886546704

暮らしのアイディア

2018年 年賀状の切手代は値上がりの62円それとも、52円のまま?

投稿日:

2017年6月1日(木)からはがきの切手代が値上がりになりましたね。

52円 → 62円
では2018年の年賀状の切手のお値段も一緒に値上がりしてしまうのでしょうか?

これって年賀状をたくさん出す人にとっては、かなり大きな問題ですね。

1枚当たり10円も高くなると、

100枚出す人 → 1000円
500枚出す人 → 5000円
1000枚出す人 → 1万円

の負担増です。

しかしここで朗報です。

年賀状は52円に据え置きなんです。

だから、年賀状をたくさん出す人でも安心ですね!
でも気になるのが、いつからいつまでに出した場合に62円ではなくて、52円になるのかですね。

しっかりチェックしておきましょう。

52円で差し出すことができる期間は

2017年12月15日(金)~2018年1月7日(日)の間だけです。
もしも1月7日までに出せない場合は、62円になるますので注意が必要です。10円分の切手を貼り足していただく必要があります。

もし大量に出す場合でも現金で一括して支払うことは出来ず、1枚1枚に10円切手を貼ることになります。
もし年賀状を手作りする場合は、表面の見やすい位置に「年賀」の文字を明瞭に朱記して差し出された通常はがきは、私製のものでも年賀はがきの料金(52円)が適用されます。

(注)「年賀」の文字が朱記されていない場合は、一般の通常はがき料金(62円)が適用となりますのでご注意ください。
ここで気になるのが喪中はがきの扱いですね。
喪中はがきの料金はいくらになるのでしょうか?

52円?それとも62円?

なんと喪中はがきは通常はがきと同じ扱いになるらしく、62円だそうです。

年賀状だけが特別に52円ということですね。

喪中はがきを出す人はちょっと損をするような気もしますが、致し方ないですね。

海外向けに年賀はがきを差し出す場合の料金は70円となります。料額印面が52円の年賀はがきを航空便扱いの国際郵便はがき(70円)として差し出す場合は、70円との差額分の郵便切手(18円分)を貼り足していただく必要があります。
また、年賀場を私製した場合、間違って62円切手貼ってしまうこともありそうですね。

その場合は、料金を返還しらもらうことはできるのでしょうか?

実はできるんです。

差し出された日から1年以内に、配達の業務を行っている郵便局で差出人様より所定の手続をしていただければ、多く支払われた分の料金を切手または現金でお返しします。
手続きには当該郵便物および差出人様ご本人であることが確認できる書類(免許証等)が必要です。
詳しくは郵便局(日本郵政)の年賀状のQ&Aをご覧ください。

http://www.post.japanpost.jp/question/nenga/index.html

-暮らしのアイディア

Copyright© 40代(アラフォー)女子のための美と健康ショッピング通販カタログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.