家電

NI-FS770とNI-FS570の違いと比較!パナソニック 衣類スチーマー 持続時間

パナソニック 衣類スチーマー の NI-FS770 と NI-FS570 の違いを比較してみました。またどちらがどんな人におすすめなのか、具体的にお伝えしていきますよ(^^♪

NI-FS770 と NI-FS570 の違いを比較すると

・スチームの量が NI-FS570が 瞬間3倍パワフルスチームなのに対して、NI-FS770は瞬間4倍パワフルスチーム
・タンク容量がNI-FS570が50mlなのに対してNI-FS770は115mlで10分間の連続スチーム
・NI-FS770 は3段階温度調節ができ、デリケートな衣類もお手入れできる

などの違いがあります。

NI-FS570 はNI-FS770 が発売される前は、一番よいパナソニックの衣類スチーマーとして人気が高いモデルだったんですね。

でも、NI-FS770 はNI-FS570 よりもさらに上をいくモデルということで注目度が高いようです(^_-)-☆

管理人アキ
管理人アキ

今回の記事では NI-FS770 と NI-FS570 の違いを詳しくご紹介していきます。わかりやすく解説していきますので、ぜひチェックしてくださいね。

NI-FS770 と NI-FS570 の違いを比較

NI-FS770とNI-FS570の大きな違いは、本体サイズをのぞけば次の3つです。

NI-FS570は瞬間3倍パワフルスチームなのに対して、NI-FS770は瞬間4倍パワフルスチームができます。これにより、頑固なシワ伸ばしや脱臭効果はNI-FS770に軍配が挙がります。
NI-FS570のタンク容量は50ml。連続スチーム約4分になります。
NI-FS770のタンク容量は115mlとなっていて、なんと倍以上の容量。そうなると・・・10分間の連続スチームができちゃうんです。いままで持続時間に不満があったという方でもこれなら満足できる機能でしょう。

持続時間が長いと気になってしまうのが、重い!ということだと思いますが、
腕への負担に配慮した低重心設計なので、大容量でも使いやすくなっています。

NI-FS570は、アイロン面の温度設定が160℃の温度に固定されていて、なんと変更ができません。
そのため、アイロン表示の限られた素材でしかアイロンができないんですよね。

しかし!一方のNI-FS770モデルではどうかというと、「高温」「中温」「低温」の3段階で温度の調節が可能です。
温度調節が可能なので、様々な素材にアイロンがけをすることができます。

ということで、NI-FS770 は NI-FS570 よりも機能がさらにアップしていることがわかりますね。

機能がさらにアップ!

管理人アキ
管理人アキ

充実の機能!

NI-FS770 がおすすめな人

NI-FS770は次のような使い方をする人におすすめです。

・一度に大量の衣類にスチームをあてたい人。

10分間の連続スチームが可能なので、衣類が多い方などにはおすすめです。

・瞬間4倍パワフルスチームの脱臭や除菌にこだわりたい人。

スチームをあてる時間によっても、脱臭や除菌の効果に差が出ます。
脱臭、除菌性能にこだわりたい方には、NI-FS770の方が絶対におすすめのスチーマーとなります。

・プレスアイロンとして使う頻度が多い人

3段階に温度が調節できるので、様々な素材にアイロンをあてることができます。

ご家庭に通常のプレスアイロンがない方もNI-FS770がおすすめです。スチーマーだけで様々な衣類をアイロンがけすることができます。

家にアイロンとスチーマーを持たなくても良いので、単身赴任をしている会社員の方など特におすすめです。

NI-FS570 がおすすめな人

次のような方にはNI-FS570がおすすめです。

・一度に大量のスチームをあてる必要のない方。

スチーム時間4分というのは、約2着分の衣類にあてる時間になります。

そのため学生さんなどで、そんなにたくさんの衣類を所持していなければNI-FS570のスチーマーのほうがいいのではなないかって思いますよ。

・「除菌」「消臭」にそこまでこだわらない方。

除菌や消臭にそれほどこだわりを持たないという方なら、NI-FS570でも十分かも知れません。

瞬間パワフルスチームは3倍の強さがあれば、問題なく衣類のしわ伸ばしができますので、十分な機能ですし、「除菌」「消臭」がまったくできないわけではありませんので安心してください。

・アイロンとしての機能をそれほど重視してない方

綿などの素材の服が多くて、シルクなどのおしゃれ着を持っていないというような方はアイロンの低温を使う必要がありません。

そのため、限られた素材の衣類しか所持していない方であれば、NI-FS570で十分です。

・少しでも価格が安い方が良い方。

また、価格を見てみるとNI-FS570がNI-FS770より3,000円程度安価になります。少しでも安くスチーマーを手にしたい方は、NI-FS570の方が安くてコスパ高くておすすめです。

NI-FS770 とN I-FS570 に共通する機能とは?

NI-FS770とNI-FS570に共通する機能についてご紹介します。

・360℃スチーム

NI-FS570 と NI-FS770 のモデルのどちらも360℃の方向からスチームがでます。

下位モデルはスチームの角度が決まっているため、特に左利きの人などはスチームが出にくいなどの問題がありましたが、使用するときに角度を気にする必要がなくなりました。

・スチーム噴射穴を広範囲に配置した「連続パワフル&ワイドスチーム」

両機種ともスチームが広がりやすいように、スチーム噴射穴を1つ増や円状に配置されています。

衣類にスチームがあたる面を広げることで、さらに素早くシワを伸ばすことができ流ので、しっかりと衣類がケアできるようになっています。

・「自動ヒーターオフ」機能で安全性に配慮

電源が入った状態でスチームボタンを触らない場合、約60分で自動的にヒーターが切れるようになっています。安全性に配慮されています。

さいごに

今回はパナソニック 衣類スチーマー NI-FS770 と NI-FS570 の違いを比較してみました。どちらもいいスチーマーだと思いますが、やはり上位モデルの NI-FS770 のほうが機能が充実していることがわかりましたね。

おすすめの商品ですので、この機会にぜひ購入してみるといいですね。