886546704

卵殻膜の豆知識

卵殻膜を使った手作り化粧水の作り方と注意点

投稿日:

卵殻膜を使った手作り化粧水の作り方は、
生卵の状態で殻を割った後に殻を
半日水につけておきます。

半日水につけておくと、その水の浸透圧に
よって卵殻膜が剥がれやすくなるので
丁寧にゆっくりはがしとります。

ただし卵殻膜を使った化粧水は1枚では
意味が無いため、この卵殻膜を平均で
10枚から20枚を用意します。

そして用意する枚数が用意できたら、
それを全て天日で干して乾燥させて
殺菌します。

完全に乾燥したら、今度は中身にある
栄養素を抽出するためにお酒を
用います。

ただし一般的なお酒のアルコールでは
抽出に時間がかかってしまうため、
使うお酒はホワイトリカーやウォッカ
などの蒸留酒の中でも特にアルコール数
が強いものになります。

それらの蒸留酒に10日から2週間
つければ卵殻膜を使った手作り化粧水
の完成です。卵殻膜化粧水は
ヒアルロン酸を含めて色々な栄養素が
あるので肌に良いのですが、実際に活
用するときには注意点があります。

まず手作り化粧水を作る際にホワイトリカーや
ウォッカなどのアルコール度数の
高い蒸留酒を使っています。

アルコール度数の高い蒸留酒を使っているため
直接肌につけると刺激が強く荒れてしまう
ため、手作り化粧水を使うときには
原液に水を同量足して薄めることが大事
です。

そして手作り化粧水のメリットは
添加物が無いことですが、それは逆に
市販品よりも保存性が悪いことを意味します。

実際に手作り化粧水を作ったときには、
その使用期限として1ヶ月以内を目安に
使用することをお勧めします。

-卵殻膜の豆知識
-, , ,

Copyright© 40代(アラフォー)女子のための美と健康ショッピング通販カタログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.