます。
・「高機能レンジ」として活用可能な点
庫内の高機能センサーにより入れた食材の自動温めが可能。冷蔵と常温の食材ならおまかせで程よい温めを行ってくれます。冷蔵食材の解凍・温めも時間指定なしで実行可能です。