886546704

ほうれい線の解決法

ほうれい線を予防するためにはガムをかむとよい!?真相を調べてみた

更新日:

ほうれい線予防するためにガムをかむといいと聞いたんだけど?
友達のあきこ
管理人miya
そうなの?ほうれい線を予防するためにガムが良いって初めて聞いたわ

ほうれい線に悩むお友達がガムをかむと良いという情報を教えてくれました。

加齢とともにはっきりしてくるほうれい線

肌のハリやツヤはあっても、年齢より老けて見られるため、ほうれい線をなかったことにしたと思いますよね。

その方法の1つとして、ガムを噛むことは本当に効果があるのでしょうか?

気になったので調べてみることにしました。

 

ほうれい線を予防するためにガムをかむとよいのはなぜ??唇の周りの筋力が強くなる

ほうれい線ができてしまう原因の1つは、唇の周りにある表情筋が縮んで、唇を突き出す筋力がなくなることです。

例えば、口笛を吹く感じで唇を突き出してみてください。

もしできなければ、ほうれい線ができているサインでしょう。

 

あ、私できないかも・・・
友達のあきこ
管理人miya
私もやりにくいかも・・・

 

一般に、顔の筋肉は体の筋肉と同じように、使わなければ弱くなります。

 

しかも、唇の周りにある筋力はとても弱いのが特徴です。

筋肉が弱くなると、皮膚を引き上げる力も弱くなりますね。

 

それで、普段からよく使っているなら、唇の周りの筋肉も強くなり、頬の皮膚も引き上げられた状態を保つことができるでしょう。

その点、ガムをかむとよく口を動かしますので、唇の周りにある表情筋が鍛えられて筋力を保つことに。

ほうれい線を予防するのに役立ちます。

 

ほうれい線を予防するためにガムをかむとよいのはなぜ??頬に連動する筋力も強くなる

食べ物をかむときに使う筋肉はあごの筋肉です。

実は、他にも連動している筋肉があります。

その1つが側頭筋と呼ばれる頭の横の部分。

 

かむときに使いますが、かみグセが悪いと、凝って硬くなり、顔を引き上げる筋肉が弱くなるため、ほうれい線ができやすくなります。

また、前頭筋と呼ばれる頭皮の前の部分にある筋肉や、後頭筋と呼ばれる頭の後方の部分にある筋肉も互いに影響し合っています。

さらに、顔を横に向けたとき、首筋に浮き出る筋肉を胸鎖乳突筋と呼びます。

 

この筋肉の周りにはリンパ節がたくさんあるため、凝ってめぐりが滞ると顔のたるみにつながります。

しかも、顔の外側に近くなるほど強い筋肉になる特徴があるため、これらの筋肉は使い続けるほど発達するでしょう。

習慣的にガムをかむなら、顔の外側の筋肉も強くすることができ、フェイスラインのたるみも改善できて、ほうれい線を予防することができます。

 

ほうれい線を予防するためにガムをかむとよいのはなぜ??顔を下に向けにくくする

意外と気づきにくいのが、普段の姿勢とほうれい線の関係です。

スマホの普及によって、いつでも画面を見ることができますね。

1日が終わる頃にはかなりの時間、下を向いているという人も多いでしょう。

 

スマホを触っている時は大抵、首を前に突き出して、猫背になってしまっています。

口をポカンと開けたまま、いわゆる口呼吸になっている人も少なくありません。

さらに、視線を下に落とすため、目の下のたるみにもつながります。

 

このような何気ない動作は顔の筋肉の収縮を片寄らせたり、筋肉のゆるみを促してしまうため、ほうれい線ができやすくなるのです。

ガムは下を向くとかみにくいため、自然と顔は前の方に向きますね。

日常的なクセが表情筋のゆがみを防いで、ほうれい線をできにくくするでしょう。

 

ほうれい線を予防するためにおすすめのガムとは?

さまざまな目的に合わせて種類も豊富になっているガム。

お店の棚に並んでいると迷ってしまう人も多いでしょう。

 

いったい、どんなガムを買えばいいのかしら
友達のあきこ
管理人miya
いっぱい種類があるから迷っちゃうね

 

おすすめは虫歯になりにくく、かみごたえがあるものです。

天然甘味料が使用されているキシリトールは人気があります。

特に、歯科医院や薬局などで販売されているものはキシリトールが90%以上含まれており、歯磨きした後でもかむことができるほど、虫歯になりにくいガムです。

 

味がなくなっても、30分くらいかみ続けることができます。

ただし、食べ過ぎるとおなかがゆるくなることもあるため、食べても1日10個までを目安にしてください。

また、長時間かむときは口の中をスッキリさせるミント味や刺激が少ないマイルド味もおすすめです。

 

ほうれい線の予防にガムをかむことのまとめ

少しづつできてしまうほうれい線。見た目年齢を若くするために、早めに防いでおきたいですね。

ほうれい線は頬や唇の周りだけでなく、額や頭、首など連動する筋肉も影響し合います。

ガムをかむことで、関係する筋肉を強くして、ほうれい線を予防しましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

-ほうれい線の解決法
-

Copyright© 40代(アラフォー)女子のための美と健康ショッピング通販カタログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.