家電

NA-LX127AL/R と NA-LX125AL/R 違いと比較!パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機「LXシリーズ」 

パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機「LXシリーズ」のNA-LX127AL/R と NA-LX125AL/R の違いを比較してみました。またどちらがどんな人におすすめなのかも、お伝えしていきます(^^♪

NA-LX127AL/R と NA-LX125AL/R の違いを比較すると

・液体洗剤・柔軟剤・おしゃれ着洗剤 トリプル自動投入
・スマホで洗濯
・温水スゴ落ち泡洗浄

などのいくつかの違いがあることがわかります。

NA-LX127AL/R と NA-LX125AL/R は同じ時期に発売になりますが、NA-LX125AL/R にはできないことがNA-LX127AL/R にはあるってことですね。

管理人アキ
管理人アキ
今回の記事ではNA-LX127AL/R と NA-LX125AL/R の違いについて詳しくわかりやすく解説しましたので、ぜひチェックしてくださいね。
 

<

NA-LX127AL/RとNA-LX125AL/Rの違いを比較

公式HPでは「NA-LX127AL/R」も「NA-LX125AL/R」も2021年11月上旬発売となっていますが、搭載されている機能を見たところ「LX127A」が上位機種になっているようです。

「LX127A」には「LX125A」に搭載されている「スゴ落ち泡洗浄」、「はやふわ乾燥 ヒートポンプ」に加えて「液体洗剤・柔軟剤・おしゃれ着洗剤 トリプル自動投入」、「スマホで洗濯」、「温水スゴ落ち泡洗浄」が搭載されています。

・液体洗剤・柔軟剤・おしゃれ着洗剤 トリプル自動投入

液体洗剤・柔軟剤・おしゃれ着洗剤のそれぞれの洗剤を自動で投入することができます。

忙しい朝に洗剤を計るのって面倒くさいことがありますね。

そんなときに、液体洗剤・柔軟剤・おしゃれ着洗剤の3種類の洗剤を自動で投入してくれる機能はとてもありがたい機能です。

・スマホで洗濯

LX127A はスマホで洗濯乾燥機を動かすことができます。

もちろん外出先からでも洗濯乾燥機を運転させることができますので、朝に洗濯機をかけ忘れたときや、帰宅時間に合わせて運転を終了させるなどのことができるようになります。

例えば帰宅時間に合わせて洗濯乾燥を終えるようにセットすれば、帰宅後に暖かくてふわふわのタオルを使用することができますよ。寒い冬の時期などはとてもありがたい機能でうs。

・温水スゴ落ち泡洗浄

温水を使って洗浄することで皮脂汚れなどの黄ばみや匂いが落ちます。60℃のおまかせ除菌コースなら気になる菌を落とすことができます。

また「約60 ℃槽カビクリーン」、「約30 ℃槽洗浄」と呼ばれる洗濯槽をお手入れするためのコースは「LX127A」の方にのみ搭載されています。

その他、「LX127A」では「2度洗いモード」の設定が可能になっています。

こちらは、NA-LX129AL/RとNA-LX127AL/Rの違いと比較の記事になります。ご購入を検討されている方は、ぜひあわせてお読みください。

↓ ↓ ↓ ↓

NA-LX127AL/Rがおすすめな人

「LX127A」にのみ搭載されている「スマホで洗濯」機能と温水を使用することができる点が魅力です。

「LX127A」であればスマートフォンアプリを使うことで外出先から帰宅時間に合わせて選択開始時間を調整することが可能になります。

また自動投入タンクの洗剤、柔軟剤の残量減少を通知できたり、自動投入の設定も銘柄を選ぶだけでできたりと便利になっています。

スマートフォンを使用して洗濯機を管理したい人にはとてもおすすめです。

そして「LX127A」では15℃~60℃の温水を使用した様々な洗濯コースが実装されています。

高温の温水を使用する効果としては衣類の繊維についた黄ばみやにおいを除去することができます。ですから、より高い洗濯効果を求める方にも「LX127A」はおすすめです。

NA-LX125AL/Rがおすすめな人

スマートフォンとの連携や、高温の温水による高い洗濯効果といった機能までは必要がない場合は「LX125A」はおすすめです。

洗濯、脱水の容量12㎏、乾燥の容量6㎏と容量は変わっていません。

温水を使わない「スゴ落ち泡洗浄」や「はやふわ乾燥」、洗濯槽の洗浄といった機能は搭載されています。

またHPのスペックでは本体の幅と高さが少し「LX125A」よりも小さくなっていますからスペースに余裕を持つことができます。

本体の質量も77㎏と「LX127A」と比べて5㎏軽いので軽い方がいいという方にはメリットです。

そして最後には値段です。HPでは「LX127A」はオープン価格となっていますが上位機種になっていますから値段も高くなります。

機能は十分だから安い方がいいという方にこそこちらの「LX125A」はおすすめです。
 

NA-LX127AL/RとNA-LX125AL/Rに共通する機能とは?

両商品に共通する機能としては、「スゴ落ち泡洗浄」、「はやふわ乾燥 ヒートポンプ」があります。

「スゴ落ち泡洗浄」は「泡生成ボックス」を使用し、洗剤を泡立てて繊維の奥の汚れまで浮かせて洗い落とす機能です。

その他、窓パッキング裏の糸くずを洗い流すこともできるバブルシャワーや、もみ洗いをより効果的にするバックフィルターもこの機能の一部として両機種に搭載されています。

「はやふわ乾燥」は大風量の低温風を直接衣類に当てて効率的に乾燥させる機能です。洗濯乾燥の所要時間や必要な水道代、電気代のコストを抑えるのに加えて衣類を傷めずシワも抑えることができます。

お手入れのための機能である槽洗浄、槽乾燥も共通する機能になっています。

さいごに

今回はパナソニック ななめドラム洗濯乾燥機「LXシリーズ」 NA-LX127AL/R と NA-LX125AL/Rの違いや比較についてご紹介してきました。

NA-LX127AL/Rは、なんとスマホ連携で外出先から運転の操作をすることができちゃう機能が搭載されています。

これなら共働きなどの忙しいご家庭でも、帰宅時に合わせて仕上がるように運転させたり、朝に急いでいて洗濯機を回す時間がなかった!という場合でも外出先で運転させることができますね。

もちろん洗濯だけでなく乾燥機もついていますので、帰宅時に乾燥まで終わらせるようにしておくと、ふわふわの暖かいタオルを使うこともできます。

11月上旬発売なので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。