886546704

暮らしのアイディア

なぜSPF、PA値の高い化粧品は肌に対するダメージが大きいのか?

更新日:

SPFPA値の高い化粧品は肌に対するダメージが大きいような気がします。どうしてでしょうか?

でも紫外線の強いリゾート地で海に入りたいし、マリンスポーツも楽しみたいです。

SPF、PA値の高い化粧品を使っても肌に負担をかけないようにする方法を教えてください。

このような質問に答えます。

本記事の内容

  • SPF、PA値の高い化粧品は肌に対するダメージを大きいのかわかる
  • SPF、PA値の高い化粧品を使うときに肌に負担をかけない方法がわかる

本記事の信頼性

この記事を書いているのは大学で化学を専攻した理系女子です。

今は主婦をしていますが、化粧品の成分などが気になり、今まで100種類くらいの化粧品を試してきました。

なので記事の信頼性は高いと思います。

SPF、PA値の高い化粧品は肌に対するダメージを大きいのか?

SPF、PA値の高い化粧品の成分の特徴とは

SPF、PA値の高い化粧品は紫外線防御成分の配合量が多くなるので、スキンケア成分の配合率が少ないのが特徴です。

紫外線から肌を守るための日焼け止め化粧品は大きくわけて紫外線吸収剤紫外線散乱剤があります。

紫外線吸収剤はメトキシケイ皮酸オクチル、オキシベンゾン-1、オキシベンゾン-3、t-ブチルメイトキシベンゾイルメタン、オクトクリレン、オクチルトリアゾンなどの紫外線を吸収する成分が入っています。

紫外線散乱剤は酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウムが入っています。

 

これからの紫外線防御成分はSPF、PA値が高くなるほど配合率が増えます。

紫外線吸収剤の成分はべたつくなど感触がよくないものがあったり、使用後に落としにくかったりします。

紫外線散乱剤は肌につけると白くなったり、きしんだりしてつけ心地が良くないものが多いです。

また紫外線吸収剤はまれにかぶれを起こすことがあります。

これらの使用感から肌に対するダメージが大きいと考える人が多いですが、実際のところは肌にダメージがかかっているわけではありません。

SPF、PA値の高い化粧品を使うと肌にダメージがかかると思っていたけど、違ったみたいです。

でもスキンケア成分が少ないってことは肌がカサカサになっちゃうってこと?どうしたらいいかは次の項目で。

↓ ↓ ↓

SPF、PAについて実はよく分かっていないという人は、SPFとPAの定義とは?意味や違いや使い分けは?【紫外線対策】をご覧ください。

SPF、PA値の高い化粧品はスキンケア成分が少ない

SPF、PA値の高い化粧品はスキンケア成分が少ないです。

日焼け止め化粧品の中に、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を多くいれるとスキンケア成分の配合率は下がってしまうからです。

紫外線吸収剤や紫外線散乱剤は紫外線から肌を守る働きには優れた作用を発揮しますが、保湿効果やエモリエントなどのスキンケア効果はないからです。

紫外線吸収剤や紫外線散乱剤にはスキンケア効果がないので、「肌がカサカサする」と感じる。

↓ ↓ ↓

SPF、PA値の高い化粧品は肌にダメージがかかるって考えている人も多いと思います。

SPF、PA値の高い化粧品を使うときに肌に負担をかけない方法

化粧水、乳液などのスキンケアを行う

SPF、PA値の高い化粧品を使うときには化粧水、乳液などのスキンケアを行いましょう。

SPF、PA値の高い化粧品には保湿効果などはないので、スキンケアでしっかりと保湿をおこなった上でSPF、PA値の高い化粧品を使ったほうがいいです。

間違っても素肌にSPF、PA値の高い化粧品だけというのはやめてくださいね。

紫外線はカットできても肌がカサカサなんてことになりかねません・・・

使い終わったら洗い流して保湿

SPF、PA値の高い化粧品は使い終わったらしっかりと洗い流して保湿することが大切です。

SPF、PA値の高い化粧品は洗顔料では落ちにくいので専用のクレンジングを使ってきれいに落としましょう。

紫外線吸収剤はまれにかぶれを起こすことがあるので、紫外線を浴びた後にすぐに日焼け止め化粧品を落とし、成分が肌に残らないようにしましょう。

SPF、PA値の高い化粧品にはスキンケア効果は望めないですし、かぶれることもあるので使用する目的が終わったらすぐに洗い流しましょう。

そして洗い流したらしっかりと保湿をして肌を整えてください。

なぜSPF、PA値の高い化粧品は肌に対するダメージが大きいのか?まとめ

今回はなぜSPF、PA値の高い化粧品は肌に対するダメージが大きいのか?について以下の内容で紹介しました。

  • SPF、PA値の高い化粧品は肌に対するダメージを大きいのかわかる
  • SPF、PA値の高い化粧品を使うときに肌に負担をかけない方法がわかる

参考になれば幸いです。

 

人気記事ポンプタイプの日焼け止めおすすめランキング【シーン・目的別紹介】

人気記事日焼け止めの正しい使い方、効果的な塗り方【紫外線対策・UVケア】

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

-暮らしのアイディア
-, , ,

Copyright© 40代(アラフォー)女子のための美と健康ショッピング通販カタログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.