886546704

食のアイディア

パプリカを使ったピクルス。絶品レシピを公開!

更新日:

スーパーで見かける色鮮やかなパプリカ
黄色や赤で食欲をそそります。

でも、実際に調理している人は少ないのでは
ないでしょうか?

「勝手も使い方がわからない」
「大きすぎで余ってしまう」

こういう意見が大半だと思います。

私はパプリカは、見切り品で購入して、焼いて
酢と油で保存しています。レシピ公開します。

うちの近所のスーパーでは、パプリカは見切り品で
出ていることが多いです。

今回は4個300円で購入!

20150912-01

【準備するもの】

パプリカ 4個
すし酢 100ml
オリーブオイル 100ml
お好みで 塩、しょうゆ

まずは、パプリカを洗って、そのままグリルにかけます。
グリルの大きさ、パプリカの大きさにも寄りますが、
あまりにもパプリカが大きい場合は、縦半分に
切りましょう。

20150912-02

グリルでは時間をかけて焼いてください。
皮が真っ黒に焦げるまで!
最後に皮はむいてしまうので、全体が黒焦げになる
ように。

20分ほど焼いて、皮が真っ黒くろになったら取り出し
ます。

20150912-03

できれば熱いうちに皮をむいてしまいましょう。
それが終わったら、食べやすい大きさに切りましょう。

縦に細長く切っても、四角に切っても、それはお好みです。
四角に切ったほうがオシャレです。
でも、私は面倒なので、縦長に切っています(笑)

20150912-04

調味です。
味付けは、酢と油を1対1。
酢は、穀物酢でもいいですが、すし酢を使うと味がまろやか
になります。

穀物酢を使う場合は、塩などを入れたほうがいいでしょう。
隠し味に醤油をいれるのも、おすすめ。
油は、オリーブオイルを使っています。

ヒタヒタよりも少なめで、全体を混ぜればいいです。
これで冷蔵庫に入れておくと、味が染みて1日くらいで
美味しく食べることができます。

味の染みは熱いうちに漬けると早く染みるという計算です。

焼いてクタクタになったパプリカに酢と油が染みておいしい1品。
サラダに混ぜたり、お肉料理に添えたりして使っています。

-食のアイディア

Copyright© 40代(アラフォー)女子のための美と健康ショッピング通販カタログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.