886546704

赤ら顔の豆知識

気になる顔の赤みは毛細血管拡張症かもしれません!

投稿日:

毛細血管拡張症 原因 対策 毛細血管拡張症 予防 治療
毛細血管拡張症 症状 種類 顔が赤い 毛細血管拡張症 治したい
顔が赤くなる 治療 自宅 毛細血管拡張症 スキンケア 自宅

顔の赤みの原因

顔の赤みは毛細血管の拡張によって
起こります。

毛細血管は、皮膚の真皮に張り巡ら
されており、アルコール・気温・緊張等
によって拡張する性質があります。

毛細血管が拡張すると、それだけ流れる
血の量が多くなるため、皮膚が赤みを
帯びたように見られます。

毛細血管拡張症とは?

そして通常の場合、血管を拡張させる要因が
なくなると、毛細血管は収縮し、
皮膚の赤みも消えます。

しかし、ヒトによっては血管を拡張させる
要因がなくなっても、なかなか毛細血管が
収縮しない場合があります。
この状態を「毛細血管拡張症」と呼びます。

毛細血管拡張症には、症状の現れ方によって
5種類に分類されます。

毛細血管が枝分かれせずはっきり見える
「単純タイプ」、毛細血管が木のように
枝分かれしている「樹の枝状タイプ」、
クモの巣のように360度血管が広がって
見える「クモ状タイプ」、
小さく赤い発疹が見られる「丘疹タイプ」、
血管ははっきり見えないが赤みを帯びた
「紅斑タイプ」があります。

このうち顔の赤みでよく見られるのが、
「紅斑タイプ」になります。

毛細血管拡張症は、血管の老化・過度の
緊張・寒暖の差などにより、血管が弱って
いる状態で、皮膚が薄いと起こりやすい
です。

毛細血管拡張症 予防

そのため、予防するためには過度の
緊張や寒暖の差を避けるようにし、
できるだけ血管が拡張しないように
心掛けることが重要です。

また紫外線を予防し、肌を洗いすぎない
ことで皮膚を健康に導いていくことが
重要です。

毛細血管拡張症 治療

ただし、もしどうしても治らない場合は
レーザー治療などで不要な毛細血管を
壊す必要があります。

この場合、治療は全額自費になるため、
できるだけ毛細血管拡張症にならない
ように予防することが大切になります。

-赤ら顔の豆知識
-, , , , ,

Copyright© 40代(アラフォー)女子のための美と健康ショッピング通販カタログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.