886546704

首のザラツキ、ポツポツ

ヨクイニンの副作用で下痢になることはあるの?【※注意】

更新日:

ヨクイニンの副作用で、下痢になる?首イボを改善するサプリの真実

「首の周りにイボができて困る…」と悩む方が多くいます。首周りや鎖骨、胸などにポツポツとできる小さなイボは、老化が原因となる皮膚腫瘍の一種です。

そんな首イボには、ヨクイニンがおすすめ。けれど、副作用に下痢を伴う場合もあります。
例えば市販のヨクイニン錠の注意書きをみると、皮膚の発疹、発赤、かゆみ、消化器には胃部不快感があらわれた場合は副作用の可能性があると書いてあります。

また、下痢があらわれることがあるので続いたり、症状が強く出るようなら医師、薬剤師、登録販売員に相談することと書いています。

ヨクイニンの服用で下痢になることがあるようです。

ヨクイニンの好転反応!下痢や体のだるさなど

好転反応とは、治療の過程で起きてしまう一時的な身体の反応のことで、副作用とも間違えてしまいがち。薬が原因で起きる反応ですが、副作用とは違います。

たとえば、体が重い時に受けるマッサージが原因で、疲労した筋肉がほぐれたものの、返って老廃物が排出され、だるく感じたり痛みを感じたりしてしまうことです。

これは、東洋医学で使用される言葉で、回復した時に、身体に起こる現象と言われています。

ヨクイニンには、肌に溜まった余分な老廃物を排出し、外へ出す働きがあります。そのため、「ヨクイニンを使用して、肌トラブルが増えた」と訴える患者の方もいます。

また、冷えや便秘が肌トラブルの一因になっていることもあり、便秘が解消したために、下痢になってしまったという方もいます。

しかしそれは、好転反応の一つです。治療の過程で、一時的なもの。下痢が何日も長く続く場合には、ヨクイニンの使用を見直す必要がありますが、首イボ改善の過程で、回復している証でもありますよ。

下痢など、副作用がない改善方法ってあるの?

イボと聞くと、肌にできた大きく腫れあがったコブ状の腫瘍を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、首イボとは小さなポツポツした肌のデキモノのこと。

肌の色を濃くしたような色合いで、同じ箇所に、まとまって数個できてしまいます。

加齢に伴い、肌の新陳代謝が活発に行われなくなり、肌状態の乱れや水分の不足、また、衣服との摩擦など炎症で発症することがあります。

また、首イボの中には、ウイルス感染によって発症するイボもあります。こちらは、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)や伝染性軟属腫などがあり、治療しないで放置しておくと、首だけでなく、別の箇所へと感染する可能性があります。

さらに、他の人への感染も考えられるため、早期の治療が必要です。

しかし、加齢による首イボの場合には、感染の心配はありません。皮膚科で治すこともできますが、自宅で治癒することも可能です。

下痢などの副作用のない、ヨクイニンのサプリメントやクリームなどが販売されています。

↓ ↓ ↓ ↓

首のざらつきやポツポツには沖縄生まれのわらびはだがおすすめです。

ハトムギ種子エキスを配合しているオールインワン化粧品。

わらびはだの公式サイト

わらびはだにクーポンコードはある?最安値で購入チュラコスキャンペーン

首元、目元、デコルテのポツポツケア専用のオールインワン化粧品といえばわらびはだ。 購入しようと思っているときに「クーポンコード」の文字が飛び込んできました。 クーポンを利用したら最安値で購入できるので ...

続きを見る

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

-首のザラツキ、ポツポツ
-

Copyright© 40代(アラフォー)女子のための美と健康ショッピング通販カタログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.